FC2ブログ

バラと友に

春に咲きほこるバラを見て自分も癒され、道行く人にも喜んでもらえるのは 素晴らしいものです。

えひめAIなどを加えバラへの水遣り


     2018年3月25日(日)



  朝より青空が広がる気持ちの良い好天気


  来週の日曜日は復活祭(イースター)で


  今日から受難週となる


  説教は新約聖書 マルコによる福音書14:32-42


  "  Watch and pray, lest you enter into temptation.

        The spirit indeed is willing,but the flesh is week.  "


        "  誘惑に陥らなぬよう、目を覚まして祈っていなさい。

   心は燃えても、肉体は弱い。"  14:38


   イエスが祈っている間弟子たちにここに座っていなさい

   と言われその場を離れ祈りに向かう

   戻ってくると弟子たちは眠っていた

   都合3度戻ってきても弟子達はいつも眠っていた


   弟子達も連日の活動で疲れていたのかも知れない


   我々の思いだけではどうしようもない肉体的限界があり

   特に睡魔に打ち勝つのは至難の業である


   若い頃2日間徹夜をしたことがあり翌日の仕事中は

   眠くて眠くてどうしようもなかった


   イエスは人間の肉体的限界を知っており

   私達の思いだけではどうにもならない弱さを

   受け止めていてくださるとのことです


   礼拝後先週バラ談義をした方が


   「洗礼を受けられるそうでおめでとうございます」と


   声を掛けられデビッド・オースチンのバラのカタログを


   頂く更に記念としてERのバラ苗をプレゼントしたいと


   申し出るがカタログだけで十分ですと辞退するが


   「是非お受けなさって」と何度も仰るので


   「それではお言葉に甘えて」とお受けする


   もうお一人の方からは「主の祈り」の英語版の素敵な


   布のシオリを頂く  その方の名前が沖縄の苗字なので


   尋ねるとご主人が沖縄出身とのことで話が盛り上がる


  皆さんから予期せぬプレゼントを頂き熱い思いがみなぎる


  お昼からは天気も良いのでバラへの水遣りなどをする

  DSCN4384.jpg

   バラの新芽もだいぶ伸びてきた

DSCN4378.jpg

   うどんこ病や黒点病への抵抗力がつき


   病気になりにくいようだ

DSCN4377.jpg


   左側がえひめAIと右側は焼酎に唐辛子とニンニクを


   投入したもの どちらも自家製


  水やりにえひめAIとキトサン溶液を加えて行う


  80鉢と地植えのつるバラ26株に水やりを行う


  右側の肋骨にヒビが入ってるため左手でジョウロを持つ


  地植えの株周りの雑草を取りながら水やり


  そのため2時間近くかかったかも?


  その後トウガラシとニンニク入りの焼酎を希釈し


  葉面散布する  防虫効果があるようだ

DSCN4379.jpg

  ヒヤシンス 三色揃い踏み

DSCN4395.jpg

DSCN4396.jpg
  
  ヒヤシンスが甘い香りを漂わせ

DSCN4397.jpg

  沈丁花は終盤を迎えているが濃厚な香りが漂う


  

   バッハ 「マタイ受難曲」より


     第39曲「憐れみ給え、我が神よ」です

スポンサーサイト
 [ 2018/03/25 21:40 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)
こんにちは。
洗礼のお祝いのメッセージやプレゼント、ありがたいですね♪
良い記念になりますね。
お庭が春の香りに包まれているのが伝わってきました。
ヒヤシンスも沈丁花も大好きな香りです。
沈丁花は何度かこのお庭で枯らしてしまって、今年また欲しいなとおもっていたのですが
我慢してお庭が整ってから考えることにしました。
でも・・・それもいつになることやらです(笑)
[ 2018/03/27 21:14 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
こんばんは! ゆーさん

洗礼を受けるにあたっての
作文を書いていたためコメントの返信が
遅れ申し訳ありません。

予期せぬプレゼントの申し出にビックリしました。
本当にありがたいことです。

庭が春らしくなってきました。
庭の見まわりが楽しくなりますね。
私もヒヤシンスや沈丁花の香りは大好きです。
沈丁花を地植えにして、何度も枯らしました。
今のは鉢植えで3年目になりますが
いつどうなることやら・・・

お嬢さんのコンサートの模様を撮影出来ないのは残念ですね。
多くの親御さんがそれぞれに撮っていると
支障をきたすからなのでしょうか
そうなのならば、主催者側が代表して撮り
親御さんに我が子の写真を差し上げたらと思います。
[ 2018/03/30 19:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:花咲かじい
大分県在住 
休日は好きなクラシックを流しながら
庭仕事をしています。
バラと野菜作りがストレス発散になっています。

カテゴリ
訪問数
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR