バラと友に

春に咲きほこるバラを見て自分も癒され、道行く人にも喜んでもらえるのは 素晴らしいものです。

メジロの食べ物紛争


      2018年2月25日(日)




   予報だと午前中は雨とのことだが小雨が時折ぱらつく


   通常日曜礼拝は10:20から始まるが


   今朝は礼拝後バザーが行われるため9時半開始となる


   説教は新約聖書 マルコによる福音書3:20-27


   "  A nation whose people fight each other 

                 won't last very long.

         And a family that fights won't last long either.  "


  "  国が内輪で争えば、その国は成り立たない。

   家が内輪で争えば、その家は成り立たない。"


     イエスが多くの病人を癒されたことについて

   否定的な判断をする2組が出てきた

   「イエスが気が変になった」と聞いた身内の者が

    取り押さえようとした

    もう1組の律法学者達はイエスが悪霊のかしらの力で

    病気を癒したと主張した


    国、家庭、悪霊などのあらゆる組織は外から圧力を

    かけるより内部の分裂により崩壊し易いと


    イエスが上記の事を述べた 



    礼拝後HCへ行きバラの植え替え材料を買う


    曇り空でいつ何時に雨が降るか分からないので


    作業に取り掛かる

DSCN4318.jpg


   市販の10号スリット鉢は値段も高く浅い鉢なので


   深鉢にノコギリでスリットを入れた

DSCN4319.jpg

  ルージュ・ピエール・ロンサール


  古いシュートはカットして鉢増し

DSCN4309.jpg
  
   メジロがやってきたので作業を中断して見ていると

   仲良く啄んでいたが右側のメジロが嘴でつつく

DSCN4310.jpg

   たまらず逃れてしまうDSCN4312.jpg

   後ろ姿が悲しそうに見えた

DSCN4314.jpg

  しばらく佇んでいたが

DSCN4315.jpg

   籠に戻る しかしまたしても威嚇され

DSCN4316.jpg

   籠の針金に止まる

  そしてもう一つの籠へ飛んでいきミカンにありつく


  メジロが攻撃をするのを初めて見た


  自然界で食べ物の争いは日常茶飯事なことだろうが


  メジロも同じなのだと変に感心する


  雨が降り出し3鉢の植え替えで退散する


  昨日も植え替えをした数えてみると丁度半分終わり


  後40鉢残っている 3連休に悪天候と仕事で


  全く作業できず来月へ持ち越しとなった
   



    モーツアルト 「テ・デウム」です

   Te deumとは「我ら神であるあなたを讃え」


   13歳の時の作曲とかやはり天才ですね

スポンサーサイト
 [ 2018/02/25 20:32 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

春の気配を感じる


      2018年2月23日(金)




   ここ数日穏やかな天候に恵まれ春の気配がする


   先日UPしたご近所の梅が花数を増している

DSCN4299.jpg

DSCN4300.jpg

   五分咲き位かな?

DSCN4302.jpg


   庭のサザンカは終わりを迎えている

DSCN4305 (1)

DSCN4304 (1)
 
  沈丁花は開花へ向け蕾が膨らんできた

DSCN4306 (1)

DSCN4308 (1)

DSCN4307 (1)

   プリムラ・マラコイデスが開花

  花壇に数種類の花を植えていて春にはそれぞれが


  目を楽しませてくれるだろう


 
    パラディス 「シチリアーノ」です

 [ 2018/02/23 20:03 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

バラの予約苗を受け取る


      2018年2月18日(日)



   今日は朝から青空が広がり風も無い好天気


   午前中はいつものように教会へ行く


   14日よりイースター(4/1)までの日曜日を除く


   40日間の受難節が始まった


   今日の説教はそれに合わせ新約聖書の


   マルコによる福音書1:12-15


          "  Right away God's Spirit made 

                        Jesus go into the desert.  "


          "  それから”霊”はイエスを荒れ野に送り出した "  1-12


   イエスは荒れ野に40日間とどまりサタンからの


   誘惑を受けられたがことごとく退けた


   この40日間の苦難をしのんで受難節があるらしい


   荒れ野には野獣もいたようだがイエスはそれらから


   被害を受けることなく共存されたとのこと


   私達の心にも荒れ野があり野獣が住んでいて


   私達を食いつくそうと暴れまわることがある


   しかしイエスが心の中の荒れ野に住んでいれば


   野獣はおとなしくなるとのことです



   礼拝後隣町のHCへ予約していたバラ苗を取りに行く

DSCN4297.jpg

  ER  プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント


  バラ友さんから頂いた株が2年前より元気がなくなる


  このバラに魅了され新たに入手する

DSCN4298.jpg

  ER  ジュビリー・セレブレーション


  このバラも頂いたのだが育て方が悪く枯らしてしまった


  もう一度花が見たく入手する


  プレゼントしてくれたバラ友さんごめんなさい


  予約苗を受け取り地元のHCへ赤玉土 木炭等を購入


  昼食後植え替え作業に入る


  昨日と違い風が無く穏やかな天候で作業がやりやすい

DSCN4287.jpg

  ER ジ・アレンウイック・ローズ


   これもバラ友さんから頂いたもの

DSCN4288.jpg  
  こちらは順調に育っている

DSCN4285.jpg

   センティッド・エアー

      
   シュートが全然出ず3本の枝が古くなり

DSCN4286.jpg

  思い切って短く切る 再生すると良いのだが

 DSCN4295.jpg

  この鉢から憎きコガネムシの幼虫が出てきた


  まだ枯れるまでにはならなかったが植え替えを


  しなければ気付かないままだっただろう


  今日は10鉢の植え替え作業

  
  後50鉢以上残っており今月中は無理のようだ




  モーツアルト 「レクイエム」より


        「アニュス・デイ(神の子羊)」です

 [ 2018/02/18 21:36 ]  未分類 | TB(0) | コメント(6)

やっとバラの植え替え作業をする

     2018年2月17日(土)



   起床してカーテンを開くと青空だ


   これでやっとバラ鉢の植え替えが出来そうだ


   のんびりと朝食をとった後に作業に取り掛かる


   曇り空になり風も吹き寒い1日だった

DSCN4279.jpg

   シェエラザードから始める

DSCN4281.jpg

   白い根がびっしり伸びている

DSCN4282.jpg

   8号鉢から10号へ鉢増しする


   他の号に比べ10号のスリット鉢は底までが浅いので


   普通の鉢へ植える

DSCN4283.jpg

   ザ・マッカトニー・ローズ

DSCN4284.jpg


   以前はバラ専用土を利用していたが鉢数が多くなり


   金額もバカにならないため


   赤玉土中 馬糞堆肥 腐葉土 もみ殻燻炭 パーライト


   バーミキュライトをブレンドしている


   そして今回鉢底石の代わりに木炭を砕いて敷く


   当初は木炭を使用していたが手間がかかるため


   やめていた

DSCN4275.jpg

   ヨハネ・パウロ二世

DSCN4278.jpg

  剪定は毎年良く分からないまま行っている


  それでも春には律義に花をつけてくれるから有難い


      今日は16鉢の植え替えをする


  作業の途中フィギュアスケートが気になり観戦する


  こちらはハラハラしながら見ていたのだが


  プレッシャーに負けず羽生選手が金を宇野選手が銀


  両選手の強靭な精神力と見事な演技にしびれる


  日本中が歓喜に酔いしれたことだろう おめでとう!


  

  リムスキー・コルサコフ「シェエラザード」より


   第2楽章「カレンダー王子の物語」です

 [ 2018/02/17 20:14 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

梅がほころび春の訪れを知る

 
      2018年2月16日(金)



   やっと寒波が過ぎ去ったようで寒さが和らぐ


   ご近所の梅の花がほころび始める

DSCN4274.jpg

DSCN4272.jpg

DSCN4271.jpg
 
   咲いているのは数十輪 


  暖かい日が続けば満開になるだろう

DSCN4259.jpg

  毎日メジロがやって来る

DSCN4261.jpg

   盛んにミカンを啄む

DSCN4260.jpg

   お腹が赤っぽいのはミカンの色が反射しているため

   メジロが身近で見られるのは嬉しいものだ
   


   
   モーツアルト 「春への憧れ」です



 [ 2018/02/16 20:52 ]  未分類 | TB(0) | コメント(6)

予定していたバラの植え替え出来ず

 
      2018年2月12日(月)



   3連休は鉢植えバラの剪定と植え替えを予定していた


   初日は1日中雨で出来ず


   昨日は午前中教会へ行き昼から仕事となる


   そして最終日の今日は雪でこれまた出来ず


   80鉢が手付かずのままで当初の予定では今月中に


   終わらせるはずだったが無理のようだ

DSCN4251.jpg

   今朝も積雪となる

DSCN4255.jpg

DSCN4250.jpg

   10cm位はあるようで先日より多い

DSCN4253.jpg

   8時半頃には道路では溶け始める

DSCN4256.jpg

  沈丁花は雪で重たそう これぐらいでは折れないだろう


  DSCN4252.jpg

   受け皿も雪が積もり鳥はミカンが食べられない


   その後新しいミカンを補給する


   断続的に雪が降り植え替え作業は出来ず


   折角の3連休が台無しになる


   明日も大雪注意報が出ており山間部での仕事に


   支障をきたすのではと心配になる


   
   サン=サーンス 「動物の謝肉祭」より


       終曲です

 [ 2018/02/12 18:58 ]  未分類 | TB(0) | コメント(6)

今日の説教と籠の鳥


     2018年2月11日(日)



   また寒波襲来とのことで昨夜より北風が吹く


   今日も冷たい風が吹く中雪も舞い始める


   日曜礼拝の説教は新約聖書


   マルコによる福音書4:35-41

     「突風を静める」


         "  Jesus got up and ordered the wind 

                       and the waves to be quiet. 

               The wind stopped, and everything was calm.  "


    "  イエスは起き上がって、風を叱り湖に

     「黙れ。静まれ」と言われた

     すると風は止みすっかり凪になった  "  4:39


   今日も有名な場面の説教だった

   イエスと弟子たちが舟に乗り湖を渡る時突風が吹き

   舟は波をかぶり水浸しになる弟子達は恐ろしくなり

   眠っていたイエスを起こし上記の事となる

   弟子の中の4人は元漁師でこのような状況は

   経験済みのはずだが全く頼りにならずイエスにすがる

   イエスにとり嵐は何ら恐れるもではなく

   神への信頼を持ち続けているからとのことです


   一方この地域の突風は一時的に吹いて止む風とのこと


   イエスがそれを知っており止む時に言葉を発したのか?


   それと似たことが「三国志」で諸葛孔明が天文学の


   知識で突風を吹かせると宣言したのを思い出した



   礼拝が終わり帰宅すると

DSCN4242.jpg

  バラのアーチに吊り下げた籠にメジロがいる

 
  逃げないように車の中から撮る

DSCN4247.jpg   

   木の枝に下げた籠にはヒヨドリがミカンを啄む

  こちらの籠は大きく隙間も広いので入ってしまった

  ヒヨドリも必死に餌探しをしているから大目にみる 


  昼から仕事が入り今日もバラの植え替え作業出来ず


  明日は予報では雪との事でどうなることやら

   


  
    バッハ カンタータ143番

     「我が魂よ 主をほめ讃えよ」より


     第7曲「ハレルヤ」です
  
 [ 2018/02/11 20:04 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

どんど焼き


      2018年2月10日(土)



   3連休はバラの植え替えを予定していたが


   初日は朝から雨になり出鼻をくじかれる


   予報では明日からまた雪のようで作業は無理か?



   今夕近くの休耕田でどんど焼きが行われていた

DSCN4235.jpg

   小雨が降っているせいか参加者が少ないようだ

DSCN4238.jpg

DSCN4233.jpg

   時折激しく燃える

DSCN4232.jpg


   どんど焼きを検索すると小正月(1月15日)に


   縁起物の門松やしめ飾りを焼くことにより


   天に返すとか 地域により日にちが違うようだ



  ヴェルディ 歌劇「トロヴァトーレ」より


     「見よ 恐ろしい炎を」です
 [ 2018/02/10 20:16 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

朝の庭の見まわりの楽しみ


      2018年2月8日(木)


 
   今朝の最低気温が-4℃とのことで昨夜から


   水道管の凍結防止に水をチョロチョロ出している


   朝の庭の見まわりで先ず水道管が大丈夫か点検


   今日も被害無く安堵する


   5日連続で水チョロチョロ作戦を行っている


   水をチョロチョロ出してバケツに貯めるのだが


   1ヵ所は75ℓと25ℓが1夜で満杯になる


   そしてもう1ヵ所は25ℓのバケツでは貯めきれず


   庭に流れてしまう


   溜まった水は毎日排水溝に流してしまう


   勿体ないな~と思うが水道管が破裂して修理代を


   考えれば安上がりだろう



   朝の見まわりでバラ達が赤い芽を出し始めたのを


   眺めるのも期待が膨らみ楽しい


   そしてもう一つの楽しみが

DSCN4228.jpg

    メジロの観察だ

DSCN4220.jpg

DSCN4221.jpg

   籠のミカンをついばむ

DSCN4223.jpg
 
DSCN4224.jpg

   もう1羽やってきてキョロキョロ辺りを見回し


   ミカンをついばむ 


  籠はヒヨドリに占領されないよう針金で狭めている




   チャイコフスキー バレエ「眠れる森の美女」より


    第3幕「青い鳥とフロリナ姫のパ・ド・ドゥ」です

 [ 2018/02/08 21:12 ]  未分類 | TB(0) | コメント(4)

今日も雪です


      2018年2月6日(火)



   厳しい寒さが続き最低気温が-2.8℃最高が0.8℃


   3日続いての雪だ

DSCN4210.jpg

DSCN4209.jpg  

   今朝は雪景色になっている3~5cm位の積雪


   時間が経つにつれ道路は溶けてきた


   日中は断続的に吹雪のように激しく降る


   夜になり冷えてきたためまた銀世界になる


   明日も雪のようで最低気温が-3℃とのこと


   日本海側は記録的大雪で1500台の車が立ち往生とか


   積雪は1m以上で生活に支障をきたしており


   我が地では5cmの積雪で大慌てをしている


   雪国の方からしたらあきれることだろう


   早く寒波が過ぎ去って欲しいものだ



   毎日ブロ友さんたちのブログを楽しみに拝見している


   その中でイギリスにお住いのゆーさんの本日の


   田園風景を眺めているとこの曲が浮かんだ



   
  ケテルビー 「牧場を渡る鐘」です


 [ 2018/02/06 21:18 ]  未分類 | TB(0) | コメント(4)

寒波襲来で寒さ続く


      2018年2月5日(月)



   立春とは名ばかりで最強の寒波襲来で全国的に


   寒さが厳しく滅多に雪の降らない徳島県でも積雪とか


   我が地でも連日氷点下で降雪あり


   今朝は-3℃で昨夜から水道管の凍結防止に


   外に2ヵ所蛇口がありホッカイロを貼り付け


   その上をタオルで巻いて水をチョロチョロ出している


   朝確認すると凍結はなし 驚いたことに

DSCN4206.jpg

   バケツからツララが垂れている 20cm位ある


   最近ではツララが出来るのは珍しい


   仕事を終え夕方帰宅しても溶けずにあった

DSCN4208.jpg

  プリムラ・マラコイデスが寒さで萎れている


  枯れることはないだろう

DSCN4207.jpg

   アルストロメリアも萎れている


   こちらは寒さに強いようだが萎れている

DSCN4203.jpg

DSCN4204.jpg


  連日雪に見舞われる 幸いにも積雪はせず


  今夜から明日にかけ大雪注意報が出ているが


  大したことが無いよう願う




  ドヴォルザーク 交響曲第9番「新世界より」より

        第1楽章です
 [ 2018/02/05 21:00 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

予定していたバラの植え替えが出来ず

 
     2018年2月4日(日)



   今日は暦の上では立春とのことだが寒波襲来で


   風もあり寒い1日となる


   午前中植え替え用の赤玉土や鉢底石の代わりに敷く


   木炭などをHCで購入する


   昼から鉢植えのバラの剪定や植え替えを予定するが


   雪が激しく降り始める


   しばらく様子見をしていたが止みそうにもなく


   予定を変更し出かける


   1時間程したら青空になり作業が出来るぞと思い


   家へ向かうと皮肉なことにまた雪が降り出す


   結局作業が出来ず 80鉢がまだ手付かずのまま


   貴重な休みが台無しになり恨めしくなる


   昨日も天候が悪く思うように作業が出来なかった

DSCN4201.jpg

   仮止めしていたコンパッションのシュートを


   剪定誘引をする

DSCN4200.jpg

    ダブルディライトも剪定誘引をする


    カジノ クリムソン・グローリーも終え


    これで全てのつるバラの剪定誘引終了

DSCN4198.jpg

  その後 つるバラへの寒肥やりで穴を掘り

DSCN4199.jpg


  有機肥料を投入 株周りに他の花を植えていて


  穴の掘れない所は表面に施した


  やっとつるバラへの寒肥やりが終了


  来週は悪天候にならないよう願う



  ヴィヴァルディ 「四季」より


    「冬」3楽章です


 [ 2018/02/04 18:54 ]  未分類 | TB(0) | コメント(6)
プロフィール

Author:花咲かじい
大分県在住 
休日は好きなクラシックを流しながら
庭仕事をしています。
バラと野菜作りがストレス発散になっています。

カテゴリ
訪問数
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR