バラと友に

春に咲きほこるバラを見て自分も癒され、道行く人にも喜んでもらえるのは 素晴らしいものです。

バラの芽が動き出す


      2017年3月14日(火)



   最低気温が5℃を上回るようになり起床も楽になる


   最高気温は13~15℃で推移しており春の兆し濃厚


   梅の花は散り桜の蕾は日増しに膨らんでる


   朝夕の庭の見回りが楽しくなる
   DSCN2462.jpg

 
  バラの新芽を眺める時間が増えてきた

DSCN2460.jpg

DSCN2461.jpg

   成長の早いものは葉っぱが展開している

DSCN2465.jpg


   ベーサルシュートになるであろう芽を見つけた時は


   テンションも上がる


   これから開花に向けて期待が膨らみ続ける



 オッフェンバック「地獄のオルフェ(天国と地獄)」より


        序曲です



 [ 2017/03/14 20:40 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

受難節の礼拝

 
      2017年3月12日(日)



   日曜日3週連続でバラ鉢の植え替え作業をしたため


   久しぶりに教会へ行く


   説教は新約聖書 マタイによる福音書12:22-32


 "Some people brought to Jesus a man who was blind

       and could not talk because he had a demon in him.

            Jesus healed the man, and then he was able to

               talk and see."


 「その時、悪霊に取りつかれて目が見えず口の利けない人が

  イエスのところへ連れられて来てイエスが癒されると

  ものが言え目が見えるようになった」 12:22


   イエスの奇跡を見た人々は二通りの反応を示した


   群衆は皆驚き「この人はダビデの子では」と言った


   来たるべき救い主はダビデの家系から出てくると


   旧約の時代から信じられていたようです


   他方ファリサイ派の人々は悪霊の力を借りていると考えた


   神の御業に驚くことは大いなる感動を意味し


   心の目が開かれることで他人の痛みも分かち合える

  
   説教で「知的関心だけで聖書に触れてないだろうか」と


   話されビクとした 教会へ通い始めて1年半近くなるが


   まだ迷いがあり心底信じられないままだ


   その時が来るまで待ち続けるつもり


   昼から花壇と庭の雑草取りに精を出す

DSCN2454.jpg

DSCN2453.jpg

       蕾だったアネモネが花開く

DSCN2450.jpg
 
DSCN2452.jpg
                 
 
   忘れな草の小さな花が愛らしい



     バッハ「マタイ受難曲 第1部」より

    第1曲 導入の合唱

     「来たれ娘たちよ我と共に嘆け」です  
 [ 2017/03/12 21:10 ]  未分類 | TB(0) | コメント(0)

メジロの食事タイム(2)


      2017年3月10日(金)



    またまたPCの調子が悪くなる


    フリーズ状態が続き更新をあきらめ


    シャットダウンするも40分以上もそのまま変化なし


    仕方なく強制的にコンセントを抜く


    このようなことが2日続き更新意欲も湧かず


    今日はスムーズに動き重い腰を上げ記事を書く

DSCN2441.jpg

   メジロがミカン目当てに毎日やって来る

DSCN2429.jpg

DSCN2433.jpg

DSCN2438.jpg


DSCN2435.jpg


  相変わらずヒヨドリもやってくるが私の姿を見ると


  すぐに逃げてしまう その点メジロの方が慌てずに


  ミカンを啄む お陰で写真も撮りやすい



   ロッシーニ 「弦楽のためのソナタ 第1番」より


        第1楽章です


 [ 2017/03/10 21:52 ]  未分類 | TB(0) | コメント(4)

寒の戻り

 
      2017年3月7日(火)



   昨日から寒の戻りで寒くなる


   特に今日は風も強く時折雨も降り寒さが身に染みる


   そんな中でも花壇の花たちは芽吹き花を咲かせる

DSCN2423.jpg


  アネモネの蕾が色づき間もなく開花

DSCN2420.jpg

  こちらのアネモネはグラデーションがかっている

  どのようになるか楽しみだ

DSCN2418.jpg

DSCN2419.jpg

   芝桜も咲き始める

DSCN2424.jpg

   ノースポールはこぼれ種で増えている

DSCN2421.jpg

   ヒヤシンスが咲き甘い香りを漂わせる

DSCN2422.jpg

  こちらのヒヤシンスも間もなく開花して

  香りの競演になるだろう




  シューベルト 歌曲集「冬の旅」より


       「菩提樹」です

 [ 2017/03/07 19:54 ]  未分類 | TB(0) | コメント(0)

バラの植え替え終了

      2017年3月5日(日)



   平日会えないお客が多く午前中仕事をする


   午後より残ったバラ鉢の植え替えを行う

DSCN2414.jpg

   つるバラは支柱に巻き付けて

DSCN2412.jpg

   ブレンドした土を古い土と入れ替える

DSCN2413.jpg  

   メイン花壇のバラ達

DSCN2415.jpg

   メイン花壇の側面にも並べる

DSCN2416.jpg

  南側には19鉢置いている


  2階建てのお隣さんが近接しているため日当たりは3時間


  西側のバラ達に比べたらまだ良い方だ


     ようやく76鉢の植え替えが全て終わり


   肩の荷が下りる


  休日には一日中庭作業をしていることが多く


  「あなたの庭で過ごす一日は千日にまさる恵みです」

       (旧約聖書 詩編84:11)

   庭作業中は朝から夕方まで昼食もとらず

   ひたすら手を動かしている


   そのためこの聖句を読んだ時は即納得した

 
   英版ではどう表記しているか見ると

         "One day in your temple is better than

                     a thousand anywhere else."

   庭でなく神殿や寺のtempleになっている

   
   庭の意味もあるか調べてみるとなし


   日本語版の誤訳なのだろうか


   そして英版では11節でなく84の10節になっている


   どういうことなのだろうか?



 
   ヨハンシュトラウス 「春の声」です 

 
 [ 2017/03/05 20:26 ]  未分類 | TB(0) | コメント(4)
プロフィール

Author:花咲かじい
大分県在住 
休日は好きなクラシックを流しながら
庭仕事をしています。
バラと野菜作りがストレス発散になっています。

カテゴリ
訪問数
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR