バラと友に

春に咲きほこるバラを見て自分も癒され、道行く人にも喜んでもらえるのは 素晴らしいものです。

鍾乳洞探索

        2015年8月3日(月)




    昨日は福岡県の行橋市へ


    日曜日だけ休みのお客さん宅へアポなしの訪問


    朝、昼、夕方と訪問するが結局会えず


    時間が余ったので


    近くに鍾乳洞で有名な平尾台があり寄ることにする


P8027155.jpg


    「平尾台自然の郷」の駐車場から


    園内に入ると

P8027160.jpg   

   子供たちが水遊び
   
P8027159.jpg

  
   石灰岩が剥き出しになったカルスト高原


   羊が群れているようなので「羊群原」と言うそうだ


   園内に鍾乳洞はなく車で5~6分の所にあるとのこと


   3ヵ所あるようだが一番大きなのを教えてもらう


   駐車場から鍾乳洞までは急坂をかなりの距離を下る


P8027163.jpg

 
  国指定天然記念物「千仏鍾乳洞」の入り口


P8027165.jpg

   
   入口を入って直ぐの場所

P8027166.jpg

   
    舗道の横を水が大量に流れている

 
    外の暑さと比べ洞窟内がヒンヤリと心地よい


P8027168.jpg

   
  石灰岩が壁に沿って垂れ下がっている

P8027170.jpg

  
   洞窟は狭く中腰になりながら進む

P8027171.jpg
 

   途中から水路の中を進む 水に入った瞬間


   皆が口々に「冷たい!」年間を通じて14℃だそうだ


   一人が通るのがやっとで見学を終え帰る者とで


   交互に行き来するので渋滞が続く

P8027173.jpg 

    壁に電飾をあしらった所もある


    ここも狭く中腰で歩く

P8027176.jpg


  天井から大きな石柱が迫ってくる


  入口から1200mまで行けるようだ


  水路の中を歩きぱっなしで体が冷えてくる


  夏休みに入り日曜日ということで子供が多い


  3~4才位の子供も水につかりぱっなしで


  泣き言も言わず良く頑張っているなと感心する


  往復1時間以上はかかった


  狭い洞窟から出た時はホットした


  蒸し暑い空気の中へ戻る


  駐車場までの急坂を上るゆっくりゆっくり足を進める


  帰路反対側は駐車の順番待ちの車が


  長蛇の列になっている


  夏休みの日曜日は混雑して忍耐が必要と実感する
 


 

   プッチーニ 歌劇「トスカ」より


      「妙なる調和」です
   
スポンサーサイト
 [ 2015/08/03 21:27 ]  未分類 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:花咲かじい
大分県在住 
休日は好きなクラシックを流しながら
庭仕事をしています。
バラと野菜作りがストレス発散になっています。

カテゴリ
訪問数
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR