バラと友に

春に咲きほこるバラを見て自分も癒され、道行く人にも喜んでもらえるのは 素晴らしいものです。

摘蕾を忘れた新苗に花が咲く


      2017年8月15日(火)



   朝新聞を取りに玄関のドアを開けると体に絡みつく様な


   湿気で気持ち悪いほどだ


   昨夜の雨が朝方には止んだがその影響だろう


   庭作業をする予定だったが中止にする


   ゆっくりと新聞を見ながら朝食を済ませ


   高校野球でも見るかとTVをつけると雨で中止だ


   午前中皆さんのブログ訪問をして昼から出かける

DSCN3470.jpg
  
DSCN3471.jpg

    今春入手した新苗のジャクリーヌ・デュプレ


    摘蕾するのを怠ってしまった

DSCN3472.jpg

    こちらも新苗のシャネル 名前に惹かれ入手

DSCN3474.jpg

  つるバラのクリムソン・グローリー


  香りに酔いしれる

DSCN3473.jpg

   シェエラザード 春の花と違い小ぶり形も悪い

DSCN3475.jpg

   キノコが2個生えていた 名前知らず


   食用or毒キノコ? 処分する



   バッハ グノー 「アヴェ・マリア」です


   今日は終戦記念日 正午に黙とう


   2度と戦争が起こらないように願います


スポンサーサイト
 [ 2017/08/15 19:57 ]  未分類 | TB(0) | コメント(6)
こんばんは♪
ジャクリーヌ・ディブレはやっぱりいいですね~
惚れ惚れ♪
もう二年越しくらい思っています♡
次回は絶対お連れしましょっと!
でも良いのが見つかったらのことですね。

[ 2017/08/15 22:26 ] [ 編集 ]
こんにちは。
花咲かじいさん地方の湿度は高そうですね。
でもこの空気のしっとり感が日本人のお肌を若く保つ秘訣になっているのだそうです。
ジャクリーヌさんが涼し気に咲いていますね♪
キノコはあやしいものはポイですね(笑)
[ 2017/08/15 23:49 ] [ 編集 ]
本当に二度と戦争が起こらぬようにと、強く思います。
樺太から引き揚げた夫の家族は、戦後呆然自失していた男たちと、
何としてでも生きなくてはという母の強い気持が交錯して、母は
地元の農産物を持って列車に乗り、旭川まで売りに行って帰ってくるという
毎日。そこに警察の人が来て、品物を没収されてしまう。
そんな苦労を沢山した義母でした。
けれど、天性の明るさ、おおらかさは、消える事のない生涯でした。

戦争のために、沢山の苦労をした母。
花咲かさんの優しさに甘えて、つい、義母のことなど書いてしまいました^^
[ 2017/08/16 13:01 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは♪
こんばんは! miyakoさん

ジャクリーヌ・デュプレは夭折した女性チェロ奏者の名を冠したバラなので
やはり前から欲しく今春やっと新苗をゲットした次第です。
花は一重の純白で清楚な姿は女性の方が好まれることでしょう。

気に入った苗が見つかるとよいですね。
[ 2017/08/16 20:31 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
こんばんは! ゆーさん

日本は湿気が多いので外国の方には、苦手のようですね。
湿気が肌の若さを保っているとは知りませんでした。

ジャクリーヌは清楚なバラですね。
女性の方のお気に入りだと思います。

海の写真を見たのですが、最初日本かと思いました。
建物がないと見分けがつかないですね。
何か郷愁を覚えました。
[ 2017/08/16 20:56 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
こんばんは! mimihaさん


戦争を体験された方々の話は、悲惨で胸が痛くなります。
いつの世も権力者が戦争を起こし犠牲になるのは
一般国民で、今なお紛争の続いている国があるのは悲しい限りです。

義母さんのご苦労に頭が下がります。
戦後はこのように辛い中でも逞しく生きてこられたんですね。

戦争体験者の方が声を絞り出して
「2度と戦争を起こしてはならない」と言われることに
政治家は真摯に受け止めるべきです。

[ 2017/08/16 22:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:花咲かじい
大分県在住 
休日は好きなクラシックを流しながら
庭仕事をしています。
バラと野菜作りがストレス発散になっています。

カテゴリ
訪問数
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR