バラと友に

春に咲きほこるバラを見て自分も癒され、道行く人にも喜んでもらえるのは 素晴らしいものです。

水仙が花盛り 夕方は洗礼式の予行練習



     2018年3月31日(土)

 
   

   例年だと桜の花が満開の頃に花散らしの雨が降るが


   今週は好天気が続き20℃を超す日もあった


   今朝も気持ちの良い青空が広がる


   バラの若葉が生長しまだ病害虫の被害が殆ど無く


   生き生きとして綺麗な姿を見せている


   害虫予防にニームオイルの散布をする


   散布中にチュウレンジハバチの成虫を発見する


   そして散布後にバラの点検をするとアブラムシ


   バラゾウムシも発見 どちらも捕殺する


   この暖かさで虫達も活動を始めたようだ


   今年も病害虫との闘いが始まった

DSCN4420.jpg

DSCN4421.jpg
 
   水仙 ピンク・チャーム

  
  水仙の中でもこの色合いが好きだ

DSCN4417.jpg

   名前知らず

DSCN4387.jpg

DSCN4386.jpg
 
  こちらも名前知らず
DSCN4393.jpg

   こちらは若干赤みが強い

DSCN4392.jpg

  土に刺していたタグが無くなり名前分からず



  夕方6時より教会で明日の洗礼式の予行練習をする


  今回もう一人女性の方が洗礼を受ける


  いよいよ明日に迫った 緊張するかな?



  バッハ 「マタイ受難曲」より


    終曲 「我ら涙流してひざまずき」です


スポンサーサイト
 [ 2018/03/31 20:14 ]  未分類 | TB(0) | コメント(4)

受洗準備の講習会


     2018年3月27日(火)



  今日の最高気温は18℃とのことだが


  日中は汗ばみ初夏を思わせる陽気だった

DSCN4399.jpg
  
  社長より黒鯛を頂く2尾とも50cm位の大物だ


  7尾釣り上げたそうで更に大きな物もあった


  他の方へもおすそ分け


  新鮮なだけに美味しさは最上級だ


DSCN4402.jpg
  
  朝の見まわりでは咲いてなかったチューリップが


  夕方には花開く

DSCN4403.jpg

  こちらの花壇では一輪のみが咲いている

DSCN4389.jpg


  ハナズオウの蕾がはち切れんばかりに膨らんでいる

DSCN4390.jpg

  こぼれ種で芽生えたネモフィラ

  
  洗礼に備えて18時より教会で講習を受ける


  「主の祈り」や「使徒信条」などの話や


  日本基督教団の歴史などを学ぶ


  どのようにして私がキリスト教と関わってきたか等の


  話もする 今度の日曜日がイースターで受洗する


  自分自身どう変化するか楽しみだ



    モーツアルト 「レクイエム」より


      「キリエ」です



 [ 2018/03/27 21:18 ]  未分類 | TB(0) | コメント(8)

えひめAIなどを加えバラへの水遣り


     2018年3月25日(日)



  朝より青空が広がる気持ちの良い好天気


  来週の日曜日は復活祭(イースター)で


  今日から受難週となる


  説教は新約聖書 マルコによる福音書14:32-42


  "  Watch and pray, lest you enter into temptation.

        The spirit indeed is willing,but the flesh is week.  "


        "  誘惑に陥らなぬよう、目を覚まして祈っていなさい。

   心は燃えても、肉体は弱い。"  14:38


   イエスが祈っている間弟子たちにここに座っていなさい

   と言われその場を離れ祈りに向かう

   戻ってくると弟子たちは眠っていた

   都合3度戻ってきても弟子達はいつも眠っていた


   弟子達も連日の活動で疲れていたのかも知れない


   我々の思いだけではどうしようもない肉体的限界があり

   特に睡魔に打ち勝つのは至難の業である


   若い頃2日間徹夜をしたことがあり翌日の仕事中は

   眠くて眠くてどうしようもなかった


   イエスは人間の肉体的限界を知っており

   私達の思いだけではどうにもならない弱さを

   受け止めていてくださるとのことです


   礼拝後先週バラ談義をした方が


   「洗礼を受けられるそうでおめでとうございます」と


   声を掛けられデビッド・オースチンのバラのカタログを


   頂く更に記念としてERのバラ苗をプレゼントしたいと


   申し出るがカタログだけで十分ですと辞退するが


   「是非お受けなさって」と何度も仰るので


   「それではお言葉に甘えて」とお受けする


   もうお一人の方からは「主の祈り」の英語版の素敵な


   布のシオリを頂く  その方の名前が沖縄の苗字なので


   尋ねるとご主人が沖縄出身とのことで話が盛り上がる


  皆さんから予期せぬプレゼントを頂き熱い思いがみなぎる


  お昼からは天気も良いのでバラへの水遣りなどをする

  DSCN4384.jpg

   バラの新芽もだいぶ伸びてきた

DSCN4378.jpg

   うどんこ病や黒点病への抵抗力がつき


   病気になりにくいようだ

DSCN4377.jpg


   左側がえひめAIと右側は焼酎に唐辛子とニンニクを


   投入したもの どちらも自家製


  水やりにえひめAIとキトサン溶液を加えて行う


  80鉢と地植えのつるバラ26株に水やりを行う


  右側の肋骨にヒビが入ってるため左手でジョウロを持つ


  地植えの株周りの雑草を取りながら水やり


  そのため2時間近くかかったかも?


  その後トウガラシとニンニク入りの焼酎を希釈し


  葉面散布する  防虫効果があるようだ

DSCN4379.jpg

  ヒヤシンス 三色揃い踏み

DSCN4395.jpg

DSCN4396.jpg
  
  ヒヤシンスが甘い香りを漂わせ

DSCN4397.jpg

  沈丁花は終盤を迎えているが濃厚な香りが漂う


  

   バッハ 「マタイ受難曲」より


     第39曲「憐れみ給え、我が神よ」です

 [ 2018/03/25 21:40 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

受難節の名を冠した花

 
      2018年3月21日(水)



   「暑さ寒さも彼岸まで」と言うが


   彼岸の今日ニュースで箱根で28cmの積雪とか


   季節外れの大雪で観光客も身震いしたことだろう


   我が地は3日連続の雨で今日の最高気温が8℃


   冬へ逆戻りで花たちもびっくりだろう


   肋骨のヒビの痛みはまだ消えず


   クシャミをすると飛び上がる程の激痛が走る


   咳でも強烈な痛みがある


   ベッドへ横になる時と起き上がる時が痛みを伴い


   寝返りも上手くできず睡眠不足気味だ




   今キリスト教では受難節期間である


   カトリックでは四旬節と呼びイースターまでの


   日曜日を除く40日間である


   その間はイエス・キリストの苦難を分かち合う意味で


   プロテスタントでは受難節と呼ぶ


   ヒビの痛みが走ると受難節だからイエスの苦難に


   比べたら大したことは無いと自分に言い聞かせている


   (イエスと比較することは恐れ多い事ではある)


   もう少しの辛抱だろう

DSCN4346.jpg

 DSCN4358.jpg

    レンテンローズ


   普通クリスマスローズと呼ばれているのは2種あり


   ヘルボルス・ニゲル(クリスマスローズ)


   クリスマスの時期に咲く白い花


   ヘルボルスオリエンタス(レンテンローズ)


   受難節(Lent)の頃に咲き数種の花色


   そこからレンテンローズ(Lenten Rose)と名付けられ


   ハルサキクリスマスローズの別名あり

DSCN4357.jpg
   
DSCN4352.jpg    

DSCN4359.jpg
   
  俯いて咲き地味な色合いであまり好きではないが


  花壇のあっちこっちに植えている




   バッハ 「ヨハネ受難曲」より


    第40曲 コラール「最後の時が来たならば」です



 [ 2018/03/21 19:47 ]  未分類 | TB(0) | コメント(6)

予約バラを受け取る

 
      2018年3月18日(日)



   昨夜牧師よりブログを見て事故を起こしたことを知り


   気遣いの電話を受ける


   まだ痛みがあるので日曜礼拝はどうしようかなとの


   迷いが吹っ切れ「明日行きます」と告げる


   事故後初めて車で向かう 運転に支障は無いようだ


   説教は新約聖書マルコによる福音書10:32-45


   "  If you want to be great, 

              you must be the servant of all the others.

              And if you want to be first,

             you must be everyone's slave.  "

   "  あなたがたの中で偉くなりたい者は

    皆に仕える者になり、

    一番上になりたい者は全ての人のしもべになりなさい"

          10:43-44

             
   僕(しもべ)とは厳密には「奴隷」と言う意味

   ※英訳では奴隷になっている


   イエスは偉くなりたい者や人の上に立ちたい者は

   人に仕える奴隷になりなさいと言い

   そして奴隷を解放するために命を捧げると述べています


   耳の痛い聖句である 最近○○ファーストとよく聞くが


   自国や身内だけのためのスローガンに思える


   礼拝後女性の方が声をかけてきた


   バラ栽培をされていて以前から話をしたかったとの事


   我が家の近くの方で一度訪ねて観賞したことがあった


   その時はご主人さんにしか会えず等を話すと


   一気に話が盛り上がった


   話が終ると大学の先輩が「受洗されるんですね」と


   握手を求められとても喜んでくれた


   先週の奏楽の方などといい喜んでくれる人がいるのは


   嬉しく心にともし火がともったように感じた


  教会を後にしてHCへ


DSCN4371.jpg
  
  注文していたつるバラのサンセット・グロウ


  ある方のオープンガーデンで一目惚れする


  波打つ花びらと強香なのも入手の決め手

DSCN4373.jpg

  もう一つはハイディ・クルム・ローズ


  紫がっかた色合いと強香につられ購入

DSCN4375.jpg

  植え替えは赤玉土などを中心にしてブレンドしたのを


  使っているのだがまだ胸が痛いため負担がかかるので


  バラの土を利用する

DSCN4376.jpg

   植え替え終了

  
   花壇の見まわりをしていると雑草が増えている


   ついでに雑草取りをする時々痛みが走り


   1時間ほどで退散する




   ハイドン 「テ・デウム」です

 [ 2018/03/18 20:01 ]  未分類 | TB(0) | コメント(12)

任意保険は有難い


      2018年3月15日(木)


   
   交通事故を起こしたその後


   救急車で搬送された病院で検査後に事務の方から


   交通事故は健康保険書が使えないから保険会社に


   連絡して下さいと言われ始めて利用できない事を知る


   帰宅後連絡をとるとレッカー車の移動代が出


   レンタカーも30日間利用できる


   治療費や休業補償なども出るとの事


   惜しむらくはケチって車両保険には入ってなかったこと


   車は全面が大破しているので廃車になる


   警察からも連絡があり車検証のコピーが必要とのこと


   単独の物損事故なので罰金や減点は無いとのことで


   ゴールド免許はそのまま維持されるようでホッとする


   昨夜クシャミをすると胸に激痛が走り脂汗が出た


   更に咳も出て追い打ちをかけるように痛む


   じっとしていても痛みがあり動くと響いてくる


   まさか弱っていた所にヒビが入ったのでは?

DSCN4360.jpg

  プリムラ・マラコイデスが華やぐ

  チューリップの苗も順調に育っている

DSCN4361.jpg
   
  プリムラ・ジュリアンは11月頃に植えてまだ咲き続ける

DSCN4362.jpg

  こぼれ種から増えたノースポール

 
  ヴィヴァルディ 「四季」より

     「春」第1楽章です

 [ 2018/03/15 20:15 ]  未分類 | TB(0) | コメント(14)

昨日は悪夢

 
     2018年3月14日(水)



   春うららな日が続く・・・・


   しかし昨日は最悪なことが起こった


   仕事を終え会社の駐車場から出て直ぐに


   電信柱に車をぶっつけてしまいエアーバッグが作動


   一瞬何が起こったか理解出来ず  事故だガーン!!!


   右胸が痛く苦しく しばらく唸っている


   社長に電話してきてもらう


   近くの人が物音にビックリして出てくる


   事故の原因は発車した時に昼間道の駅で買った


   助手席に置いていたキャベツが動き手を伸ばし


   直そうとしてぶっつかった


   駐車場から左折しハンドルを戻さないまま電信柱に激突


   車の全面がペチャンコになる 状況を見てビックリ


   周りの人が救急車を呼んでくれ病院へ


   検査の結果肋骨にヒビが入っているよう


   市民病院だが整形外科が無く鎮痛剤を投与され帰宅


   昨夜は痛くて良く眠れず


   今朝整形外科へ行き再検査するとやはりヒビ


   患部に湿布を張りコルセットのような胸バンドで固定


   これでは仕事が出来ず今週は休むことにする


   花壇は春の陽射しを浴びて活気が出てきた


DSCN4344.jpg

DSCN4345.jpg
   
  玄関前の沈丁花が濃厚な香りを漂わせている

DSCN4351.jpg

  ヒヤシンスが咲き出す

DSCN4348.jpg

DSCN4353.jpg

DSCN4350.jpg

  水仙たちも競って花開く




  アイルランド民謡 「春の日の花と輝く」です  

 [ 2018/03/14 18:59 ]  未分類 | TB(0) | コメント(10)

バラの植え替えとジャガイモの植え付け終わる

 
      2018年3月11日(日)




   ネタ切れと仕事で忙しく2週間ぶりの更新となった


   今日は風も無く春だなと思わせる穏やかな1日


   午前中教会へ行く


   説教は新約聖書 マルコによる福音書 9:2-10


   "  And his clothes became much whiter

            than any bleach on earth could make them.  "

          "  服は真っ白に輝き、この世のどんなさらし職人の

    腕も及ばぬほど白くなった。" 9:3


    イエスが3人の弟子を連れて山に登った時の出来事


    イエスは食事もとれななかったり枕することも


     出来ない程人々の悩みを聞いたり癒したりで


     服を洗う暇もなく土埃で汚れていただろうが


     それが眩いほどの白さになった


    それは神の栄光 輝きが外側に表れたとのこと


    主の栄光は私達の罪深さを示しそんな私達を清め


    輝かせて下さる力に満ちているとのことです


    教会へ通うようになり2年半程が過ぎた


    分からないことだらけで半信半疑な面もあるが


    洗礼を受けるならイースターが良いと思っていたので


    礼拝後牧師へイースターに受洗したいと告げた


    奏楽をされる方が喜んでくださり恐縮する


    昼から鉢植えの植え替え作業をする

DSCN4328.jpg

   つるバラ エレガンス 


   つるバラは地植えにしたいところだが植える場所が無く


   仕方なく鉢植えにしている

RSCN4330.jpg


   新芽に早くもアブラムシがたかっている


   勿論直ぐに潰してしまう


   ようやくバラ鉢の全ての植え替えが終わりホッとする


   もう一つ遅れに遅れているのが

DSCN4335.jpg
 
  ジャガイモの植え付けだ


  毎年男爵とメイクイーンを植えている


  購入が遅かったせいかメイクイーンは売り切れていて


  煮崩れしにくいとのことで初めて「とうや」を買う

DSCN4336.jpg

DSCN4337.jpg

   昨日種芋を半分に切り草木灰をつける


   2日間日陰で干した方が良いようだが遅れているため

DSCN4338.jpg


  昨日準備した場所へ植える


  堆肥や石灰を施してから1週間おいてからが良いのだが


  これまた遅れに遅れているため植え付ける


  有機石灰だと直ぐに植え付けても良いようだ


  気がかりだったバラの植え替えとジャガイモの


  植えつけが終わり安堵する



    モーツアルト 「レクイエム」より


     第8曲 「ラクリモサ 涙の日」


     第9曲 「ドミネ・イエス 主イエス」です


 [ 2018/03/11 21:07 ]  未分類 | TB(0) | コメント(12)
プロフィール

Author:花咲かじい
大分県在住 
休日は好きなクラシックを流しながら
庭仕事をしています。
バラと野菜作りがストレス発散になっています。

カテゴリ
訪問数
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR