バラと友に

春に咲きほこるバラを見て自分も癒され、道行く人にも喜んでもらえるのは 素晴らしいものです。

新約聖書読み終える

        2016年1月7日(木)




     曇り空の一日で北風も吹き寒く感じる


     昨年同じ町内会の牧師さんから聖書を頂いた

 
     学生時代に購入した聖書はハガキ位の大きさで

 
     字が小さく読んでいて目が痛くなる


     もっと大きなのを買いたいと牧師さんに話すと


     余っているのがあるからと頂いた


     その後讃美歌の本も頂いた 感謝 感謝です


     それから時間を見つけて聖書を読む


     旧約聖書と新約聖書を同時進行で読んでいく


     今日新約聖書を読み終える


     今まではつまみ食い状態で読んでいたので


     最初から最後まで残らず読むことにした


     読破しただけで疑問点や理解しがたいことが多い


     完全に信じることが出来るとは言いがたい


     旧約聖書は創世記から読み始め


     今日現在申命記の途中までになる


     旧約は分量が多く読破するには数か月かかるだろう


     旧約を読んでいてビックリしたのは


     やたらと人を殺すことが出てくる 例えば


     申命記 21:18-21 「反抗する息子」


     両親が町の長老に突き出し訴える


     「私達のこの息子はわがままで、反抗し、私達の


     言うことを聞きません。放蕩にふけり大酒飲みです」

  
     そして街の住民は皆で石を投げつけ彼を殺す



     反抗したり放蕩、大酒飲みだけで殺されたりしたら


     現代だと数え切れない人が殺されることになる


     「十戒」では殺すなと戒められているのになぜだ?


     おいおい牧師さんに聞くことにする


P1078186.jpg


   夕方西の空に「天使の梯子」現る

P1078187.jpg 

P1078188.jpg

     
    別名「ヤコブの梯子」


    旧約聖書 創世記 28:12


    「彼は夢を見た 先端が天まで達する階段が


    地に向って伸びており、しかも、神の御使いたちが


    それを上がったり下ったりしていた」

   
      


   バッハ 「管弦楽組曲第3番」より


     第2楽章「G線上のアリア」です


スポンサーサイト
 [ 2016/01/07 20:52 ]  未分類 | TB(0) | コメント(4)
私も同じ疑問を持っています。
旧約聖書では、神様自ら「こ ろすな」と仰りながら、一方で「聖絶せよ」と命じられている。どうしてなのか。
同じ疑問を抱いている人は多いと思います。

どうしてかは分かりません。ただ分かるのは、神のあの怒りは全て十字架のイエス様に下されたということ。

明日教会に行かれる時に、聞かれるのでしょうか?牧師がどのように答えられたか、差し支えなければ、教えてください。
[ 2016/01/09 21:45 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
こんばんは! 愛希穂さん

返信何度も書きましたが「内容がそぐわないと」遅れません
多分「倒す」より過激な言葉のせいかもしれません。
柔らかい表現で書きます。
牧師さんに聞きましたら十戒に反することは許されないことだが
当時の弱肉強食の世では、そうせざるを得なかったようです。

立ち話で会議が控えているようで
明確な答えがもらえずモヤモヤ状態です。
時間がある時じっくり聞いてみます。

[ 2016/01/10 20:45 ] [ 編集 ]
続けてのコメント、失礼します。

弱肉強食の世だから・・・私もモヤモヤします。
私も牧師に聞いてみようと思います。

前回の投稿、「不適切な言葉がある」ということで、1回目は送れませんでした。
ですので、不適切と思われる言葉を平仮名にして、文字の間に半角スペースを入れると送れました。
たまにありますよね、コメントが送れないこと。
[ 2016/01/11 19:35 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
こんばんは! 愛希穂さん

弱肉強食の説明では、モヤモヤ状態で腑に落ちないですよね。
今度同じ町内会の牧師さんにも聞いてみます。
愛希穂さんがお聞きになったら教えて下さい。

何度書いて送っても拒否されたものですからPCが壊れているのかと思い
他の方のコメント返信をしてみたらOKだった。
それで愛希穂さんが、ひらがなで使用した言葉やそれらしき表現は避けました。
きっと脅迫、誹謗、中傷の類は受け付けないように設定されているんですね。
勉強になりました。
[ 2016/01/11 20:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:花咲かじい
大分県在住 
休日は好きなクラシックを流しながら
庭仕事をしています。
バラと野菜作りがストレス発散になっています。

カテゴリ
訪問数
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR