バラと友に

春に咲きほこるバラを見て自分も癒され、道行く人にも喜んでもらえるのは 素晴らしいものです。

梅雨入りしました


     2018年5月29日(火)



  我が地域は昨日より梅雨入りする


  平年より8日早いようだ


  今日は午前中小雨は降ったものの昼からは止み


  急激に蒸し暑くなり汗ばむようになる


  朝の見まわりで撮り溜めていたバラ達

DSCN4848.jpg

  先日花開いたディスタント・ドラムス

  この色合いに惹かれる

DSCN4853.jpg

   今朝のディスタント・ドラムス

   外弁は色が薄くなり中心部が黄色味を帯びる

DSCN4849.jpg  

  こちらも先日花開いたセンチメンタル

DSCN4854.jpg

   今朝のセンチメンタル やや傷んできたようだ

DSCN4855.jpg


  つるバラのブルームーン 香りのよいバラ

DSCN4856.jpg

  度々登場するお気に入りのクリムソン・グローリー


  雨の中でも濃厚な香りがする


  梅雨に入り雨に打たれ花の痛みも早くなるのが残念だ



   ドリーブ バレエ「コッペリア」より


      第3幕「スワニルダのヴァリエーション」です




 [ 2018/05/29 20:49 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

伐採した枝がバラ鉢を直撃する


     2018年5月27日(日)



  午前中教会へ行く


  説教は新約聖書 ローマの信徒への手紙8:12-17


  "  Only those people who are led  by God's Spirit

          are his children.  "

        "  神の霊によって導かれるものは皆

   神の子なのです。"  8:14

   日曜礼拝では毎回「主の祈り」を全員で唱和する

   「天にまします我らの父よ」から始まる

   神は私達をご自分の子として「アッバ、父よ」と

   呼びなさいと教えているとのこと

   子供が親を信じ頼るように「主の祈りを」真心を込めて

   父にゆだね祈ることでその人の人間形成にも繋がり
  
   信仰による二度目の誕生になるようです

   神の子とはアッバ父と呼ばせてくださる神の霊に

   導かれ神の懐に飛び込んでゆだねることを知って

   恐れから解放される人々それが神の子のようです


   昼から庭作業をする


   最初の予定では花壇の雑草取りだったが


   花壇にはえてる庭木がボウボウになっており

   剪定を始めたら5本の木をやり終わったのが夕方

DSCN4843.jpg

  一番の大物がこの木

DSCN4845.jpg

  右側の幹から切り落とした


  左側の幹は枯れていた

DSCN4837.jpg

  切り落とした枝の塊がバラ鉢を直撃した

  覆い被さっていた枝が重く動かすのが容易でなかった

DSCN4838.jpg

DSCN4839.jpg

  ラプソディー・イン・ブルーは根本から折れる

DSCN4840.jpg 
  つるバラのクリムソン・グローリーも被害にあう


DSCN4834.jpg 

  剪定した枝にアシナガバチの巣があった


  まだ巣が出来て間もないようで幼虫がいる


  成虫になっていたら刺されていたかも


  アシナガバチはバラにつく青虫類などを捕らえて


  幼虫に与えるため頼もしい助っ人なので


  悪い事をしてしまった

  伐採した枝を車で運べるようカットして作業を終える


  モーツアルト 「聖証者の荘厳晩課」より


     「ラウダテ・ドミヌム(主を褒め称えよ)」です


   旧約聖書 詩編117番にもとずく


    すべての国よ 主を賛美せよ

    すべての民よ 主を褒め称えよ

    主の慈しみとまことはとこしえに

    わたしたちを超えて力強い ハレルヤ



 [ 2018/05/27 21:35 ]  未分類 | TB(0) | コメント(8)

社長の見舞いと激安店でバラを購入

 
      2018年5月25日(金)



   我が社の社長が先月脳梗塞で市内の脳外科に入院し


   現在は北九州市のリハビリテーション病院へ転院している


   昨日は仕事の報告や打ち合わせをかね


   事務員さんと見舞いに行く


   病室に向かっていると社長が廊下を歩いて来る


   違和感なく歩く姿を見てビックリする


   順調に回復しているようで来月8日に退院とのこと


   まだ話すのが思うようにならずもどかしさを


   感じるようだ ともあれ思ったより早く退院出来


   喜びがこみ上げる


   病院を後にし帰路の道すがらにある園芸店に寄る


   1件目はERやデルバールのバラが4,500円で見るだけ


   2件目はいつも利用する行橋市の激安店


   入荷日だったようでバラ苗が多い


   この店では過去にERやデルバールを激安で購入


   掘り出し物がないか物色していると


   ERのグラハム・トーマスが沢山の蕾を付けた大苗が


   580円で売っている事務員さんに声をかける


   ネットだと送料を含め5000円以上はする


   信じられない安さに二人共驚愕する


   グラハムは二度も枯らしているので敬遠し


   彼女が購入する つられて買ったのが

DSCN4831.jpg

  ゴールデン・メダイヨン

  
  1984年 独 コルデス 丸弁高芯咲き 四季咲き


   中大輪 中香 ティー 


  香りが良かったのと480円の激安で購入決定


  帰りの車中ではバラ談義で盛り上がる


  夕方帰宅してバラ鉢への水遣り


DSCN4823.jpg


   ナエマが先日より咲いている

DSCN4829.jpg

   サンセット・グロウ

   うなだれていた花を持ち上げて撮る 

DSCN4828.jpg


  クリムソン・グローリー 


   ダマスクの香りは抜群だ いつまでも嗅いでいたくなる




  ハイドン 「チェロ協奏曲第2番」より

     第1楽章です
 

 [ 2018/05/25 21:08 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

ペンテコステと野菜苗の植え付け

 
     2018年5月20日(日)



  仕事が忙しくまたしても一週間ぶりの更新となった


  教会へは3週間ぶりに行く


  今日はペンテコステ(聖霊降臨祭)礼拝


  キリスト教の三大祝祭日はクリスマス・イースター・


  ペンテコステです


  ペンテコステとはギリシャ語で50番目の意味で


  イエスが復活してから50日目に弟子達に精霊が降る


  説教は新約聖書 使徒言行録2:1-11


  "  Then they saw what looked like fiery tongues 

        moving in all directions, and a tongue came

        and settled on each person there.  " 


       "  そして炎のような舌が分かれ分かれに現れ

  一人一人の上にとどまった "   2-3


  聖霊が舌のような形で現れ弟子たちは聖霊に満たされ


  この時より世界に福音を宣べ伝えると共に教会の


  誕生日となったようです


  聖霊の炎は赤でペンテコステ 教会 弟子達を象徴する


  色とのことです


  人々を愛し生かし支えその人達に希望を与える愛の炎


  愛の言葉が降ってきた日それこそがペンテコステとのこと


  三大祝祭日の説教の後は聖餐式が行われ


  イエスの体を表すパンと血を表す杯(ブドウジュース)を


  頂くその間オルガン奏者がフランクの「天使のパン」を


  演奏してくださり儀式が更に厳かになる


  昼から遅れに遅れていた野菜苗の植え付けをする


  菜園に有機石灰やたい肥 肥料を投入し耕す


  一週間後に植え付けるのが望ましいのだが即


DSCN4810.jpg

DSCN4811.jpg

  キュウリの苗を植えつける

DSCN4812.jpg
    
  購入した時接ぎ木苗が置いていず普通のピーマン苗

DSCN4816.jpg

   インゲン 先週の日曜日に種を植え数日前より発芽

DSCN4818.jpg

   他品種のインゲンも元気よく発芽

DSCN4806.jpg

   つるバラのホワイトクリスマス


   昨冬植えたばかりで数輪のみの開花

DSCN4805.jpg


  ピエール・ドゥ・ロンサール


  調子悪く花数少なし

DSCN4799.jpg

DSCN4800.jpg

   ゲーテローズが初めて咲く


   ダマスクの強い香りと大輪の花姿 色に大満足


  今日の曲は聖餐式の時に演奏して頂いた



    フランク 「天使のパン」です


 [ 2018/05/20 21:45 ]  未分類 | TB(0) | コメント(4)

雨の中のバラ達


      2018年5月13日(日)




    一週間ぶりの更新となった


    先月の22日に我が社の社長が脳梗塞で入院し


    社長業を一手に引き受けることになり


    そのためGWも連日のように仕事になる


    朝早くより夜遅くまで仕事に終われ


    少々疲れ気味でブログ更新もあまり意欲が湧かず


    コメント返信も一週間放置したままで


    申し訳ございません


   
   今朝は年に一度の町内会の清掃


   曇り空で今にも降り出しそうな中で作業を始めた


   終了後に雨になり予定していた庭作業は出来ず


   雨の中傘をさして撮ったバラ達

DSCN4746.jpg

  玄関横のアンジェラが華やいできた

DSCN4744.jpg

  道路側のアンジェラも存在を示し始める

DSCN4741.jpg

  ポールズ・ヒマラヤン・ムスク 小粒の花が競う

DSCN4745.jpg

     パレード 今年は花が少ないようだ

DSCN4743.jpg

  ER アブラハム・ダービー


  調子が悪かったため昨冬ゲンコツ剪定をし復活する

DSCN4751.jpg
 
  クリムソン・グローリー


  情熱的な色合いとダマスクの香りに酔いしれる

   

  レハール 喜歌劇「ジュディッタ」より


     「私の唇は熱いキスをする」です



 [ 2018/05/13 20:41 ]  未分類 | TB(0) | コメント(8)
プロフィール

Author:花咲かじい
大分県在住 
休日は好きなクラシックを流しながら
庭仕事をしています。
バラと野菜作りがストレス発散になっています。

カテゴリ
訪問数
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR