バラと友に

春に咲きほこるバラを見て自分も癒され、道行く人にも喜んでもらえるのは 素晴らしいものです。

野菜の収穫

      2017年6月30日(金)



   出勤する時間帯に黒い雲が垂れ込め不穏な空模様


   間もなくフロントガラスに数滴雨粒が落ちた途端


   バケツをひっくり返したような豪雨になる


   道路を叩きつける雨で視界も悪くなりライトを点ける


   ワイパーも最強でどの車も速度を控えめに走ってる


   いつも出社までの時間調整をしているHCの駐車場に着く


   やがて雨も止み陽射しが出る


   今度は猛烈に蒸し暑くなり窓を全開する


   梅雨末期の豪雨なのかな?


   最高気温は30℃になりサウナ状態だ


   汗びっしょりになり昼休みと帰宅してから


   シャワーを浴びる 真夏にも日に2回浴びている


   夏は苦手なので冷夏を期待しているのだが・・・


   先日から家庭菜園で採れた野菜たち

DSCN3373.jpg

  ナスは毎年1苗だけ植えている


  今まではことごとく失敗だったが今年は上出来だ


  数日後にも収穫する キュウリは次々と収穫

DSCN3378.jpg

   インゲンは3度目の収穫

   事務員さんや知人へおすそ分け

DSCN3376.jpg



DSCN3379.jpg

  ニガウリが30cm位になり収穫


  定番のゴーヤチャンプルーで食す 


  苦みが食欲をそそり夏には欠かせない食材だ

DSCN3387.jpg

   中玉のトマトが色づく

DSCN3388.jpg

   2個だけ収穫 特有の味に満足




  レハール ワルツ「金と銀」です
   
スポンサーサイト
 [ 2017/06/30 22:01 ]  未分類 | TB(0) | コメント(6)

沖縄の美人歌手

 
      2017年6月28日(水)



   空梅雨から一転し連日雨模様で蒸し暑い


   バラへの水やりは免れるのでこれは助かる


   朝の庭の見回りはやぶ蚊が纏わりつき難儀する


   花壇に新しく咲いた花たち

DSCN3391.jpg

  毎年花をつけてくれる桔梗 青い色が涼しさを感じさせる

DSCN3389.jpg

  カサブランカ こちらも毎年咲く 背丈が2mもある

  一輪だけでも甘い香りが漂う

DSCN3384.jpg

   ブーゲンビリア 冬は室内に取り込み4月に外へ出す

DSCN3385.jpg


DSCN3386.jpg

  沖縄に行くとブーゲンビリアが家々の庭に


  地植えにしてあり大木に育ち無数の花をつけている


  しばしば圧倒される光景を目にする


  大好きな花である


  仕事で移動中NHKラジオかNHKのFMを聴いている


  今朝10時半ごろ車のエンジンをかけるとラジオに


  沖縄の歌手がゲスト出演している


  ホーク・クルセイダースの「悲しくてやりきれない」を


   ウチナーグチ(沖縄方言)で歌っている


   癒される素晴らしい歌声だ  歌手名は?


   丁度空き地があり車を止めて聞き入る


   「上間綾乃」さんだと知り帰宅してから検索する


   動画を見てビックリ何と美しい人なんだ


   沖縄民謡を含め次々と見続けすっかり虜になる




    「悲しくてやりきれない」です
 [ 2017/06/28 19:53 ]  未分類 | TB(0) | コメント(4)

バラの挿し木を行う


      2017年6月26日(月)




   昨日は仕事が入り夕方帰宅して庭作業をする


   バラの花柄摘みをして伸びたシュートをカットする


   捨てるのはもったいないので挿し木にする

DSCN3381.jpg

   カットしたミステリューズのシュート2本を


  メネデールを加えた水に40分ほどつけて水揚げし


  切り口にルートンをつけて鹿沼土に刺す

DSCN3382.jpg

   ヨハネ・パウロ二世も挿し木


   枝が細いのが気になるが大丈夫かな?

DSCN3336.jpg

DSCN3337.jpg

   20日に撮ったヨハネ・パウロ二世

  
   待望のバラを入手して初めての開花


   予想に違わず素晴らしい香り 


   ただバラゾウムシの被害にあい傷んでいる

   DSCN3380.jpg

  数か月前に挿し木にしたつるバラのクリムソン・グローリー


  新芽が伸びてきたので成功かな?


  今まで何度となく挿し木をしたが殆どが失敗


  水やりを怠り枯らしてばかりいた


  クリムソン・グローリーは受け皿に水を浸し乾くのを


  防いでいたのでうまくいったようだ


  昨日挿し木にしたバラも同じ方法で行うことにする


  他にも挿し木にしたいバラがあり次回にまわす




   ワーグナー 楽劇「タンホイザー」より


      「巡礼の合唱」です


 [ 2017/06/26 20:20 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

デコポンにアゲハの幼虫


      2017年6月21日(水)



    昨日の本格的な雨が降り続き朝の庭の見回りは


    傘をさしてバラ達の点検をする


    午前中には雨もやみ陽も刺してきた


    昨年デコポンの苗を入手し鉢植えにした


    実は数年前からHCなどで探していたのだが


    タグに「不知火」とあるのがデコポンだとは知らず


    買わずにいた その後検索して判明した
    DSCN3353.jpg

   数日前からデコポンの花が咲いていた


   昨日終わりかけの花を撮る 葉がかじられているのは

DSCN3364.jpg

   アゲハ(ナミアゲハ)の幼虫が15匹ほどいる

DSCN3362.jpg

  卵から孵ったばかりのようで5mm程 1令幼虫かな?


  1令から4令虫までは鳥の糞のような色合いで


  鳥に食べられるのを避けている 

DSCN3351.jpg

   昨日撮った幼虫 じっとして動かない


   脱皮する気がする 4令虫のようだ


   そして今日の夕方

DSCN3361.jpg

  5令虫のアオムシになっている


  驚いたことに抜け殻を食べている 初めて見たので


  急いでカメラを用意して撮る


  ちょっといたずらをする

DSCN3366.jpg

  体を突くと頭から威嚇するように臭角を出す


  臭角と言うからには相手が嫌がる臭いがするのだろう


  5令虫になると大食漢になるようだ


  15匹近くもいるので幼木が瞬く間に裸になるだろう

DSCN3369.jpg

   花が散った後にデコポンの小さな実が生っている


   デコポンも生長して欲しいしアゲハも育って欲しい


   困ったものだ 幼虫を全部取りどこか迷惑にならない


   ミカンの木を探してそこへ移すしかないようだ




  ビゼー 「アルルの女」第1組曲より


       「カリヨン」です
  


 [ 2017/06/21 20:42 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

ジャガイモの収穫


      2017年6月20日(火)



    予報より早めの13時半ごろより雨が降り始め


    やがて本降りとなる まとまった雨は2週間ぶりとか


    おかげでバラへの水やりはせずに済む


    ジャガイモの茎や葉が枯れてきたので降り出す前の


    昼休みに掘り出すことにした

DSCN3347.jpg

DSCN3348.jpg

    メイクイーン うまく育っている

DSCN3349.jpg

     男爵も上出来

  毎年同じ場所で連作しているためそうか病になっていたが


  今年は培養土10ℓを20袋も投入したためか


  肌も綺麗でそうか病の症状は目立たない

DSCN3350.jpg

   40cm程のタライが一杯になる


   猫の額位の菜園にしては豊作だ




   チャイコフスキー 「四季」より


     6月「舟歌」です

 [ 2017/06/20 19:18 ]  未分類 | TB(0) | コメント(6)

空梅雨で節水の呼びかけ


      2017年6月19日(月)



   夕方帰宅してバラの花柄摘みをしていると


   市の広報車がダムの貯水量が減少しており


   節水を呼びかけて巡回している


   毎日バラへの水やりで90ℓ程使用しているのが


   申し訳なくなる


   予報だと明日の夕方より雨になるとのことで


   ダムへの水の供給と植物達への慈雨になることを願う

DSCN3329.jpg

DSCN3330.jpg

   数日前からカサブランカが咲き始める


   バラと違う甘い香りが漂う

DSCN3326.jpg

   コフキコガネがバラの葉を食べている


   コガネムシの幼虫はバラの根を食べ枯らしてしまう


   憎き害虫なので成虫を即捕殺する

DSCN3320.jpg

   ディスタント・ドラムスは早くも3番花

     
   外弁がピンクで内側がアプリコットの色合いが好きだ




    スカルラッティ 「私は心に感じる」です


    "  私は感じる 心の平和を

     かき乱そうとする苦しみを

     一つの松明が輝き魂を燃やす

     もし今それが恋でないとしても

     きっといつか恋になるだろう "

 [ 2017/06/19 20:35 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

雑草取りで汗びっしょり

 
      2017年6月17日(土)



   空梅雨が続いており連日真夏のような天気


   鉢植えのバラには毎日水やりを行うが


   久しぶりに地植えのつるバラにも水やりする


   水やりするだけで汗がにじむ

DSCN3334.jpg
   
   猫のフン害防止で網を張っていた家庭菜園

DSCN3335.jpg

   インゲンもこれだけ成長すれば猫の被害も無いだろうと


   網を除去する 


   今までバラの枝を置いたり猫の忌避剤を撒いたりしたが


   網を張ったのが一番効果があった


   残っていた花壇と通路の雑草取りを行う


   しばらく雨も降っておらず花壇の雑草もグッタリしている


   作業の合間熱中症対策にこまめに水分をとる


   午前中に始め3時過ぎに一段落つく


   汗まみれでシャワーを浴びてさっぱりする


   阪神VS楽天戦を見ながら昼食 ビールがうま~い


   残念ながら阪神の負け 明日は勝ってくれ!

DSCN3327.jpg

   つるバラのパパメイアンの2番花


   ダマスクの香りが一番好きだ

DSCN3328.jpg

   センティッド・エアー こちらも香り抜群

DSCN3332.jpg

   ミステリューズの2番花 


   1番花に比べやや小ぶり

DSCN3331.jpg

  ニューウェーブはだいぶ傷んでいる

DSCN3313.jpg

    ラプソディー・イン・ブルー


   バラゾウムシの被害をかなり受けるが健全な蕾が花開く


   

    ガーシュイン 「ラプソディー・イン・ブルー」です 
    
 [ 2017/06/17 22:02 ]  未分類 | TB(0) | コメント(4)

2番花咲き進む

     2017年6月15日(木)



   昨日と今日人手が足りなくなり作業の手伝いをする


   炎天下で直ぐに汗びっしょりになる


   日陰も無く風も吹かず熱中症にならぬよう水分補給


   バラの2番花が次々と咲き始めてきた

DSCN3314.jpg

    ザ・ダーク・レディー

    香りが良くお気に入りのバラだが写真に撮ると


    赤系統はボケてしまう

DSCN3316.jpg

    ドフトボルケ こちらもボケてしまう

DSCN3317.jpg

   フリージャ 香りは良いが綺麗に咲いてないな~

DSCN3318.jpg   
    センチメンタル 最初に入手した絞りのバラ

DSCN3321.jpg

   ボレロ 多くのプロの栽培家が推薦していたので


   2年前入手したのだがやや期待外れ



   ラヴェル 「ボレロ」です

 [ 2017/06/15 19:27 ]  未分類 | TB(0) | コメント(4)

バラゾウムシの被害続く

 
      2017年6月13日(火)




   梅雨に入ったのだが中休みとのことで雨は降らず


   曇り空で最高気温も25℃でバラ鉢への水やりはせず


   最近朝夕のバラの点検で手を焼いてることが・・・

RSCN3302.jpg

     バラゾウムシが多数現れる

RSCN3303.jpg

    多い時で1日20~30匹を捕殺する

    体長が3mm位なので目を凝らさないと発見できない

DSCN3296.jpg

   被害にあったパウロ二世の蕾 5つもやられる

DSCN3310.jpg  

  ラ・フランス この蕾には12匹も群がっていた


  バラゾウムシは好みがあるようでパウロ二世は被害甚大


  ヨセフスコート ラプソディー・イン・ブルー


  ラ・フランスなどに多く群がっている

DSCN3311.jpg

    新芽も被害にあう

   昨年までにもバラゾウムシはいたのだが今年は


   2番花の蕾が膨らみ始めてから急に増えてきた


   薬剤散布をしてないので大量発生したのだろうか


   代替品として自然素材から作られたニームオイルや


   アグリチンキを利用している 最も殺虫効果はなく


   忌避剤をうたい文句にしているので


   こまめに散布しなければ効果はないのだろう


   ずぼらな正確なもので4月に2回だけ散布


   遅きに失した感があるが休みの日に散布しよう




  グリーグ「ペールギュント」第1組曲より


    「山の魔王の宮殿にて」です
 [ 2017/06/13 20:39 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

初めて聖書に触れ読んだ箇所

 
      2017年6月11日(日)



   未明から雨が降りだす 土砂降りにならないように


   願いながらウトウトと眠りにつく


   朝には雨も上がり教会へ行く


   今日は「花の日 子供の日合同礼拝」とのことで


   幼児が数人参加している


   説教はマタイによる福音書6:25-34

  
               " why worry about clothes?

           Look how the wild flowers grow.

               They don't work hard to make their clothes. "


            「なぜ、衣服のことで思い悩むのか。

    野の花がどのように育つのか、注意して見なさい

    働きもせず紡ぎもしない」 6:28


    人間の美しさは外見でなく心の美しさで

    それは心に花が咲くことであり

    花が咲くことにより顔の表情が輝き優しくなるとのこと


    私が高校時代に公民館で聖書の集いがあり
 
    初めて聖書に触れその時のお話がマタイによる福音書

    6:25-34でした


    全ての聖句が衝撃的で特に「空の鳥をよく見なさい・・

    は詩のように美しく心に響いた

    一時は6:25-34を暗記していたがすっかり忘れた

    改めて読み直してみると当時が蘇り聖書の中でも

    格段に好きな箇所だ


    昼から家庭菜園に植えた大根の間引きや


    トマトやキュウリを植えている所の雑草取りをする

   
    蒸し暑く汗がにじむ 夕方までに何とか終える

DSCN3250.jpg

  アーチのゴールデン・セレブレーション2番花

DSCN3265.jpg

   数日前に咲いたつるバラ スーパースター

   名前に惹かれ入手したが名前負けかな?

DSCN3266.jpg    

   クチナシの花も咲き始める 香りが良い

DSCN3267.jpg

   百合も咲く 名前知らず

   毒々しい色であまり好きではない


   
  
   バッハ 「マタイ受難曲」より


    第39番「憐れみたまえ 我が神よ」です

 [ 2017/06/11 21:58 ]  未分類 | TB(0) | コメント(6)

バラの鉢増し


      2017年6月10日(土)



   朝8時より町内の側溝の消毒を行う


   主に蚊の駆除を目的としており来月もう1回行う


   完全に駆除は出来ず毎日朝夕の庭の見回りには


   蚊がうるさく付きまとう


   10時過ぎからバラの鉢増しに取り掛かる


   先日NHKの「趣味の園芸」で木村卓功さんが


   一番花が終わったら鉢増しを薦めていた


   今までは冬の剪定時にだけ行っていたが


   株を大きく丈夫に育てるために良いらしい

DSCN3287.jpg

   ラ・マリエ 7号鉢に植えている

DSCN3288.jpg

   底石を取り除く 白い根がビッシリで成育良好

DSCN3289.jpg

   8号鉢に植え替えた

DSCN3283.jpg

  7号鉢のラプソディ・イン・ブルー

DSCN3285.jpg

   こちらも白い根がビッシリ

DSCN3286.jpg

    8号鉢に植え替えた

DSCN3292.jpg

   新苗のジャクリーヌ・デュ・プレ


   6号鉢から7号鉢へ植え替えた


   5時過ぎまで大苗の鉢増し13鉢


   新苗の鉢増し11鉢を行う 赤玉土がなくなり


   新苗が後3鉢残った 自分ながら驚いたのは


   この春に新苗を14株も入手していたのだ


   抑制しなければ・・・





   ベートーヴェン 交響曲第6番「田園」より


     第3楽章「田舎の人々の楽しい集い」です



 [ 2017/06/10 20:00 ]  未分類 | TB(0) | コメント(0)

今宵はストロベリームーンとか

 
      2017年6月9日(金)



    今宵は満月で赤っぽく見えることから


    「ストロベリームーン」と呼ばれているとのこと


    冬に比べ高度が低く夕焼けと同じように光の屈折の


    影響で赤っぽく見えるらしい


    検索で20時頃が見ごろとかとで楽しみにしていたが


    阪神VSソフトバンク戦を観戦していてすっかり


    忘れていた 残念ながら0-3で阪神の負け


    終了後思い出し10時前に撮影する

DSCN3279.jpg

  すでに相当昇っており通常の満月と変わらない色合いかな?

DSCN3282.jpg

  銀色に輝く中秋の名月に比べ暗く黄色っぽい?



   ドビュッシー 「月の光」です
 [ 2017/06/09 22:32 ]  未分類 | TB(0) | コメント(0)

バラハタマバチの虫コブをカットしてみた

 
      2017年6月8日(木)



   最近ネタ切れでブログの更新もままならず


   もう一つの要因はTVでのプロ野球観戦


   私は根っからの阪神フアンで現在2位の好位置


   中継日はTVに釘付けになっており一喜一憂している


   今も阪神VSオリックス戦を見ながらの作成


   今日更新する気になったのはmiyakoさんのブログで


   「虫コブ」を取り上げており我が庭で発見した虫コブは


    どうなっているか観察してみた

P6080404.jpg

   一週間後に見るとザクロのように虫コブが割れている

   
   割れたものと丸いものを採り

P6080406.jpg

    左側が丸いままの虫コブ 右側が割れた虫コブ


   半分にカットし幼虫がいるか調べてみるが見当たらず


   くぼんでいる部分は幼虫が食べたのでは?


   見た目 感触は果実そのものだ

P6080407.jpg

   両方とも更にカットしてみる

P6080409.jpg

    それらしきものが? 1mm位しかないので


    虫眼鏡で見たが目が悪いためか良く分からない


    後日また調べてみることにしよう




  ベートーヴェン 交響曲第6番「田園」より


      第2楽章「小川のほとりの情景」です

 [ 2017/06/08 19:54 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

何これ?


      2017年6月3日(土)



   今月は土日が全て休みなので気分的に楽だ


   朝寝坊を楽しむつもりが普段と変わらぬ時間に目覚める


   のんびり朝食を取りやぶ用で出かける


   10時頃より先週準備した家庭菜園にインゲンの種を蒔く


   撒き終わってから猫が入らないように網をかける


  と言うのは昨夕庭仕事をしていると隣の奥さんが呼ぶので


   家庭菜園へ行くと隣の猫がフンをしている最中


   処理をして盛んに謝るので「いいですよ気にしないで


   下さい」と答える 明日野菜の種を蒔くので


   網をかけておきますと話す 果たして効果は?



  つるバラの花柄摘みをしていると不思議なものが

DSCN3263.jpg

   ポールズ・ヒマラヤン・ムスクの葉裏に


   初めて見る奇妙なものが付いている


   大きいものは5mmほど突起もある 


   果実の様にも見えるが虫の卵だろうか?


   作業が終わり最初 蝶の卵で検索するも該当なし 


   蛾の卵も無し 昆虫で検索してみると似たような


   写真があり「バラハタマフシ」とのこと


   バラハタマバチという蜂が葉に卵を産むと植物細胞が


   変形してできる虫コブで中に幼虫がいて葉が落下し


   越冬して春に羽化するとのことです

 
    写真1:バラハタマバチのメス成虫


      バラハタマバチ 体長3mm

         (森林総合研究所)より拝借


   この虫コブとバラハタマバチの存在は初めて知った


   今までは知らないことがあると図書館へ行っていたが


   PCだと居ながらにして解決でき有難いものだ




  ベートーヴェン 交響曲第6番「田園」より


  第1楽章「田舎に到着した時の愉快な感情の目覚め」です
 
 [ 2017/06/03 20:36 ]  未分類 | TB(0) | コメント(8)

咲き始めた2番花

 
     2017年6月1日(木)



   朝夕庭の見回りで特にバラの観察をするのが日課


   花柄摘みをした枝から新芽が伸び小さな蕾が出来る


   それに合わせるかのようになりを潜めていた


   バラゾウムシが現れ昨日は10匹以上捕殺する


   一方春先に大量発生したアブラムシがいない


   どうもバラの開花中はあまり見かけない


   新芽が出始めたのでまた現れるだろう

DSCN3247.jpg

DSCN3246.jpg

    フランシス・デユプリュイの2番花

    ダマスクの香りが鼻孔を刺激する

DSCN3244.jpg

    こちらも2番花のディスタント・ドラムス

    色合いに魅了される

DSCN3239.jpg

    アブラハム・ダービー だいぶ咲き進んだ2番花

DSCN3233.jpg

    サハラ’98 UPするのを忘れていた

    今年は花数が少なかった

DSCN3248.jpg

   うらら   色合いと形はベスト 微香


   他のバラ達も2番花へ向け蕾が膨らんできているので

   楽しみが出てきた

   


   ショパン 「ノクターン第8番」です

 [ 2017/06/01 20:31 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)
プロフィール

Author:花咲かじい
大分県在住 
休日は好きなクラシックを流しながら
庭仕事をしています。
バラと野菜作りがストレス発散になっています。

カテゴリ
訪問数
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR