バラと友に

春に咲きほこるバラを見て自分も癒され、道行く人にも喜んでもらえるのは 素晴らしいものです。

牧師さんの被災地での救援


        2016年10月23日(日)




    小雨の降る中教会へ向かう


    今日は特別伝道礼拝で熊本の日本ルーテル教会より


    牧師さんがお出でになり説教を行う


    新約聖書 ローマ信徒への手紙12:9-17


    "When others are happy, be happy with them,

                    and when they are sad, be sad."


      「喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣きなさい」


   どのようなお話をされるか期待が高まる


  「苦難の現場に寄り添う」と題して話を進める


   東日本大震災の時救援リーダーとして派遣され


   3月17日に被災地へ入られたそうです


   スクリーンに映し出された写真が当時の悲惨な


   状況を思い出した。 


  牧師さんは現場に立ちキリスト教徒として何ができるのかと


  苦悩されたようです。

 
  避難所に居る方には救援物資が届くがそれ以外の方々へは


  援助がないとのことで先ずそういう方々を訪ね


  必要なものは歯ブラシ1本から届けるようにしたとのこと


  ボランティアの女子高生の一人がお孫さんに瓜二つで


  抱いたおばあちゃんが泣き続けた話には涙がこぼれた


  このような大災害を起こして本当に神はいるのだろうか?


  苦悶せざるを得ない


  瓦礫の中から我が子の遺体を見つけ両手に抱えた母親


  その方が「牧師さんが神がいないと言うな牧師さんなら


  最後の最後まで神様がいると言ってください でないと


  この子が浮かばれない」との話にハンカチで涙をぬぐう


  人が多い


  遺体安置所での手助けが一番辛かったとのこと


  仏教 キリスト教など宗教宗派を超えてお祈りを捧げ


  宣教ではない臨場宗教師が生まれたとのことです


  今まで報道だけで知ることだったが実際に被災地で


  活動された方の生の声を聴き改めて再認識した


  いまだに行方不明者 仮設住宅暮らし 各地への避難者


  汚染され故郷へ帰れぬ人 復興半ば 問題は山積


  海外への援助 オリンピックも必要だろうが


  被災地へもっと目を向けて欲しい




        画像の三角マークをクリックすると
  
   この動画はYouTubeでご覧くださいと出ます


   そこをクリックすると見れます お手数かけます

     「アメイジング・グレイス」です


    今日歌った讃美歌451番「くすしきみ恵」が


     アメイジング・グレイスだった
  



スポンサーサイト
 [ 2016/10/23 20:31 ]  未分類 | TB(0) | コメント(10)
花咲かさん、こんばんは。

記事を読ませて頂き涙がこぼれます
「牧師さんなら
最後の最後まで神様がいると言ってください でないとこの子が浮かばれない」
胸に刺されます。

[ 2016/10/23 21:03 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
こんばんは! tomatoさん

今日の牧師さんの話は
TVなどでは知りえない実際に被災で
救援活動された方の凄まじい体験を聞かせて頂き
身ぶるいし度々涙が溢れました。
我が子の遺体を抱えた母親の痛烈な叫びに
成すすべのない牧師さんも心が痛んだようです。

神がいるとしたらなぜこのような災害が起こるのか
疑問に思いますし答えは、私には分からないです
[ 2016/10/23 22:43 ] [ 編集 ]
東北にも熊本にも大きな被害がありました。大変な困難が山積していることでしょうが、なんとかして這い上がってきてほしいものだと思います。
5年半前は丁度体調が最悪の時期で、自分がかつて住んでいた土地がずたずたにやられたのに、自分が行ったら、足手まといになること必定で、行くことができませんでした。実につらい時期でした。
岩手や宮城と違い、一過性の被害にとどまらないところが、我が福島県の実に痛い被害になりました。カツオだって、サンマだって、同じ漁場で獲ったものを福島で水揚げする。それだけで、誰も買おうとしないんです。気仙沼辺りに水揚げしたものは、『復興に協力し、併せて美味しくいただけて良かったね』などという書き込みはよく目にします。
もう少し考えてほしいものです。
[ 2016/10/24 03:45 ] [ 編集 ]
説教師
花咲かじいさん こんにちは
 キリスト教の説教はよく分かり易い話をされるのですね。仏教での坊さんの説教は何をしゃべっているのか、よく分かりません。人に寄り添うには。キリスト教の方が話がよく見えて、仏教より頼りになりそうです。
 アメイジング・グレイスが讃美歌が原典とは知りませんでした。ヘイリーの声はピュアで、きれいですね。
 前回記事のコスモスは圧倒されました。当地もコスモス祭りが昨日あり、栽培面積は大分縮小して0.5ヘクタールです。16ヘクタールの栽培はすごいわ。田んぼ提供者あっての事業です。太っ腹の人が多いのですかね。
[ 2016/10/24 11:01 ] [ 編集 ]
こんばんは。

牧師さんの話、私もお聞きできるものなら、お聞きしたかったです。
「牧師さんが神がいないと言うな牧師さんなら 最後の最後まで神様がいると言ってください でないと この子が浮かばれない」
との言葉に私も胸刺されました。

「どうして?」って思うことが、特に最近はありすぎます。
それに対する明確な答えがないのが苦しいです。
ただ、一つ思うのは、これは私が当事者になったことがないからかもしれませんが、「どうして?」と問うよりも、「何を問われているのか?」と考えてみる。それを神は望んでいるのかなと思ったり・・・。難しいことですが。

でも、やっぱり悲しいことは少ない方がいいです。
そして、「海外への援助 オリンピックも必要だろうが被災地へもっと目を向けて欲しい」と仰る花咲かじいさんの思いに、私も強く強く同意します。


[ 2016/10/24 20:12 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
こんばんは! AzTakさん

牧師さんは熊本で地震にあっているはずですが
今回はその話は無かったです。

自分の住んでいた地が大災害に見舞われたら、居ても立っても居られないですよね。
駆けつけたいのに、そういう時に限って体調が悪かったりすると
自分を責めたりして嘆かわしくなり、いたたまれなくなったことでしょう。

ボランティアに駆け付けた方々には、頭が下がります。
当方は募金に協力するしかありませんでした。

風評被害で地元の農産物や魚などが流通にも乗らず
苦しい思いをされたんですよね。
現在ではもう通常通り店頭に並ぶようになって
いるようで、今が旬のサンマは良く食べます。(今晩もサンマです)

[ 2016/10/25 19:32 ] [ 編集 ]
Re: 説教師
こんばんは! トマトサブロウさん

誰しもが神妙に聞かざるを得ないですが
お坊さんの読経は、意味が分かりませんね。

牧師さんの説教は、かみ砕いて話しますので分かりやすいですね。
私もアメイジング・グレイスが、讃美歌だとは知りませんでした。
てっきり黒人霊歌だと思っていました。

農家の方には、市から補助金が出ているようです。
それでも、農家の方の協力が無ければ出来ないですね。
[ 2016/10/25 19:48 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
こんばんは! 愛希穂さん

愛希穂さんにも、聞かせてあげたかったです。
記事は、ほんの一例にすぎません。
何処から手をつけたらいいのか分からない瓦礫の山々
その中に遺体も見え正に地獄絵図のような現場で
自衛隊の方は、泣きながら活動されたようです。
牧師さんも、被災者に寄り添い話を聞いてあげたりとか
他にも凄まじい話が沢山あり、報道では知ることができない
被災地での事を聞き目頭が熱くなりました。

私も疑問に思うことが多く、心底神を信じるには至ってません。
試行錯誤が当分の続くでしょう。

被災地や国内には、いろいろな問題が山積してますので
政府は足元に目を向けて欲しいですね。
[ 2016/10/25 20:25 ] [ 編集 ]
こんばんは 花咲かさん
そして遅くなりましたが
おかえりなさいませ。
ご無事で安心しました。
離れているけれどすぐ近くにいらっしゃるような
ブログって本当に不思議で温かいものですね。
金木犀もコスモスもそして薔薇も
嬉しく拝見させていただきました。
これからもゆっくり自分ペースで
楽しんでいかれますように・・・(*´▽`*)
[ 2016/10/25 22:42 ] [ 編集 ]
Re: Re: タイトルなし
> こんばんは! イヴままさん
>
> コメント有難うございます。
> mimihaさんのお蔭で再開することが出来ました。
> ブログを通じてイヴままさんや他の方との
> 繋がりが出来有難く思っております。
> 北海道では、初雪が降ったんですね。
> こちら九州では長袖を腕まくりしている状態です。
> 金木犀と言えば、イヴままさんが旅行先で
> 香りを堪能していた写真を思い出しました。
>
> はい!ゆっくりボチボチ行きます。
[ 2016/10/26 20:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Author:花咲かじい
大分県在住 
休日は好きなクラシックを流しながら
庭仕事をしています。
バラと野菜作りがストレス発散になっています。

カテゴリ
訪問数
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR