バラと友に

春に咲きほこるバラを見て自分も癒され、道行く人にも喜んでもらえるのは 素晴らしいものです。

母の3回忌と天使の梯子

 
       2016年12月8日(木)




   今日は母の3回忌


   先月沖縄で兄弟親類縁者が集い3回忌を済ませているため


   今日はお寺さんに来ていただき月命日と同じ様式で


   読経をしてもらう


   寝たきりの状態で介護が大変だったが亡くなると


   心にポッカリと穴が開き改めて母親の精神的支えを


   強く感じる


   朝に割と大規模な現象の

DSCN1970.jpg  

   「天使の梯子」が現れた

DSCN1965.jpg


DSCN1963.jpg

DSCN1960.jpg

DSCN1959.jpg


  雲の動きにより刻々と変わる「天使の梯子」


  いつ見ても神々しい





   フランク 「天使のパン」です


     天使のパンは人々のパンとなり

     天上のパンは形あるものとなった

       何と驚くべきことだ

     憐れな者 しもべ 卑しき者たちに

      天は自らをパンとして与えられた

スポンサーサイト
 [ 2016/12/08 19:38 ]  未分類 | TB(0) | コメント(6)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/12/08 23:21 ] [ 編集 ]
天国への階段
こんばんは
 介護されたお母さんは、さぞ喜んでおられたこととご推察申し上げます。わたしは母親の最期の思いがお互いに通じず、母親はもどかしさをおぼえ、わたしはもっと話し掛けができなかったことを後悔する羽目になりました。
 花咲かさんのお母さんは、何も思い残すことなく、この天使の梯子を登って行かれたのでしょうね。
[ 2016/12/09 00:23 ] [ 編集 ]
こんばんは! 鍵コメさん
コメントありがとうございます。

仰る通り寝たきりでも母は居るだけでも
有難いものです。
母の存在の大きさは、計り知れないですね。

女性同士は話が弾みますから
お母さんとの語らいは、大切ですね
[ 2016/12/09 21:34 ] [ 編集 ]
Re: 天国への階段
こんばんは! トマトサブロウさん

幸いなことに苦しまず眠るように息を引き取りました。
男は概して口下手で、私も母とは必要最小限のことしか
話さなかったです。
今思えば、もっともっと話しかけていればと
後悔しています。
[ 2016/12/09 21:46 ] [ 編集 ]
お母様のご命日は、12月8日聖母マリアの祝日(無原罪の御宿り)でしたか。
御霊が安らかであられますよう、お祈りいたします。
私は臨月の大きなお腹で夫とともに帰国して、病室に駆けつけ、ベットでほとんど意識のない母の手を取り
お腹の上から娘を撫でてもらいました。その時「ありがとう」と言ってくれたのが、最後の言葉です。
22年前のことですが、孫を抱っこさせてあげたかった、どんなに喜んでくれただろう、と今でも思います。
[ 2016/12/10 06:14 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
こんばんは! マダムKenwanさん

日本では、「真珠湾攻撃」として過去の忌まわしい日ですが
そちらでは、「聖母マリアの祝日(無原罪の御宿り)」という
有難い日なんですね。

海外で暮らしていると、このような時に困りますね。
最後にお母さんが「ありがとう」と言ってくれたのに
胸が熱くなり母の亡くなった瞬間のことを思い出しました。

お孫さんを抱っこさせてあげたかった気持ち痛いほど分かります。
きっと満面の笑みで、赤ちゃんに語り掛けたことでしょう。
TVで拝見しましたが、素敵なレディに成長されましたね。
[ 2016/12/10 20:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:花咲かじい
大分県在住 
休日は好きなクラシックを流しながら
庭仕事をしています。
バラと野菜作りがストレス発散になっています。

カテゴリ
訪問数
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR