FC2ブログ

バラと友に

春に咲きほこるバラを見て自分も癒され、道行く人にも喜んでもらえるのは 素晴らしいものです。

聖餐式にまつわる曲


     2018年6月3日(日)



  今日は仕事の予定だったが変更になり休みとなる


  のんびりと朝食を済ませバラ鉢への水遣りを行う


  その後教会へ行く


  説教は新約聖書 マルコによる福音書1:29-39


  "  Jesus went to her.

         He took hold of her hand and helped her up.  

         The fever left her, and she served them a meal.  "


          "  イエスがそばに行き、手を取って起こされると

   熱は去り彼女は一同をもてなした。" 1-31

   
   弟子であるシモンとアンデレの兄弟の家を訪ねると


   姑が熱を出して寝ていたためイエスが上記の事を行う


   イエスは多くの奇跡を行っているが風邪であったなら


   小さな奇跡のようだ 


   一説にはマラリアだったのではとの見方もあるようだ


   「多くの病人を癒す」との見出しがついた箇所で


   古今東西病気で苦しんでいる人は数知れず


   以前TVで見たのだが世界中から奇跡を願い


   病人がルルドの泉に集まり熱心に祈っている


   その中で奇跡が起こり完治された方もいるとか


   医学の力も勿論だが多くの方に奇跡が


   起こることを願う  

  
   ただ日頃は無信仰でも「苦しい時の神頼み」になるのが


   ご都合主義で人間の性のようだ


  
   昼からバラの植え替え

DSCN4910.jpg

   先日届いた新苗のジャンヌダルクを植え替える


   今日は3鉢の植え替えのみ

DSCN4912.jpg

DSCN4911.jpg

   キュウリの棚づくりをする


   奥に植えているのはジャガイモ

   
   一部が枯れかかってきてるので間もなく収穫だ

DSCN4884.jpg

  ER  メアリー・ローズ


  激安店で破格の値段で購入した

DSCN4913.jpg

   ラ・マリエ ちょっと傷んでいるが優雅な花姿

DSCN4886.jpg

   ボレロが咲き出した 鼻を近づけ香りを堪能する

DSCN4915.jpg

  ゴールデン・セレブレーション


  夕方に撮る 昼間の青空だともっと映えたかも   



   マスカーニ 「栄光のミサ曲」より


     「エレヴァツィオーネ(聖体奉拳)」です


   聖体奉拳とは聖餐式で牧師がパンや杯を


   高く挙げる行為のことです


   今日の日曜礼拝で聖餐式がありこの曲を選びました
      
スポンサーサイト
 [ 2018/06/03 21:02 ]  未分類 | TB(0) | コメント(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:花咲かじい
大分県在住 
休日は好きなクラシックを流しながら
庭仕事をしています。
バラと野菜作りがストレス発散になっています。

カテゴリ
訪問数
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR