バラと友に

春に咲きほこるバラを見て自分も癒され、道行く人にも喜んでもらえるのは 素晴らしいものです。

日曜礼拝を休む

 
     2017年8月20日(日)



   昨日から暑さがぶり返したようで


   朝からうだるような暑さになる


   今日の日曜礼拝は休む 通常一週目に聖餐式があるが


   今月は今日行うとのことで欠席


   聖餐式とはイエスの体を表すパンと


   血を表すワイン(ジュース)をいただき


   イエスの御心に触れる儀式で受洗者が対象になる


   私はまだ洗礼を受けてないので毎回欠席している


   以前にも書いたが全ての人に開かれた教会のはずだが


   頻繁に礼拝に出席しているにも関わらず差別し


   自ら排除しているのには納得できない


   今一歩踏み込めない原因の一つだ





   お盆休みに家庭菜園の雑草取りを行い


   庭作業も特になくやぶ用で出かける


   夕方戻り水やりを行う暑さで汗びっしょりになる


   水やり後花の写真を撮る

DSCN3496.jpg


  デュランタ・タカラヅカが満開になる

DSCN3497.jpg

  蜜があるようで蝶がよく訪れる

DSCN3486.jpg

DSCN3487.jpg

   アンデスの乙女


   3~5cmの花が群がって咲きとても目立つ

 
    バラはポツリポツリと咲いてる状態

DSCN3499.jpg


   アンジェラが新しく伸びたシュートに咲く



   プッチーニ 歌劇「トゥーランドット」より


      「誰も寝てはならぬ」です

スポンサーサイト
 [ 2017/08/20 20:54 ]  未分類 | TB(0) | コメント(6)
こんにちは♪
デュランタ・タカラヅカ、なんて美しいのでしょう・・・
満開で素晴らしいですね♪

今日はドライブ中に見つけた教会に寄りました。
美しいステンドグラスを見ました。次回はその写真をブログに載せますね。
[ 2017/08/21 04:20 ] [ 編集 ]
花咲かじいさん、こんにちは。

聖餐式のことを何回か書かれていますが、私は花咲かじいさんの思いを知るまでは、そのような気持ちにさせてしまうことがある、ということに全く気がつきませんでした。

内村鑑三達、無教会の人々は聖餐式も水のバプテスマも必要ないとしています。その主張を読むと、確かにその通りだなと私は思います。

形式にとらわれずに、神さまを求めている人たちが安心して平安をもって集える教会が増えるといいですね。
[ 2017/08/21 15:08 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
こんばんは! ゆーさん

小さな苗を植えたのが、5年ほどで大きくなり
花を沢山つけるようになりました。
冬に、株元近くでバッサリと剪定すると
翌年新しいシュートが出てごらんのような
花をつけます。

私の通う教会は、プロテスタント系ですので
ステンドグラス、イエス像、マリア像は無く
十字架があるのみです。

ユーさんが立ち寄った教会のステンドグラス楽しみにしています。
[ 2017/08/21 20:04 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
こんばんは! 愛希穂さん

一般人には、教会は敷居が高く感じられ
私も長年尋ねること出来ませんでした。
たまたま町内会に牧師さんがおられ話を聞き
やっと通うことが出来ました。
日曜礼拝は楽しみにしているのですが聖餐式は
式の始まる前に、牧師が受洗者のみが対象である旨を告げます。
復活祭の時は全ての列席者にパンと杯を渡すのかと思っていたら
受洗してない人は対象外でした。
のけ者にされたようでとても嫌な思いをしました。
他に3~4人いましたので、同じ思いをされたのでは・・・

以前検索してみると、同じ思いをされている方の記事が載っていました。
ある牧師さんは、反対の意を唱えて破門?されたともありました。
イエス自身は、そのような排除は望んでなかったと思うのですが
全ての人に同じように聖餐式を受けられるように切に願っています。
[ 2017/08/21 20:43 ] [ 編集 ]
洗礼とご聖体拝領について、私の考えていることを長くなりますが書かせてください。
私は、足掛け10年カトリック教会に通っていますが、受洗したのは、今年の復活祭の折です。
(正確には、洗礼と堅信と初聖体の3つの秘跡を受けました)
受洗前は、ご聖体は勿論いただけませんでしたが、神父様から毎回祝福していただいていました。
なので、大きな疎外感を感じることはありませんでした。
ただ、ご聖体をいただけないのは残念だな、と思うようになり、それで受洗へと心が動いていきました。
受洗に先立って、一年前からカテキズムを習い準備を致しました。
受洗してみて感じたのは、これは、自分に対しても、また公にも「私はクリスチャンです」と明らかにすることだということです。
また、先にも書きましたように、これは秘蹟なのです。
秘蹟とは「キリストによって制定され、教会に委ねられ、神の恵みをもたらすしるし」と習いました。
イエス自身が、まず、洗礼者ヨハネから洗礼を受けましたね。これをないがしろにすることはできません。
そして、これは私の思うところですが、ご聖体拝領って、キリストの体、キリストの血を自分の中に取り込むことで、
キリストと共に生きるということです。はっきりキリスト教徒でなければ、その覚悟がなければ、そんなもの頂いても、ちょっと困りませんか?
そして、その覚悟が受洗だと思うのです。
[ 2017/08/22 07:59 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
こんばんは! マダムKenwanさん

同じキリスト教でもプロテスタントとカトリックは、
随分違いますね。
堅信、聖体、カテキズム など分からないので検索しました。
受洗されて初聖体を受けられたのですね。
以前AzTakさんから受洗されてない方は、祝福は受けらることが
出来ると教えてもらいました。
それで疎外感がなかったのでしょうね。

「ご聖体拝領~~ちょっと困りませんか?」を読んで
なるほど、このような考えもあるのかと思いました。

ただ読んだ後受洗はしてなくても
聖書に触れ、イエスの御言葉に触れ少しでも理解できればと
教会にも通っています。
私と同じように思っている人は、大勢いらっしゃるのではないでしょうか。
受洗、未受洗と線引きせずに、パンと杯を受けられれば
イエスと共にあることを実感し信仰が深まっていくのではないでしょうか?

最初の聖餐式に参加した時知らなくて、パンと杯を頂き
これがイエスの体と血なんだととても感動しました。
それが受洗者のみと知り、皆さんがパンと杯を頂いているのに
私はのけ者にされたようで聖餐式の間とても苦痛でした。
それ以降、聖餐式の日は欠席している次第です。

マダムKenwanさんが10年目にして受洗されたとのことで
私はやっと2年目になろうとしています。
なんにでも時があるようです。
時は近づいているように思えます。
それまで待ちます。
貴重なコメントありがとうございました。

[ 2017/08/22 23:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:花咲かじい
大分県在住 
休日は好きなクラシックを流しながら
庭仕事をしています。
バラと野菜作りがストレス発散になっています。

カテゴリ
訪問数
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR