バラと友に

春に咲きほこるバラを見て自分も癒され、道行く人にも喜んでもらえるのは 素晴らしいものです。

アゲハの前蛹を発見


      2017年12月12日(火)



   今日は今冬一番の寒さになりました


   最低気温は1℃ 最高気温は5℃


   北海道では最高気温が氷点下の所もあるようですが


   九州に住んでいるとこの気温でも寒さが身に沁みます


   昨晩は長時間も北風が強く吹きまくり


   バラ鉢が数個倒れていた幸いにも折れた枝は無し


   強風だったため気になっていたのが


   ミカンの一種のデコポンを2年前鉢植えにした


   その枝にアゲハの前蛹が付いており落ちてないか


   心配だったが無事で一安心する


   春よりアゲハの幼虫が何匹もいた

DSCN3915.jpg


   12月2日に初めて気づく


   お尻を枝に固定させ胸部を帯糸で支え微動だにせず


   検索すると蛹になる前の「前蛹」という状態

DSCN3924.jpg


   12月3日 変化なし 毎日数回観察する

DSCN3944 (1)

   12月9日 頭部が少し黒っぽい

DSCN3965.jpg

    12月10日全体が茶色くなりミイラのようだ


    お尻から緑色した液体が出ている


    前蛹から蛹になるため余分な体液は排出するようだ

DSCN3967.jpg

    12月11日 午前中に撮る

   
    お尻からの体液は無くなり蛹のお尻が現れた?


    2本の帯糸だけでぶら下がっている


    この状態なので昨晩の強風で剥がれ落ちたのではと


    心配していたが無事だった


    強靭な糸なのに驚いた


    暖かい時期は蛹から蝶に数日で羽化するようだが


    冬は来春に羽化するとのこと


    それまで何とかもってほしいものだ



   
   ショパン 「蝶々」です

スポンサーサイト
 [ 2017/12/12 19:46 ]  未分類 | TB(0) | コメント(4)
にゃんと!! 蛹の前段階なのですね。強風にも負けずに、しっかりと柑橘類の
枝について、蝶になるのは、来春・・・ それまで長いですねー。どうか無事に
冬を越しますように^^
[ 2017/12/13 12:14 ] [ 編集 ]
こんばんは~

アゲハ蝶は北海道にもいますが、こういったシーンはなかなか見れません。
さなぎの中は「どろどろ」してるんですってね。
生命の神秘を感じます。

明日から北海道です。土曜には帰って来ますが 笑。
寒いだろうなぁ~

ではまた。
[ 2017/12/13 20:30 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
こんばんは! mimihaさん

昆虫が好きなものですから、見つけた時は嬉しかったです。
それで毎日観察してます。
蛹になる前を「前蛹」というのを初めて知りました。

冬を何とか乗り切って欲しいものです。
そして羽化の瞬間が見れると良いのですが。

そちらは相当な寒さの様で、庭作業が出来ず
辛いと思いますが、冬場の過ごし方も
十分に心得ていることでしょう。
バラ図鑑に目を通すことも多いことでしょう。
[ 2017/12/13 20:32 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
こんばんは! しんしんさん

今頃はご自宅でくつろいでるのでしょうか
今年は積雪量も多いようですから
雪かきも大変でしょうね。
腰を痛めないように!

アゲハは蛹になると、体内がドロドロになるようですね。
それから蝶の姿が形成されるとは、信じがたいです。
生命の神秘を感じますね。
[ 2017/12/14 20:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:花咲かじい
大分県在住 
休日は好きなクラシックを流しながら
庭仕事をしています。
バラと野菜作りがストレス発散になっています。

カテゴリ
訪問数
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR