バラと友に

春に咲きほこるバラを見て自分も癒され、道行く人にも喜んでもらえるのは 素晴らしいものです。

病人を癒す

        2016年1月31日(日)





     先週は雪と錦織選手のTV観戦のため日曜礼拝を休む


     今朝は寒さも和らぐ好天気で気分も爽快に教会へ行く


     先週は9人だけの参加だったようだが


     今日は大勢の方で満杯状態


     新約聖書 ヨハネによる福音書 5:1-18


     「ペトザトの池で病人を癒す」


     この池は主のみ使いたちが時々降りてきて


     水を動かすことがあり 水が動いている時


     真っ先に入る者が病気が癒されるといわれている


    その為多くの病人が体を横たえていた


    38年間病気で悩んでいる人にイエスは


     "Do you want to be heald"   「良くなりたいか」


     "Rise, pick up your mat and walk!"


          「起き上がりなさい 床を担いでそして歩きなさい」


    その人は直ぐに良くなって床を担いで歩いた



    あまたある奇跡の一つ 表向きは病気の癒しだが


    内面的には孤立と絶望から立ち上がることが出来たこと


    イエスの奇跡 力ある業の神髄はこの内面の変革に


     こそあるとのことです


    奇跡と言うとどうしても表面に現れた現象ばかりに


    捉われるが内面の変革に目を向けるべきなんだ 


    絶望しきった人の心の中にある僅かな希望を見い出し


    エンパワーメントを引き出した事で


    立ち上がり歩くことが出来たのだろう


    今日も意義深い説教でした


    昼から久しぶりに庭仕事をする

P1318267.jpg

   P1318269.jpg


   毎日ミカンを枝刺しにしている


   メジロが美味しそうに啄ばむ




    
    ベートーヴェン 「ロマンス 第2番」です
スポンサーサイト
 [ 2016/01/31 20:59 ]  未分類 | TB(0) | コメント(4)
花咲さん、こんにちは!
メジロがみかんをついばむ姿は可愛いでしょうね。
私も一目見てみたいと思い、庭にオレンジを置いたことが
あるのですが、残念ながらフランスにメジロはいないそうです。

冬に体を膨らませた野鳥は、本当に愛らしいですよね。
小さな体で、氷点下の気温でも凍えないのですから
すごいなと感心します。
[ 2016/02/02 20:03 ] [ 編集 ]
こんにちは 花咲かさん
メジロの写真がとてもキレイです。
名前の通り目の周りがくるりと白いのですねー
愛らしさにほっとします。
[ 2016/02/03 15:42 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
こんばんは! yoyoさん

ミカンを枝に刺すと真っ先にヒヨドリがきます。
体も大きく大食漢でヒヨドリが去った後
メジロがきます。可愛らしいですし鳴き声も良いですね。
フランスにはメジロはいないんですか残念ですね。

人間は防寒対策が出来ますが野鳥たちは
体を膨らませるだけですから寒くないんだろうかと思いますね。

そちらもまだ寒い日が続くでしょうから
風邪をひかぬよう気を付けて下さい。
[ 2016/02/03 21:35 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
こんばんは! イヴままさん

写真お褒め頂き有難うございます。
私のデジカメでは、これが精いっぱいです。
鳥を扱っているブログを見ますと
とても鮮明に撮ってあり惚れ惚れとします。
バラや花を載せることもあり
鮮明な接写が撮れるカメラが欲しくなります。

メジロがミカンを啄ばむ姿を見ると、癒されますね。
本当に愛らしく、鳴き声も綺麗ですね。
[ 2016/02/03 21:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:花咲かじい
大分県在住 
休日は好きなクラシックを流しながら
庭仕事をしています。
バラと野菜作りがストレス発散になっています。

カテゴリ
訪問数
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR