FC2ブログ

バラと友に

春に咲きほこるバラを見て自分も癒され、道行く人にも喜んでもらえるのは 素晴らしいものです。

「愛の讃歌」とコッペリア

 
     2018年8月26日(日)



   今日の当地の最高気温は34℃ あつい~!


   朝のバラ鉢への水遣りと久しぶりに地植えのバラにも


   水をやり1時間程かかる 全身汗びっしょり


   シャワーを浴びてから教会へ行く


   説教は新約聖書コリントの信徒への手紙Ⅰ12:27-13:13

  
        "  For now there are faith, hope, and love.

          But of these three, the greatest is love.  "

        "  それゆえ、信仰と、希望と、愛、

   この三つはいつまでも残る。

   その中で最も大いなるものは愛である。" 13:13


   13章は「愛」について記された箇所が多い

   「山を動かすほど信仰を持っていようとも

    愛が無ければ、無に等しい。」 13:2

   「愛は忍耐強い。愛は情け深い。ねたまない。

    愛は自慢せず、高ぶらない。」 13:4

   「礼を失せず、自分の利益を求めず、いらだたず

    恨みを抱かない。」 13:5

   「 不義を喜ばず、真実を喜ぶ。」  13:6

   「全てを忍び全てを信じ全てを望み全てに耐える」13:7

            「愛は決して滅びない。予言は廃れ異言は止み

    知識は廃れよう。」 13:8


    このように「愛」について述べており

   
    13章は「愛の讃歌」と呼ばれキリスト教は

   
    愛の宗教と呼ばれているようです


    結婚式では牧師がこの13章を良く引用するとか 


    昼から楽しみにしていたバレエ公演を見に行く

DSCN5095.jpg   


   地元のバレエスクールの定期公演


   スクール生の発表会のようだが全3幕を上演する


   とのことで全席自由席で900円


   大ホールが満席のようだ 録音した音源を使うのかと


   思っていたら2名のエレクトーン演奏 テインパニー

 
   小太鼓の計4名に指揮者


   東京在住の頃はしばしばバレエを見に行っていたが


   こちらに来てからは初めてなのでワクワクしながら


   開演を待つ


   主演クラスは谷桃子バレエ団の方々が踊られる


   群舞はスクール生らが中心になっている


   踊りが揃わなかったりよろけたりもするが


   本人たちは一生懸命なのが伝わってくる


   バレエは女性の舞いに目を奪われがちだが


   男性のダイナミックな踊りも捨てがたい


   今回男は4名のダンサーしかおらず「マズルカ」


   「チャールダシュ」は男性は2名の参加で


   迫力不足は否めなかった


   やはり地方だとバレエを習う男は少ないのだろう


   主演のスワニルダとフランツはさすがに素晴らしかった


   スクール生の中で「祈り」を踊った高等科の


   石井里奈さんが目に焼き付いた


   久しぶりに生の舞台が見られ満足


   

  ドリーブ バレエ「コッペリア」より


    第3幕「祈り」です


  
スポンサーサイト
 [ 2018/08/26 20:58 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

久しぶりの更新です


      2018年8月19日(日)



   先月28日以来の更新となる


   以前は2~3日休むと何かしらネタを見つけ


   更新するようにしていたが最近は数週間経っても


   意欲があまり湧かなくなった・・・


   しかし!このままだと永遠に止めてしまう恐れあり


   意を決して久しぶりのUPとなりました


   日曜日なので教会へ


   説教は新約聖書 使徒言行録13:44-52


   "  When the Jewish people saw the crowds,

             they were very jealous.

            They insulted Paul and spoke against 

            everything he said.  "


          "  ユダヤ人はこの群衆を見てひどくねたみ、

    口汚くののしってパウロの話すことに反対した  "

                         使徒言行録13:45


   前回の安息日にパウロの話に共鳴した人々が


   次の安息日にも話を聞かせて欲しいと頼み


   町中の人々が集まってきたのを見たユダヤ人が妬む


   "  愛は忍耐強い。愛は情け深い。ねたまない。"


          "  Love is kind and patient, never jealous  "

        コリントの信徒への手紙Ⅰ 13:4

 
   妬みは罪の始まりとのことだが人間生きていれば


   妬みの一つや二つはあるだろう

   
   相手に妬みを持つことは自分自身を劣った者と考え


   不幸になるばかりだ


   「愛は人をねたまない」

   
   妬みが渦巻くこの世界で人の成功を祝福し

  
   人の優れた所を認めることがクリスチャンの


   務めとのことです

DSCN5068.jpg

    猛暑の中でディスタント・ドラムスが咲く

DSCN5081.jpg

  悠久の約束 真夏でも香りは素晴らしい

DSCN5083.jpg

    ゴールデン・メダイヨン 黄色いバラは目立つ

   業者により微香と中香の違いあり

   あまり香りは感じない

DSCN5086.jpg


    コガネムシ捕獲トラップ


   前回効果があったのでまた作った

 


   チャイコフスキー 「ヴァイオリン協奏曲」より

     第1楽章です 

 [ 2018/08/19 21:14 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)
プロフィール

Author:花咲かじい
大分県在住 
休日は好きなクラシックを流しながら
庭仕事をしています。
バラと野菜作りがストレス発散になっています。

カテゴリ
訪問数
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR