バラと友に

春に咲きほこるバラを見て自分も癒され、道行く人にも喜んでもらえるのは 素晴らしいものです。

花壇も華やいできた

 
      2017年3月26日(日)



   3月も下旬だというのに肌寒い一日だった


   午前中は例によって教会へいく


   説教は新約聖書 マタイによる福音書17:1-13


        "There in front of the disciples, 

                Jesus was completely changed.

                His face was shining like the sun,

                and his clothes became white as light."


           「イエスの姿が彼らの目の前で変わり、

    顔は太陽のように輝き、服は光のように白くなった」


   イエスが3人の弟子たちを連れ山上に登ると


   上記の事が起こりさらにモーセとエリヤと語らうのを見る


   この場面を経て生きて人を救う道から

  
   死んで人を救う道を歩まれるようになったとのことです


   
   昼からは雑草取りなどの庭作業をする


   予報通り夕方雨が降り出し退散する


   普段はあまり相撲中継は見ないが稀勢の里が気になり


   照ノ富士戦を見る 横綱は肩を負傷しているため


   勝のは無理だろうと思っていたら勝利だ


   思わず「やった~」と叫んでしまう


   優勝決定戦でも勝ち賜杯をもぎ取った


   何という精神力なんだろう 相撲を見てこれほど


   感激したことは初めてだ


   表彰式の稀勢の里の涙にもらい泣き


   久々の日本人横綱の負傷に耐えての優勝に全国で


   歓声が上がったことだろう

DSCN2539.jpg

  いつの間にかチューリップの花が開花直前になる

DSCN2544.jpg

  ヒヤシンスは開花中で甘い香りを漂わせる

DSCN2535.jpg

  こちらのヒヤシンスは数年前に植えた


  花がだいぶ小さくなった

DSCN2547.jpg

DSCN2548.jpg    

  こちらは2年目のチヨノドクサ

DSCN2546.jpg


   アネモネも花開く

   花壇もだんだんいろんな花が彩を添えてきた



   バッハ 「マタイ受難曲」より

      第62曲「いつの日かわれ去り逝くとき」です

スポンサーサイト
 [ 2017/03/26 20:54 ]  未分類 | TB(0) | コメント(0)

バラの苗を見たら入手してしまう

 
      2017年3月25日(土)



   今月は毎週土日が休みになった


   バラの新苗のシーズンになり入荷しているか確かめに


   福岡県行橋市の激安店へ行く 車で45分かかる


   相変わらずお客さんが多い


   冬場に比べ色とりどりの花苗が並んでいる


   バラの大苗と新苗が80株ほどある

  
   こんなに多くの苗が置いてあるのは初めてだ
  

   知らないバラも多くタグの名前と写真を見ながら


   全ての苗を楽しみながら見終わる

DSCN2530.jpg


   ちょと貧弱な大苗 レオナルド・ダ・ヴィンチ


   新苗のレディ・ヒリンドン OR 四季咲き 強香


   ジャクリーヌ・デュプレ OR 繰り返し咲き 中香


   ムーン・スプライト F  四季咲き 強香


   以上の4苗を入手 因みに大苗は580円新苗450円


   ピンク・アイスバーグは他のHCで購入680円

   
   昨年枯らしたので再入手

DSCN2533.jpg

  ムーン・スプライトを植え替える

DSCN2534.jpg

   摘蕾する 昨年は摘蕾した新苗と接ぎ木部分の


   10cm位上でカットした新苗の生長度合いを比べたら


   摘蕾だけの方がベーサルシュートもよく出た


   やはり葉を多く残した方が結果良好

DSCN2531.jpg

  有名なチェリストの名を冠したジャクリーヌ・デュプレ

  
  前々より欲しかったバラ やっと手に入れる






   マスネ 歌劇「ウェルテル」より


     「春風よ なぜ私を目覚めさせるのか」です

 [ 2017/03/25 21:27 ]  未分類 | TB(0) | コメント(4)

ユキヤナギの白さに目を奪われる


      2017年3月20日(月)




    手間暇のかかったバラの植え替え作業が終わり


    休日はもっぱら花壇や庭の雑草取りがメインになる


    腰が痛くなるので時々腰を伸ばしながら続ける


    あまり好きな作業ではないが綺麗になった庭は


    気持ちの良いものだ

DSCN2511.jpg

DSCN2515.jpg
    
   ユキヤナギが咲き誇っている


    昨年より花数が多くなっている

DSCN2512.jpg


DSCN2513.jpg
  
DSCN2514.jpg


    純白の清楚な花だ 香りがあると申し分ないのだが




  チャイコフスキー バレエ「白鳥の湖」より


     第2幕「グラン・パ・ド・ドゥ」です




 [ 2017/03/20 20:43 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

良く似た花


      2017年3月19日(日)



    PCの調子悪く本日2度目の更新トライ


    2時間前に記事の書き込み中30分フリーズして


    シャットダウンするもこれまた20分近く固まったまま


    イライラは募るばかり


    午前中教会へ行く 説教は


    新約聖書 マタイによる福音書16:13-28


   Simon Peter spoke up, "You are the Messiah,

                    the Son of the living God."


        シモン・ペトロが「あなたはメシア、生ける神の子です」


   と答えた   マタイによる福音書 16:16


   この聖句はイエス一行がある地方へ行った時


   人々がイエスの事を洗礼者ヨハネ、預言者などと


   言ったことに対し「私は何者だ」と弟子たちに問い


   ペトロが答えた箇所です


   それはイエスに対する正しい理解をペトロが示した


   信仰告白でそれによりイエスから祝福を受けたとのこと



   昼から庭の雑草取りをする


DSCN2503.jpg

DSCN2498.jpg


   オオイヌノフグリ 5mm位の小さな花だが

    よく見ると可憐な花だ

  実が犬の陰嚢に似ているので植物学者の牧野富太郎が命名


  名前で損をしている

DSCN2504.jpg   

DSCN2505.jpg

    こちらは園芸種のネモフィラ

    花は3cm位の大きさ一見すると見間違いそうだ  
  
     

   モーツアルト 「聖征者の荘厳晩課」より


   「ラウダーテ・ドミヌム(主を褒めたたえよ)」です


    旧約聖書 詩編117による


    すべての国よ、主を賛美せよ

    すべての民よ、主をほめたたえよ

    主の慈しみとまことはとこしえに

    わたしたちを超えて力強い

     ハレルヤ
 [ 2017/03/19 22:55 ]  未分類 | TB(0) | コメント(10)

春うらら

 
      2017年3月16日(木)



   昨日は北風に身震いするが今日は風のない


   うららかな陽気に春を満喫する
  DSCN2447.jpg

DSCN2448.jpg    
  ネモフィラが花数を増やしてきた

DSCN2455.jpg
 


DSCN2457.jpg

  暖かさに虫も花から花へと飛び回る

DSCN2459.jpg


  チューリプ グングン生長してきた

  花壇にも春の陽射しが降り注ぎ花の競演が始まり


  心ウキウキの季節になる



 
   ドニゼッティ 歌劇「愛の妙薬」より


      「なんて可愛い人だ」です
 [ 2017/03/16 19:58 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

バラの芽が動き出す


      2017年3月14日(火)



   最低気温が5℃を上回るようになり起床も楽になる


   最高気温は13~15℃で推移しており春の兆し濃厚


   梅の花は散り桜の蕾は日増しに膨らんでる


   朝夕の庭の見回りが楽しくなる
   DSCN2462.jpg

 
  バラの新芽を眺める時間が増えてきた

DSCN2460.jpg

DSCN2461.jpg

   成長の早いものは葉っぱが展開している

DSCN2465.jpg


   ベーサルシュートになるであろう芽を見つけた時は


   テンションも上がる


   これから開花に向けて期待が膨らみ続ける



 オッフェンバック「地獄のオルフェ(天国と地獄)」より


        序曲です



 [ 2017/03/14 20:40 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

受難節の礼拝

 
      2017年3月12日(日)



   日曜日3週連続でバラ鉢の植え替え作業をしたため


   久しぶりに教会へ行く


   説教は新約聖書 マタイによる福音書12:22-32


 "Some people brought to Jesus a man who was blind

       and could not talk because he had a demon in him.

            Jesus healed the man, and then he was able to

               talk and see."


 「その時、悪霊に取りつかれて目が見えず口の利けない人が

  イエスのところへ連れられて来てイエスが癒されると

  ものが言え目が見えるようになった」 12:22


   イエスの奇跡を見た人々は二通りの反応を示した


   群衆は皆驚き「この人はダビデの子では」と言った


   来たるべき救い主はダビデの家系から出てくると


   旧約の時代から信じられていたようです


   他方ファリサイ派の人々は悪霊の力を借りていると考えた


   神の御業に驚くことは大いなる感動を意味し


   心の目が開かれることで他人の痛みも分かち合える

  
   説教で「知的関心だけで聖書に触れてないだろうか」と


   話されビクとした 教会へ通い始めて1年半近くなるが


   まだ迷いがあり心底信じられないままだ


   その時が来るまで待ち続けるつもり


   昼から花壇と庭の雑草取りに精を出す

DSCN2454.jpg

DSCN2453.jpg

       蕾だったアネモネが花開く

DSCN2450.jpg
 
DSCN2452.jpg
                 
 
   忘れな草の小さな花が愛らしい



     バッハ「マタイ受難曲 第1部」より

    第1曲 導入の合唱

     「来たれ娘たちよ我と共に嘆け」です  
 [ 2017/03/12 21:10 ]  未分類 | TB(0) | コメント(0)

メジロの食事タイム(2)


      2017年3月10日(金)



    またまたPCの調子が悪くなる


    フリーズ状態が続き更新をあきらめ


    シャットダウンするも40分以上もそのまま変化なし


    仕方なく強制的にコンセントを抜く


    このようなことが2日続き更新意欲も湧かず


    今日はスムーズに動き重い腰を上げ記事を書く

DSCN2441.jpg

   メジロがミカン目当てに毎日やって来る

DSCN2429.jpg

DSCN2433.jpg

DSCN2438.jpg


DSCN2435.jpg


  相変わらずヒヨドリもやってくるが私の姿を見ると


  すぐに逃げてしまう その点メジロの方が慌てずに


  ミカンを啄む お陰で写真も撮りやすい



   ロッシーニ 「弦楽のためのソナタ 第1番」より


        第1楽章です


 [ 2017/03/10 21:52 ]  未分類 | TB(0) | コメント(4)

寒の戻り

 
      2017年3月7日(火)



   昨日から寒の戻りで寒くなる


   特に今日は風も強く時折雨も降り寒さが身に染みる


   そんな中でも花壇の花たちは芽吹き花を咲かせる

DSCN2423.jpg


  アネモネの蕾が色づき間もなく開花

DSCN2420.jpg

  こちらのアネモネはグラデーションがかっている

  どのようになるか楽しみだ

DSCN2418.jpg

DSCN2419.jpg

   芝桜も咲き始める

DSCN2424.jpg

   ノースポールはこぼれ種で増えている

DSCN2421.jpg

   ヒヤシンスが咲き甘い香りを漂わせる

DSCN2422.jpg

  こちらのヒヤシンスも間もなく開花して

  香りの競演になるだろう




  シューベルト 歌曲集「冬の旅」より


       「菩提樹」です

 [ 2017/03/07 19:54 ]  未分類 | TB(0) | コメント(0)

バラの植え替え終了

      2017年3月5日(日)



   平日会えないお客が多く午前中仕事をする


   午後より残ったバラ鉢の植え替えを行う

DSCN2414.jpg

   つるバラは支柱に巻き付けて

DSCN2412.jpg

   ブレンドした土を古い土と入れ替える

DSCN2413.jpg  

   メイン花壇のバラ達

DSCN2415.jpg

   メイン花壇の側面にも並べる

DSCN2416.jpg

  南側には19鉢置いている


  2階建てのお隣さんが近接しているため日当たりは3時間


  西側のバラ達に比べたらまだ良い方だ


     ようやく76鉢の植え替えが全て終わり


   肩の荷が下りる


  休日には一日中庭作業をしていることが多く


  「あなたの庭で過ごす一日は千日にまさる恵みです」

       (旧約聖書 詩編84:11)

   庭作業中は朝から夕方まで昼食もとらず

   ひたすら手を動かしている


   そのためこの聖句を読んだ時は即納得した

 
   英版ではどう表記しているか見ると

         "One day in your temple is better than

                     a thousand anywhere else."

   庭でなく神殿や寺のtempleになっている

   
   庭の意味もあるか調べてみるとなし


   日本語版の誤訳なのだろうか


   そして英版では11節でなく84の10節になっている


   どういうことなのだろうか?



 
   ヨハンシュトラウス 「春の声」です 

 
 [ 2017/03/05 20:26 ]  未分類 | TB(0) | コメント(4)

ジャガイモの植え付け

 
       2017年3月4日(土)




   久しぶりに土曜日が休みになる


   朝一番でお客さん宅へ寄るが留守の様で会えず


   帰宅して庭仕事に取り掛かる

DSCN2407.jpg

  メイクイーン1kg 男爵1kgの種イモ

DSCN2408.jpg

  半分に切る 小粒なのはそのまま


  草木灰を断面につけ日陰で乾かす


DSCN2410.jpg

   10cmほど掘って断面を下向きに置き


    化成肥料を施す

DSCN2411.jpg

   土をかぶせ畝を作る これで植え付け終了


   芽が出るのが楽しみだ

DSCN2409.jpg

  ホウレンソウをとる

  毎年作っているが今年は最高の出来

  次にバラ鉢の植え替え 夕方までかかり

  あと5鉢残すのみとなる


  今日は風も無く春うららで作業がはかどる

  いつもこうだと良いのだが


  

   ベートーヴェン ヴァイオリンソナタ第5番「春」より


      第1楽章です

 [ 2017/03/04 20:13 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

春へ向けて花開く


      2017年3月3日(金)



   昨日の春の嵐と打って変わりポカポカ陽気になる


   雨の後は花粉の飛散が多いとのことで


   鼻がムズムズ目が痒みを覚える


   治っていた花粉症の再発かと危惧したが一瞬だけで


   その後は何ら症状が出ず安堵する


   数日前より新顔の登場

DSCN2400.jpg

DSCN2399.jpg

   クロッカスが花開く

   数年前植えていたが翌々年には消滅し

   昨冬値下げしていた球根を求め植える

DSCN2401.jpg

DSCN2402.jpg

DSCN2403.jpg  

   バラ咲きのプリムラ・ジュリアン


   花期が長く楽しめる花だ

DSCN2404.jpg  
  
DSCN2405.jpg

   プリムラ・マラコイデス

   春へ向けて花数が多くなる

DSCN2406.jpg


   ジギタリス  こぼれ種で増え昨秋より咲き始める


    通常は春に開花するのだが長期に渡って


    咲き続けるのには驚いた



   
    プッチーニ 歌劇「トスカ」より


        「歌に生き愛に生き」です

 [ 2017/03/03 19:55 ]  未分類 | TB(0) | コメント(4)

バラの植え替え作業


       2017年3月2日(木)


   10時過ぎよりフロントガラスに雨が落ちる


   陽射しもあり狐の嫁入りのようだ


   やがて雲に覆われて本降りになり


   昼ごろには風雨が激しく春の嵐かと思われる悪天候


   幸いにも短時間で止み1時過ぎには晴れ間が現れる


   ただ冷たい北風は残る


   
   先週の日曜日は一日中バラの植え替え作業をしていた

DSCN2380.jpg


   ザ・マッカトニーローズがボサボサに伸びる

DSCN2381.jpg


   鉢から抜くと白い根がビッシリ 成育良好

DSCN2382.jpg

   肩と周りの土を落とし根を少し切る

DSCN2383.jpg


   剪定し鉢増しをして植え替える


   この日は作業もはかどり残り20鉢ほどになった


   今度の休みには全ての植え替えが終わるだろう



   リヒャルト・シュトラウス 「ホルン協奏曲1番」より


       第1楽章です  
 [ 2017/03/02 20:44 ]  未分類 | TB(0) | コメント(0)
プロフィール

Author:花咲かじい
大分県在住 
休日は好きなクラシックを流しながら
庭仕事をしています。
バラと野菜作りがストレス発散になっています。

カテゴリ
訪問数
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR