バラと友に

春に咲きほこるバラを見て自分も癒され、道行く人にも喜んでもらえるのは 素晴らしいものです。

今年最初のバラが咲く


      2017年4月18日(火)



   昨日は「大雨警報」の出る悪天候で1日中雨だった


   今日は陽射しが強く5月上旬並みの陽気になる


   バラの新芽もグングン生長し蕾も沢山出てきて


   庭の見回りも楽しくなってきた


   新芽が伸びてきて鉢と鉢の隙間もふさがり


   気づくのが遅れてしまった

DSCN2718.jpg

  朝 7~8分咲きだったのが昼休みには全開

DSCN2717.jpg

   今年最初に咲いた ソフィーズ・パーペチュアル


   絞りのようになっているが日光で白くなっている


   強香のはずだがさほど匂わず


   まだモッコウバラも咲いてないのに驚きだ


   バラが生長するにつれ困ったヤツも

DSCN2707.jpg

    アブラムシが大量に発生


   数ある地植えのバラの中でもアンジェラがダントツに多い


   届く範囲は素手でつぶしている そうすると指が


   黄色くなり水で洗いまたつぶし洗うの繰り返し

DSCN2714.jpg


   テントウムシも出現(ピンボケで~す)


   テントウムシは成虫 幼虫ともにアブラムシを捕食する


   頼もしい助っ人です


   更に厄介なヤツが

DSCN2715.jpg


    チューレンジハバチが産卵している


    幼虫が葉を食い尽くす憎い奴だ


    産卵中は産卵管を枝に刺して行うため逃げきれず


    簡単に捕殺できる


    バラゾウムシも現れ虫たちとの格闘が始まった





 ロッシーニ「スターバト・マーテル(悲しみの聖母)」より


   第2曲「嘆き憂い悲しめるその御魂は」です


   " 呻き 悲しみ嘆くその魂を剣が貫いた

    ああなんと悲しく打ちのめされたことか

    あれほどまでに祝福された神のひとり子の母が

    そして嘆き悲しんでいて慈悲深い御母は

    その子が苦しみを受けるのを目にしながら"

スポンサーサイト
 [ 2017/04/18 20:41 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)
花咲かさんは無農薬なのですね。

うちではオルトランを撒くのでアブラムシがついたことはなく、
幸いゾウムシはいないようですが、
ハバチ類はどうしようもないです(~_~メ)

うちでも戦いのゴングが鳴りました凸(▼へ▼メ)オラオラ
[ 2017/04/19 09:58 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
こんばんは! Russian Roseさん

家庭菜園で野菜を作っているため
農薬を使うわけにもいかず
必然的に有機栽培に興味が出てきました。
その延長でバラも無農薬でやってます。

Hcなどの農薬を並べている棚の前を通るだけで
胸が締め付けられるようで息苦しくなります。
体質的に合わないようです。

オルトランのように即効性はないですが
ニームオイルなどの自然素材から作られた
ものを利用するようにしてます。
一番困るのは黒点病ですね。
なかなか防ぐことが出来ません。
今年も悩まされることでしょう。
[ 2017/04/19 21:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:花咲かじい
大分県在住 
休日は好きなクラシックを流しながら
庭仕事をしています。
バラと野菜作りがストレス発散になっています。

カテゴリ
訪問数
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR