バラと友に

春に咲きほこるバラを見て自分も癒され、道行く人にも喜んでもらえるのは 素晴らしいものです。

今夜は皆既月食とのことで期待するが・・・

 

      2018年1月31日(水)



   今夜は皆既月食とのことで楽しみにしていた


   しかし当地は曇りの予報で期待薄


   月の出が17:29とのことで海岸へ行く


   案の定 東の空は雲に覆われている


   車のヒーターをかけながら待機していると

DSCN4173.jpg

   17:55雲間から顔を覗かせた

DSCN4176.jpg

   直ぐに雲に隠れたがやがて現れる

DSCN4178.jpg

  2分間程姿を見せて後は雲に隠れてしまう


  これ以上待っても無駄の様で退散する


  20:48に部分月食が始まるとのことで外へ出る

DSCN4187.jpg

   ラーキーな事に月が出ている


   20:50 左下より暗くなっている


   通常月が欠けている場合は境目がハッキリしている


   月食の時は地球の大気が揺らいでいるため


   影がぼんやりしているとのこと


   写真を撮り終わってから入浴後再び外へ出ると


   ガ~ン! 全面雲に覆われ月が見えず


   皆既月食の始まった21:51にも外へ出るが


   無情にも姿見えず 

DSCN4191.jpg


   仕方なくNHKの画面を撮る


   赤銅色に染まった月を見たく再三外へ出るが


   期待は裏切られるばかりだ


   23:8まで続く様だから残された時間で


   見られれば良いのだが・・・



   ドビュッシー 「月の光」です      

スポンサーサイト
 [ 2018/01/31 22:45 ]  未分類 | TB(0) | コメント(0)

「種を蒔く人」の例え話


      2018年1月28日(日)



   まだ寒さが続き今朝は-2℃だった


   教会へ向かう途中ポツリポツリと雨が降る


   説教は新約聖書 マルコによる福音書4:1-9


    「種を蒔く人」のたとえ


  "  But a few seeds did fall on good ground 

        where the plants grew and produced 

       thirty or sixty or even a hundred times 

       as much as was scattered.  "


       "  また、他の種は良い土地に落ち、芽生え、育って

   実を結び、あるものは30倍、あるものは60倍、

   あるものは100倍になった  "  4:8


   イエスが群衆に「種を蒔く人」の例え話をした

   有名な場面です

   蒔いた種が道端に落ちたのは鳥に食べられ

   石だらけで土の少ない所では芽を出したが

   根が十分に伸びず暑さで枯れてしまう

   茨の中で育った種は茨が伸びて覆いふさぎ実を結べず

   そして幾つかの種が良い土地で上記の結果となる

   この例え話の説明が4:13-20に書かれている


   " 種を蒔く人は、神の言葉を蒔くのである " 4:14

   石だらけの土地のように自分に根がないため

   艱難や迫害が起こると直ぐにつまずく

   茨の中のようにこの世の煩い富の誘惑

   その他のいろいろな欲望に惑わされる


   自分に当てはまり胸が痛くなる

   良い土地と同じように御言葉を聞いて受け入れる人は

   30倍、60倍、100倍の実を結ぶ


   私はまだ良い土地の人達の様にはなってない


   そして礼拝について家で聖書を読むのも大切だが


   主の御言葉を聞き主との交わりを知る教会での


   礼拝の大事な意義を話され納得する


   昼からも雨が降り庭仕事は無理と思い出かける


   3時頃には雨も上がり戻って作業をする

DSCN4160.jpg

  先日つるバラの剪定した枝をカットし

DSCN4161.jpg

  何とか1袋に収まった

  バラのトゲで破れないように新聞紙で防ぐ

DSCN4166.jpg

    これ何か分かりますか? 

DSCN4167.jpg
 
    防寒用の耳当てです 100円ショップで購入

    作業中北風が吹き寒さが身に染みたが

    これのお陰で耳はホンワカで重宝物だ

   DSCN4152.jpg
  
  数か月前に種蒔きしたオルレア

  だいぶ前に出芽したが今日の説教に合わせUP


      もっと大きくなったら花壇へ移植する予定


  花壇は「良い土地」だろうから良い花が咲くだろう




  フォーレ 「レクイエム」より


      「神の子羊」です

 [ 2018/01/28 21:00 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

北風に耐え水仙咲く

      2018年1月24日(水)




   今朝は-1℃になるとのことで水道管の凍結防止に


   水道の水チョロチョロ作戦で免れる


   明日は更に寒くなり-3℃になるとか作戦続行だ


   朝10時頃より雪が舞い始める


   車で移動中に本格的になり横殴りの吹雪だ


   瞬く間に雪景色となる


   ヒーターを最強にするも暖かくなるに時間がかかる


   近年まれに見る降り方で昨日の東京のような


   積雪量にならなければと願う


   幸いにも昼過ぎには峠を越したようだ


   夕方早めに帰宅して

DSCN4155.jpg

DSCN4154.jpg  

  お隣さんの畑の淵に咲いている日本水仙を撮る


  ここは日当たりが良いため最初に咲く

DSCN4156.jpg

   名前が分からない変わり種の水仙も咲いている

   
   我が家の花壇を点検

DSCN4145.jpg

    ラナンキュラスが数日前より芽を出す

DSCN4146.jpg

  同じ日に植えたアネモネはかなり生長が早い


  庭の見まわり中も北風が冷たく写真を撮り終え


  早々に退散し暖を取る





  シューベルト 「冬の旅」より

     「菩提樹」です
 
 [ 2018/01/24 20:01 ]  未分類 | TB(0) | コメント(4)

ホウレンソウの間引きとつるバラの剪定誘引

 
      2018年1月21日(日)



   昨日に引き続き風のない穏やかな天候


   午前中教会へ行く 
  
   説教は新約聖書 マルコによる福音書1:14-20


   Jesus said to them, "Come with me! I will teach you

           how to bring in people instead of fish."


         イエスは「私について来なさい。人間をとる漁師に

    しよう」と言われた。


  イエスがガリラヤ湖で漁師の兄弟に上記の事を言って

  弟子にする有名な場面です

  少し進んだ所で同じく漁師をしている兄弟に会う

  二人は父と雇い人達を船に残しイエスについて行った

  当時の漁師は魚を塩漬けにしてギリシャやローマに

  輸出していたため異邦人と関りを嫌ったユダヤ人は

  漁師を「汚れている」と考えたようです


  イエスは二組の漁師を偏見で見ず彼らに素晴らしい

  可能性を見出し声をかけたとのこと


  初対面で「私について来なさい」と言われたら

  普通は警戒するはずで親を残してまで同行するとは

  イエスには人を動かす「何か」があるのだろう



  昼から庭作業をする

DSCN4142.jpg

   ホウレンソウが伸びてきた

DSCN4143.jpg

   間引きをする

DSCN4144.jpg

   まだ混んだ状態 大きくなったら収穫だ

DSCN4140.jpg   

  明日から寒波がやってくるようなので外に置いている

  ブーゲンビリアを

DSCN4141.jpg
 
   外へ出し放っなしにして枯らすこと度々あり


   剪定して屋内へ取り込む

DSCN4133.jpg

   デュランタ・タカラヅカが紅葉し始めたので

   株元近くでカットする

DSCN4134.jpg

  支柱の後ろ側がカットしたデュランタ・タカラヅカ

  サハラ’98を剪定誘引する

DSCN4135.jpg

   98の隣に植えてあるクリムソン・グローリー

   剪定誘引した


   クリムソン、グローリーは大好きなバラで


   昨日作業した鉢植えと地植えで計3株ある


   ダマスクの香りに悩殺される



   モーツアルト「大ミサ曲」より


   「グロリア 天のいと高き所には神の栄光」です

























































































































































































































   














































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































































 [ 2018/01/21 20:43 ]  未分類 | TB(0) | コメント(9)

1日がかりでつるバラの剪定誘引

      2018年1月20日(土)



   今日の我が地の気温は最低2℃最高が11℃


   ゆっくりと朝食をとった後 庭作業に取り掛かる


   風が無く陽射しを浴びると暖かく絶好の作業日和


   つるバラの剪定誘引を行う


   一番の大物のアンジェラから始める


   剪定したシュートをなるべく水平に近い状態で


   誘引する箇所をあれこれ試しながら決める

DSCN4138.jpg

   中央の太い株がアンジェラ


   6年位前まだバラに興味の無い頃に植えたもの


   毎春溢れる程に咲く残念なのは今年は新しいシュートが


   僅かしか出なかった

DSCN4139.jpg


    ナエマも剪定誘引する 昨年はあまり花をつけず


    今年に期待する 香りは評判通り素晴らしい

DSCN4136.jpg

    つるクリムソン・グローリーも剪定誘引


    こちらは元気の良いベーサル、サイドシュートが出る


    鉢底から地面へ根が伸びてしまった


    植え替えはどうしようかな?


    1日がかりで3株の剪定誘引終了


    明日も引き続きつるバラの作業だ



   ヨハン・シュトラウス二世


    歌劇「こうもり」より序曲です  
 [ 2018/01/20 21:20 ]  未分類 | TB(0) | コメント(0)

つるバラの剪定誘引とバラの種

 
      2018年1月14日(日)



   今年初めて教会へ行く


   列席者がいつもより少ない


  説教は新約聖書 マルコによる福音書1:9-11


    「イエス 洗礼を受ける」

     "  About that time 

          Jesus came from Nazareth in Galille,

         and John baptized him in the Jordan River.  "


        "  そのころイエスはガリラヤのナザレから来て、

   ヨルダン川でヨハネから洗礼を受けられた。 " 1-9


         有名な箇所で映画で見た記憶がある


   "  洗礼者ヨハネが荒れ野に現れて罪の赦しを得させる

   ために悔い改めの洗礼(バブテスマ)を宣べ伝えた  "


          2-4にこのように記されており多くの住民が


   罪を告白し洗礼を受けた


   しかし罪もないイエスが洗礼を受けたのは何故?


   イエスが人の痛みが自分の痛みになるところまで


   降りてこられ交わり罪から救われた 


   イエスの新しさに目が開かれていくことが大切との事


   この件に関しPCで検索するも良く分からず



   昼からつるバラの剪定誘引をする

DSCN4126.jpg

  ERのアブラハム・ダービーが昨年より調子が悪く

DSCN4127.jpg


    思いきって短く剪定する お気に入りのバラなので


    元気になって欲しいものだ


DSCN4128.jpg
   
   ポールズ・ヒマラヤン・ムスク

   生長が早く鬱蒼としていた 古いシュートを全てカット


   隙間だらけになってしまった

DSCN4129.jpg

   年末年始の休みに剪定した枝を細かくカットし


   ゴミ袋へ詰め込んでいたら実があり

DSCN4131.jpg

   カットしてみる

DSCN4132.jpg

   バラの種 初めて見る 蒔いたら芽が出るのか?


   剪定枝のゴミ袋詰めが5時前にやっと終わる


   まだつるバラの剪定誘引が残っているが


   寒さで凍え退散する
   



   モーツアルト 「レクイエム」より


      「サンクトス(聖なるかな)」です


    "  聖なるかな 聖なるかな 聖なるかな

     万軍の神なる主

     主の栄光は天地に満ちみてり "


    天の最上に於いて尊まれ給え "


  

 [ 2018/01/14 21:13 ]  未分類 | TB(0) | コメント(6)

数十年ぶりにタイヤチェーンを取り付ける

 
     2018年1月13日(土)



  今日は最低気温が-3℃になる厳しい寒さ


  昨日は水道管の凍結防止に水チョロチョロ作戦を記したが


  アルミホイルを巻くと良いとのことで


  蛇口付近はアルミホイルを巻いてその上にタオルを巻き


  更にアルミホイルを巻きサンドイッチ状態にする


  そして水を蛇口からチョロチョロと流した


  今朝確認すると効果てき面だった



  昨日の仕事が雪の影響で今日になる


  山間部にある耶馬渓の山奥の集落へ同僚3人で行く


  山道を登り始めると雪が所々残っている


  スタッドレスタイヤを履いているが急坂が進めず


  タイヤチェーンを取り付けに取り掛かるが説明書を


  読んでも良く分からず悪戦苦闘して何とか終える


  数十年ぶりにタイヤチェーンを取り付けた


  5時に仕事を終え帰る時は融雪剤ですっかり溶けていて


  途中でタイヤチェーンを外す スムーズな走行になる

DSCN4121.jpg
 
  朝曇り空の東に「天使の梯子」出現

DSCN4123.jpg

DSCN4124.jpg

   全体的にぼやけていて光線がハッキリしない


   それでも「天使の梯子」が見れるのは嬉しいものだ



 
    フォーレ 「レクイエム」より


      「楽園にて」です

 [ 2018/01/13 21:21 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

2日続きの積雪

 
      2018年1月12日(金)



   昨夜眠る前に水道管の凍結防止のため


   外にある2ヵ所の蛇口からチョロチョロと水を


   流し放っしにする 朝点検すると1ヵ所が


   蛇口からツララ状になり水が止まっている


   栓をひねっても効果なくぬるま湯を巻いていた布に


   かけるとしばらくしてから水が出て一安心


   明日は更に寒くなり-3℃とか水チョロチョロ作戦だ


DSCN4114.jpg

  今朝は昨日より積もる

DSCN4106.jpg

  昨日はうっすらと積もる

DSCN4115.jpg

   今朝の様子

DSCN4107.jpg

  昨日は地肌が見えている

DSCN4116.jpg

   今朝は3~5cm位積もっている


   昼からは青空になり雪は消えてしまった


   明日は放射冷却で寒さが厳しくなるようだ





    ヴィヴァルディ 「四季」より


       「冬」1楽章です

 [ 2018/01/12 21:30 ]  未分類 | TB(0) | コメント(4)

今冬初冠雪


      2018年1月11日(木)



   昨日我が地方に大雪注意報が出た


   夜中3時頃に目覚めた時には雪は降っていず


   朝起床しカーテンを開けると雪景色

DSCN4106.jpg

  うっすらと積雪 大雪注意報とのことでもっと


  量が多いのかと予想していた

DSCN4107.jpg

   まだ剪定植え替えをしてない鉢植えのバラ達

DSCN4112.jpg

   色褪せたレオナルドダヴィンチ

DSCN4113.jpg

  プリムラ・ジュリアンも雪に覆われる 大丈夫かな?

DSCN4109.jpg

   沈丁花はこれぐらいの雪だと影響なし

DSCN4110.jpg

  大根も大丈夫だろう


  明日も大雪注意報が出ており最低気温が-2℃


  最高が2℃とのことで厳しい寒さになる


  仕事で山間部へ行く予定になっているが雪が心配だ




  チャイコフスキー バレエ「くるみ割り人形」より


      第1幕「雪片のワルツ」です





 [ 2018/01/11 20:35 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

アネモネ・チューリップなどの芽が出る

 
      2018年1月9日(火)



   今日の最高気温が7℃とのことだが冷たい風が吹き荒れ


   体感的には2~3℃位に感じる


   千葉県では18℃になったとかで春のようだ


   
   昨日は予報通り雨の1日で折角の休みが台無しになる


   これでつるバラの剪定誘引がまた延びてしまう


   
   毎日庭の見まわりをしている


   先週嬉しい発見をする

DSCN4100.jpg

    アネモネの芽が出た

DSCN4098.jpg

DSCN4099.jpg

  あっちこっちでアネモネが顔を出す

DSCN4101.jpg

DSCN4103.jpg

   チューリップも芽が出ている


   例年より早いように思う

DSCN4104.jpg

  植え放っしのヒヤシンスも芽が出ている

DSCN4105.jpg

   こぼれ種から生長したニゲラ


   バラと相性が良いとのことで数年前に植えたが


   増えすぎて大半は処分した それでも今年も登場


   春へ向けて花たちが動き始め楽しい季節の到来だ

  


   ロナルド・ビンジ 「エリザベス朝風セレナード」です



 [ 2018/01/09 20:16 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

つるバラ パレードの剪定誘引



     2018年1月7日(日)




  1日中曇り空で風は無いが肌寒い


  年末年始の休みは予定外だったカイヅカイブキの剪定と


  枝のゴミ袋詰めで手間暇がかかり


  つるバラの剪定誘引が思うように出来なかった


  2連休の明日は雨との予報で朝食後作業に取り掛かる

DSCN4086.jpg

DSCN4087.jpg

   パレード わさわさ状態 見ただけでため息がでる

   
   やらないわけにはいかずアーチ上から始める


   脚立を頻繁に動かしながら剪定


   新しいシュートを外側に引っ張り出すのに一苦労


   古いシュートはどんどん切っていく

DSCN4089.jpg

DSCN4091.jpg

   古い太いシュートをノコギリで株元近くでカット


   気持ち良くカットしたと思ったら ガ~ン!!


   新しい立派なシュートが付いていた もう後の祭りで


   奈落の底へ落されたようだ


   点検したつもりだったが毎年同じ失敗を繰り返している


   気を取り直して作業を続ける

DSCN4095.jpg

DSCN4092.jpg

  パレードの反対側にはアンジェラを誘引していたが


  古いシュートのみで全てカットする


  我流でやっているため雑な誘引になっている

   
DSCN4093.jpg

   何とか終わらせる だいぶスカスカになる

DSCN4096.jpg

DSCN4097.jpg

   4時過ぎになり体も冷えてきたため


   剪定した枝は次回へ回し撤退する

  
 
    
   ヨハン・シュトラウス二世 「常道曲」です

 [ 2018/01/07 20:34 ]  未分類 | TB(0) | コメント(8)

つるバラスパニッシュ・ビューティーの剪定誘引


     2018年1月4日(木)



   2日のスーパームーンに続き三大流星群の一つ


   シブンギ座流星群が朝の5時にピークを迎えるとのことで


   目覚ましをかけ起床 厚着をして外へ出る


   あ~あ~それなのに空一面雲で覆われ星一つ見えない


   ガッカリして部屋へ戻る


   今日で休みも終わり 


   新聞を読みながらの朝食を終え皆さんのブログを


   訪問し10時より庭作業に取り掛かる


   今日は曇り空だが風も無く作業が楽だ


  スパニッシュ・ビューティの葉っぱむしりと剪定誘引

DSCN4075.jpg

   どのシュートを剪定するか迷いながら行う

   時々トゲが服にひっかかり悪戦苦闘する

DSCN4073.jpg

   ゴールデン・セレブレーションの古いシュートは


   すべてカットする そのため隙間だらけだ


   同じアーチが無くとりあえず支柱2本で補う


  2本だけの作業で4時まで掛かってしまう


  鉢植えのバラが最後の花をつけている

DSCN4076.jpg

DSCN4077.jpg

   ヨハネ・パウロ二世


   少し傷んでいるが純白で香りも変わりなし

DSCN4078.jpg

   ブラスバンド  有終の美だな

DSCN4080.jpg

   アフロディーテ こちらもまだ形を保っているDSCN4085.jpg

  地植えのアンジェラはまだ沢山の花をつけている


  次回の作業で咲いてる花も全てカットする
   
   

   チャイコフスキー バレエ「眠れる森の美女」より


       「バラのアダージョ」です


 [ 2018/01/04 20:42 ]  未分類 | TB(0) | コメント(4)

新年早々のスーパームーン


     2018年1月2日(火)


  
   明けましておめでとうございます。


   ブロ友の皆様にとり素晴らしい年でありますよう


   心より願っております


   今年も何の変哲もないブログになると思いますが


   宜しくお願い致します


   元日は庭仕事をするのがご近所にも迷惑かと思い


   おとなしくしていた


   今日は大丈夫だろうと庭仕事をする


   先日伐採した庭木の太い枝を電動のこぎりでカットし


   ゴミ袋へ詰める


   全部片づける頃には北風の中で体が冷え退散する


  
   今夜はスーパームーンとの情報を得ていたが


   実際は昨夜の日付けの変わった12時過ぎだったようだ


   それでもスーパームーンに近いだろうと


   我が地の月の出が17時39分とのことで


   海岸へ行くが東の空が曇っている 


   49分まで待ったが月は現れず引き返す

DSCN4053.jpg

    20時8分 まだ天頂に達してないため黄金色

DSCN4064.jpg
 
   22時12分 白銀に輝く

  
   正月早々スーパームーンが見られるとはラッキーだ


   今年は良いことが起こりそうな予感がする





  
    ベートーヴェン ピアノソナタ「月光」より


       第1楽章です

 [ 2018/01/02 23:03 ]  未分類 | TB(0) | コメント(14)
プロフィール

Author:花咲かじい
大分県在住 
休日は好きなクラシックを流しながら
庭仕事をしています。
バラと野菜作りがストレス発散になっています。

カテゴリ
訪問数
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR