バラと友に

春に咲きほこるバラを見て自分も癒され、道行く人にも喜んでもらえるのは 素晴らしいものです。

憎きバラクキバチの被害

        2016年4月26日(火)





     日曜日に行ったバラの手入れの続きです


     一鉢づつ点検していると嬉しい発見


DSCN0809.jpg


    アンネのバラに頼もしいベーサルシュート


    このシュートが出るとテンションが上がる


    逆にガッカリするのが

DSCN0808.jpg


   膨らみ始めた蕾が萎れている


   憎きバラクキバチの仕業だ

     「バラクキバチ」の画像検索結果 (ヤフーより拝借)


   こいつがバラの茎に卵を産み被害を与える


   萎れた茎はカットする


   バラ栽培をしているといろんな害虫がおり


   うどん粉病や黒点病も発生し病害虫との格闘が続く

DSCN0803.jpg 


DSCN0805.jpg
      
  
  昨年植えたオダマキが冬を越し今年も咲く


  今日は仕事で郊外に出かけると麦畑の上空で


  ひばりが盛んに囀っていた そこで今日の曲は





    ヴォーン・ウィリアムズ 「あげひばり」です

スポンサーサイト
 [ 2016/04/26 19:30 ]  未分類 | TB(0) | コメント(4)
花咲じいさま

本当に厄介なのばかり多いですね。
何でバラの害虫には陰湿なのが多いのでしょう。
バラは植物の中でも高等な方に属すると思っています。
そういう理由もあるのでしょうか?
私も毎日、オルトランスプレーを持って見回っています。
アブラムシとかは、水彩画用の軟らかい筆を利用すると効果的ですよ。
薬は経済的にも常識的にもできるだけ控えたいですから。
[ 2016/04/27 11:40 ] [ 編集 ]
花咲かさん こんにちは。
バラを好む虫の駆除
やっかいですね

病気が一番 悩みます
薬はHSで購入してますが
あまり効き目がないような・・。
[ 2016/04/27 12:12 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
こんばんは! 酒音食人さん

野菜でも虫の被害が多いものと、そうでもないのが
有りますが、バラは本当に厄介な虫が多いですね。
理由はよく分かりませんが
虫にとってきっと美味しいんでしょうね。
私も薬剤散布は、避けていますので
今度アブラムシにふでを使ってみます。
アドバイス有難うございます。
[ 2016/04/27 20:45 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
こんばんは! tomatoさん

バラ栽培は、ある面病害虫との闘いですね。
虫や菌も薬に対して抵抗力がついてきているようですので
効かなくなっているかもしれませんね。

昨年「えひめAI」を定期的に散布しましたら
うどん粉病は皆無状態でした。
今年も「えひめAI」を作り散布をするつもりです。
黒点病は、ある程度諦めています。
「完全オーガニックバラ栽培」の著者
真島康雄さんも黒点病は、あまり気にしてないようです。
[ 2016/04/27 20:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:花咲かじい
大分県在住 
休日は好きなクラシックを流しながら
庭仕事をしています。
バラと野菜作りがストレス発散になっています。

カテゴリ
訪問数
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR