バラと友に

春に咲きほこるバラを見て自分も癒され、道行く人にも喜んでもらえるのは 素晴らしいものです。

最近はまっているもの

 
       2016年11月30日(水)



    早いですな~ 明日から12月あっという間ですね


    庭に咲いてた花を紹介してから本題へ

DSCN1956.jpg

  ランタナ 夏の花のイメージが強いのにまだ咲いている

DSCN1957.jpg

  タカラヅカデュランタ 花期の長い花だ

 
  さて本題 最近ある動画全般にはまっている


  ご存知の方も多いと思います 


  フラッシュ・モブ(Flash mob)です


  次の動画を初めて見て感動しました





  フラッシュ・モブとはインターネット上や口コミで

  呼びかけた不特定多数の人々が申し合わせ

  雑踏の中の歩行者を装って通りすがり公共の場に

  集まって前触れなしに突如としてパーホォマンスを

  行って周囲の関心を引いたのち解散する(ウキペディア)


  2003年ニューヨークで始まり世界に広まったようです


  一人の演奏から大人数になっての演奏


  周りの人は何が起こったのだろうかと興味を持ち


  驚き ほほ笑みなどの表情も撮られ子供が指揮する姿


  見ているこちらもグイグイ引き込まれた


  その場に居合わせたらどんなに楽しかったことだろう


  その後オペラのアリア クラシック演奏 ダンス

 
  ミュージカルなどフラッシュ・モブの動画を見ている


  興味のある方はYou Tubeで「フラッシュ・モブ」と


  検索しますと沢山出てきます    
  
スポンサーサイト
 [ 2016/11/30 19:27 ]  未分類 | TB(0) | コメント(8)

バラが少しだけ咲く


       2016年11月29日(火)




    朝の最低気温が5℃前後になり寒くなる


    出社前に庭の見回りが日課になっている


    ちらほら咲いているバラを

DSCN1953.jpg


  ER  ゴールデン・セレブレイション


   玄関前のプチ花壇に3年ほど前に地植した


   日当たりの悪い場所で成長芳しくない


   スパイシーな香りを漂わせる

DSCN1958.jpg

   つるバラのカクテル

   脚立に上り撮る 人気のあるバラのようで


   香りがないのが残念

DSCN1951.jpg

   つるバラ サハラ’98

    こちらは若干の香りあり


DSCN1955.jpg

   ナエマは相変わらずシュートの先に咲き


   香りを楽しめず


DSCN1954.jpg


   フリージャ 1輪だけひっそりと咲く


   最近バラの手入れを怠っており 施肥もしておらず


   それが如実に表れ咲いているバラは少しだけ


   なかなかバラの手入れモードにならない

   


   モーツアルト 歌劇「フィガロの結婚」より


       「序曲」です 

 [ 2016/11/29 19:36 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

中津に来て初めてのクラシックコンサート

 
       2016年11月27日(日)




    のんびりと新聞を見ながら朝食をとる


    外は昨夜からの雨がかなり強く降っている


    迷ったが雨の降りしきるなか教会へ向かう


    説教は旧約聖書 イザヤ書2:1-5


   "THEY SHALL BEAT THEIR SWORDS INTO

            PLOWSHARES. AND THEIR SPEARS INTO

            PRUNING HOOKS. NATION SHALL NOT LIFT

            UP SWORD AGAINST NATION, NEITHER

            SHALL THEY LEARN WAR ANY MORE."

                                                                  ISAIAH


       「彼らは剣を打ち直して鋤とし

       槍を打ち直して鎌とする。

       国は国に向かって剣を上げず

       もはや戦うことを学ばない」イザヤ書2-4

  
    この聖句は

RSCN1942.jpg


  NYの国連ビルの「イザヤの壁」に刻まれてるようです

   2度の世界大戦を通して世界は悲惨な目にあいました

  「もう戦争は止めよう武器を捨て剣を鋤に替え

   槍を鎌に替えよう」との願いが込めれれている


   今なお世界各地で紛争・テロが後を絶ちません

   この聖句を噛みしめてほしいものです

   世界の究極の平和は十字架の救い主イエス・キリストの

   もとに全ての人が集まり、その御言葉を聞き

   示される愛の道を歩むことによってもたらされるとのこと


   この聖句は以前読んだとき心に響いていたため


   牧師さんの説教で理解が深まり感銘を受けた


  今日は昼から楽しみが

DSCN1939.jpg


   隣町の吉冨町でクラシックのコンサート


    バッハ 2つのヴァイオリンのための協奏曲ニ短調


    ベートーヴェン ロマンス第1番 ロマンス第2番

    
    ベートーヴェン  交響曲第7番


    大分に来て8年程になるがクラシックコンサートは


    初めてでいやがうえにも期待が高まる


    バッハの協奏曲はN響のコンサートマスタである


    篠崎史紀さんと九響のコンサートマスターの


    扇谷泰朋さんと九響メンバーの演奏


    音が鳴った途端 欲していたものに久しぶり出会い


    シビレが来るように感じた


    ロマンス1番は扇谷さんの演奏 甘く切ない


    ロマンス2番は篠崎さん 音の何と綺麗なことだろう


    心が振るわさせられる しばし桃源郷の世界


    休憩時間にロビーでお客さんに会い音楽談義


    後半はベートーヴェンの交響曲7番


    ヴァイオリンソロの二人に九響のメンバー総勢33名


    第1楽章から馴染みのある音が響く

    
    第2楽章 流麗なメロディー


    第3.4楽章は躍動感のある演奏でホール全体に響く


    ラスト近くになると興奮して鳥肌が立つ


    演奏後 万雷の拍手


   アンコールがモーツアルトの「フィガロの結婚 序曲」


   願ったりかなったりの曲で興奮も最高潮


   東京在住の頃はオペラ・バレエ・コンサートと楽しんだ


   田舎に来てからは自然豊かなのは満足だが


   唯一の不満はクラシック音楽に触れる機会が皆無状態


   今回やっと生の音楽に接し禁断症状が少しだけ和らぐ


   我が町はこういう文化面が非常に遅れている


   少なくとも1年に1回位は開催して欲しいものだ

   


   ベートーヴェン 「ロマンス 第2番」です                 

 [ 2016/11/27 20:19 ]  未分類 | TB(0) | コメント(6)

花苗の植え付けと庭木の剪定


       2016年11月26日(土)



    昨夜は仲間内で早めの忘年会を行う


    久しぶりに旧交を温め酔いの回りも早くなる


    気兼ねなく語り合え有意義な時間が持てた


    今朝はゆっくり朝食をとり庭作業に入る

DSCN1926.jpg

   昨日入手した花苗

DSCN1928.jpg


DSCN1929.jpg


   スイートアリッサム 甘い香りが好きで


  毎年花壇の縁取りに植えている 


  傍を通ると得も言われぬ香りが漂う

DSCN1932.jpg


  こちらも定番のジギタリス


  何色か分からず残念 その分期待が高まる

DSCN1933.jpg

  デルフィニウムも欠かせない花だ


  3株を別々の場所へ植える

DSCN1927.jpg

  HCで3割引きで販売 ためらわずにゲットする


  タヒチと言う品種は初めてなので来春に


  実物を見るのが楽しみだ

DSCN1935.jpg


  ここは今までチューリップの定位置だったが


  今年は水仙に場所を譲る



  先週庭木の剪定が出来なかったため取り掛かる


  メインの花壇に中津市の「市木」であるナノミが


  3本ある この木は生長旺盛で年に3~4回も剪定


  選定した枝を細かくカットしてゴミ袋へ


  夕方には終え肩の荷が下りヤレヤレ




   フォーレ 「シシリエンヌ」です

 [ 2016/11/26 18:52 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

久しぶりのニューウェーブ・ボレロ


       2016年11月23日(水)



    休みの日は少しだけ寝坊を楽しむ


    7時に起床しカーテンを開けると


    厚い雲が垂れ込め夕方のように暗い


    のんびりと朝食をとっていると小雨が降り出す


    予定していた庭木の剪定作業はあきらめる


    幸いにも昼前に雨も上がりグリーンピースの苗が


    10cmほどに生長してきたので支柱を立て


    ネットを這わせる 庭作業はこれで終わり


    やぶ用ができ夕方まで出かける


    最近バラの手入れも殆どしていず


    葉を落とし裸同然の状態だが僅かに

DSCN1914.jpg

DSCN1915.jpg

    ニューウェーブが久しぶりに咲く


    淡い藤色と波打つ花弁が魅力的なバラ

DSCN1916.jpg

DSCN1917.jpg
  
   これまたボレロも久しぶりに咲く

DSCN1918.jpg

  ボレロの蕾が数個あるので楽しみだ

DSCN1920.jpg  
  
   ナエマがシュートの先に咲き匂いがかけず残念だ

DSCN1922.jpg    

DSCN1925.jpg    

  つるバラのアンジェラは春ほどではないが


  たくさんの花をつける 
  


ワーグナー 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より


     優勝の歌「朝はバラ色に輝き」です
 [ 2016/11/23 18:06 ]  未分類 | TB(0) | コメント(4)

旬のワタリガニをいただく

       2016年11月20日(日)



    今日は仕事が入り教会へは行けず


    朝食をとっているとき知り合いの魚屋さんが来られ


    先日沖縄のお土産のお返しに

DSCN1908.jpg

   ワタリガニとエビをいただく
 DSCN1906.jpg

  ワタリガニは20cm以上の大物だ 車エビが一尾

DSCN1907.jpg


   こちらのエビも数十尾


   両方とも生きておりエビは跳ね回る


   ワタリガニは今が旬なようで食するのが楽しみだ


  
   仕事でお客さん宅へ行くと

DSCN1911.jpg
 
   広い庭に皇帝ダリアが4ヵ所に植えてある

DSCN1913.jpg
   
DSCN1910.jpg

   今が満開のようで見事な景観だ


   我が家でも数年前まで植えていたが


   猫の額ほどの庭では場所をとりすぎるため断念する


   花の好きなご主人としばし花談義をする


   仕事を終え「自由市場」へ立ち寄り


   農家から直接仕入れているため野菜が安く


   大根やホウレンソウその他の野菜を買い帰宅する

  


  ヘンデル オラトリオ「マカベウスのユダ」より


     「見よ 勇者は帰る」です

     スポーツの表彰式でお馴染みの曲ですね



 [ 2016/11/20 20:28 ]  未分類 | TB(0) | コメント(10)

デコポンを鉢植えする


       2016年11月19日(土)




    先週花苗を入手するため行橋市の激安店へ行く


    いつもより数が少ない


    スイートアリッサムやビオラ苗などが欲しかったが無い


    折角来たので予定してなかった苗を買う

DSCN1866.jpg

   牡丹 不知火(デコポン)ジギタリス スターチス

DSCN1868.jpg


  不知火(デコポン) 大型のHCでは980円


   こちらの店では398円 前々から欲しかったので購入


   店員さんからは地植えの方が良いと言われたが


   植える場所が無く鉢植えにした


   4年位で実がなるようだが鉢植えでも大丈夫かな?

DSCN1869.jpg

   牡丹も鉢植えにする

DSCN1872.jpg

  花壇にはこぼれ種から生長した数株あるが


  2苗買ったジギタリスを植える

DSCN1873.jpg


  スターチスも2苗場所を変え植える


  昨夜から降り続いた雨が未明には暴風雨になる


  おまけに雷も伴いひっきりなしに雷鳴がする


  ドドーンと爆弾でも落ちたかのように落雷


  ごく近くに落ちたようで怖くなる


  30分ぐらいは続いただろうか雨はまだ降っている


  朝目覚めたときには止んでいた




   ヨハン・シュトラウス二世 ポルカ「雷鳴と稲妻」です
 [ 2016/11/19 20:22 ]  未分類 | TB(0) | コメント(0)

沖縄を去る

 
       2016年11月18日(金)




    沖縄滞在最終日(11月10日) 


    旅行カバンとお土産品をホテル内の日通で


    自宅へ送ってもらう


    今回初めて往復とも荷物を送り手ぶらのまま


    航空に到着しても荷物を受け取る手間がはぶけ


    身軽く移動できる便利さを実感する

    
    ホテルをチェックアウトしレンタカーで


    国際通りをはしる

DSCN1840.jpg

  信号待ちをしている間に写す 

DSCN1842.jpg


  修学旅行らしき学生が大勢散策していた

DSCN1843.jpg

   昨年訪れた「上原正吉の店」

   沖縄民謡がライブで聴け楽しく過ごせた

DSCN1847.jpg

DSCN1848.jpg

   アラマンダが彩りを添える

DSCN1846.jpg

    波の上神社 本殿はパスする

DSCN1845.jpg

  近くに波の上自動車学校がありその前に


  ガジュマルの並木があった 気根がぶら下がっている


  ここで姿は見えぬが鳥が盛んに囀っていた


  後で分かったが先日UPしたイソヒヨドリだった


  PCの調子が悪く書き終えるのに1時間以上かかる


  ストレスが溜まってしまう

 
  


   トマ 歌劇「ミニョン」より


     「君よ知るや南の国」です


 [ 2016/11/18 19:40 ]  未分類 | TB(0) | コメント(0)

沖縄滞在2日目砂浜に降り立つ


       2016年11月17日(木)



    沖縄滞在2日目(11月9日)の後半です 


    那覇より西海岸の58号線を北上


    中央の高速道路は利用せず海が眺められる


    海岸線をのんびりと行く

DSCN1835.jpg

  砂浜に降りる 曇り空だが綺麗な海に感動

DSCN1831.jpg


  砂浜も白い 天気が良ければもっと白く輝いていただろう


  我が街の砂浜は黒くヘドロが溜まっているかのようで


  雲泥の差で砂をすくって感触を楽しむ

DSCN1829.jpg

 子供の頃このような岩から海に飛び込んで泳いでいた

DSCN1830.jpg

  岩を取り囲むように波が打ち寄せる


  それを眺めているだけで安らぎを覚える

DSCN1832.jpg


   砂とサンゴのカケラや小石をレジ袋に入れ持ち帰る


   充分に堪能して去る
 


   昼食をとるため評判の沖縄そばやへ寄るが


   2軒とも定休日で「ハワイ」と言う店で

DSCN1837.jpg


  沖縄そばを注文する 三枚肉とソウキ(骨のついた肉)入り


  昨日食べた沖縄そばより美味しい


  出汁の効いたスープとろけるような肉モチモチした麺


  三拍子そろっていて大満足 毎日食べても良い味だ

DSCN1839.jpg


  食後「ぜんざい」を一皿注文し分けて食べる


  子供の頃よく食べていて懐かしい味に出会う


  ゆでた小豆と汁にかき氷を載せていて沖縄特有のデザート


  その後3軒の親戚を訪ね昔話を交わす


  昨年亡くなった従兄弟にお線香をあげ安堵した


  帰りは高速道路を利用する


  運転してくれた従兄弟宅により楽しい夕食会を行う



  ビゼー 「アルルの女」 第2組曲より


      「パストラール」です
 [ 2016/11/17 21:24 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

十六夜の月

 
       2016年11月16日(水)



   一昨夜のスーパームーンは悪天候のため


   ほんの一瞬しか見えず期待外れであった


   昨夜は8時頃まで雲が漂い姿見えず


   9時半ごろ外に出てみると雲もなく月が輝いている

DSCN1892.jpg


    十六夜の月だ 

    見た目は満月と変わらないように思えるが・・・


    十六夜(いざよい)の月は十五夜より約50分遅く


    ためらい(いざよい)ながら上がるためだそうだ


    検索するまで(いざ酔い)と思っていて


    月見をしながら酒を飲みほろ酔いになった状態を


    さして(いざ酔い)と解釈していた


    勘違いして覚えていることは他にもあるかも

DSCN1895.jpg


  上部の方にクレータが確認できる

DSCN1894.jpg

  下部の方にはクレータから放射線が伸びる

DSCN1898.jpg

  左上部

DSCN1897.jpg

   右側にもクレータ

   しばし十六夜の月を観賞して退散する

DSCN1900.jpg


  けさ7時前西の空にまだ月が出ていた


  写真を見て疑問点が2つ


  西の空にあった月は白っぽかったのに赤く染まっている?


  下部の放射線が左側に90℃移動


  月が東から登り西へ沈むのは分かるが


  月の自転による影響か?



  ドビッシー 「月の光」です
 [ 2016/11/16 19:47 ]  未分類 | TB(0) | コメント(8)

沖縄滞在2日目

 

       2016年11月15日(火)



    
    沖縄滞在2日目は西海岸の58号線を北上する


    目的は美ら海水族館近くの本部町の親戚と


    昨年52歳の若さで亡くなった従兄弟宅訪問


    ホテルを従兄弟の運転で10時に出発


    2日目も天候悪く時折小雨も降り風も強い


    途中寄り道しながら向かう

DSCN1811.jpg

   万座毛 像の鼻のような岩壁が特徴だ

DSCN1814.jpg


   強風で海が荒れ鼻と岩壁の空洞の所まで波が上がる


   見物している場所は吹き曝しで早々に引き上げる

DSCN1815.jpg


   駐車場へ戻る両側にアダンの実が生っていた


   パイナップルと間違える人が多いようだ


   こちらは食用にはならない


   子供の頃アダンの葉っぱで風車を作ったのを思い出した


   縁にあるトゲは内側に5mmほど葉を縦に割くと


   トゲが付いたまま綺麗に除ける

   
   万座毛(万人が座れる原っぱ)を後にして

DSCN1823.jpg


  万国津梁館(ばんこくしんりょうかん)へ立ち寄る

DSCN1817.jpg


 2000年沖縄サミットが行われ各国の大統領や首相の顔ぶれ

DSCN1821.jpg


  この部屋で会議が行われたそうです


  (1枚目のシーサーのある建物とは別の建物)

DSCN1816.jpg


  晴れていればエメラルドグリーンの海が見えただろう


  ガラスは要人を守るため防弾ガラスとのこと



DSCN1824.jpg

   舗道に始めて見る鳥がいた 従兄弟に聞くと

DSCN1827.jpg


  イソヒヨドリと教えてくれた


  しばらくポーズをとってくれ撮り終わるのを確認?すると


  飛び去った 有難う



  普通のヒヨドリは地味な色で鳴き声もうるさい


  イソヒヨドリは綺麗で鳴き声も素晴らしい


  滞在中何度もこの鳴き声を聞いて何という鳥か


  気にかかっていたのが分かりスッキリした



  続きは次回へ


  
  
  ヴィヴァルディ 「フルート協奏曲第1番 海の嵐」です




 [ 2016/11/15 20:09 ]  未分類 | TB(0) | コメント(0)

期待して夜空を見上げる


      2016年11月14日(月)



   今夜は天文フアンならずとも多くの方が期待する


   「スーパームーン」が見られるとのこと


   新聞によると満月として68年ぶりの近さとか


   今年最も小さい4月22日の満月に比べると


   見た目で3割増しとのことで期待も高まる


   しかし我が街は昨夜から降り始めた雨が一日中続く


   夜7時過ぎにようやく止んだが空一面雲に覆われる


   何度か外に出て見上げるが厚い雲が支配する


   9時40分ごろに一瞬だけ姿を現す

DSCN1889.jpg


   雲が流れる中に鈍く輝く月が見えた

DSCN1887.jpg

  雲が一瞬切れ銀色に輝く

DSCN1880.jpg


   手振れでフレームを外れてしまった


   撮影時の月は天頂近く迄登りスーパームーンと


   呼ばれる程大きくは感じられなかった


   30~40秒ぐらい姿を見せ厚い雲の中に消えた


   物足りなさはあるが見れただけ良しとする



  
  ドボルザーク 歌劇「ルサルカ」より


      「月に寄せる歌」です

 [ 2016/11/14 22:30 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

グラハム・トーマスは復活するか?

 
       2016年11月13日(日)




    今日の礼拝は聖餐式があるため休む


    聖餐式は洗礼を受けた人が対象で私は当分の間


    受洗をしないことに決めた それは聖書を読み終え


    疑問が増え理解できないことも多いためだ


    午前中時間が空き10時より庭作業に入る

DSCN1849.jpg


   10月10日に種まきをしたホウレンソウ


   混み合って来たので

DSCN1856.jpg


   間引いて追肥を施し土寄せをする

DSCN1855.jpg


  間引いたホウレンソウ 味噌汁の具にしよう

DSCN1853.jpg


  同じ日に種まきをした大根 成長の度合いが随分違う


  一度間引いているので雑草取りをする

DSCN1851.jpg


  グリーンピースがやっと伸びてきた


  この箇所も雑草取り 腰が痛くなり休みながら続ける


  はつか大根の間引き 追肥 土寄せも行う


  家庭菜園の作業が終わり

DSCN1783.jpg

  コガネムシの幼虫の被害にあったグラハム・トーマス


  先週メネデールを加えた水に浸したまま

DSCN1864.jpg


   ゲンコツ剪定をして一回り小さい鉢へ植え替える


   メネデールを加えて水やりをする


   果たして復活するのか 神のみぞ知る?





  バッハ 「ヴァイオリン協奏曲第2番」より


      第2楽章です

 [ 2016/11/13 19:48 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

沖縄で母の3回忌


       2016年11月12日(土)



   
   母の3回忌で8~10日まで沖縄に行ってました


   兄 妹と3人で行く 兄は歩行に杖を使い長い距離や


   階段の上り下りが困難なため駅と空港に車椅子を手配する


   駅員やJALの職員が車椅子を押してくれ案内する


   至れり尽くせりの対応に兄も大感激


   体の不自由な人もこのような援助を受けられると


   家にとじ込まらず旅にも出られ有難いことだ

DSCN1788.jpg


   那覇空港へ向けて着陸態勢 

 
   沖縄本島が見え気持ちがたかぶる

DSCN1790.jpg


  曇り空だがエメラルドグリーンの海

DSCN1791.jpg


   市街地に近づきやや濁った海になる

DSCN1792.jpg


   福岡出発が40分遅れ那覇空港では着陸順番待ちで


   20分遅れでようやく到着


DSCN1793.jpg


  レンタカーの社員に聞いたお店で昼食


  お店お勧めの沖縄そばを注文


  スープが薄く美味しいとは言えず麺も今一でガッカリ


  4時より霊園で3回忌をする


  お坊さんが大分別府出身で中津の事も良く御存じで


  読経が終わり説教でそのことにも触れ


  心のこもったもので昨年の納骨式のお坊さんより良かった


  霊園の職員が人気のある方だと仰っていたのを納得する


  その後昨年と同じ店で食事会をする


  親戚の方々と1年ぶりに会い有意義な時間が持て


  1時間ぐらいで中座する予定だった従兄弟が


  2時間以上も居てくれ話に花が咲く


  ホテルでベッドで横になるも興奮して寝付けず




 
  ヴェルディ 歌劇「ナブッコ」より


     「行け わが想いよ 黄金の翼に乗って」です


 [ 2016/11/12 20:19 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

グラハム・トーマスが枯れる

 
       2016年11月7日(月)



    昨日の庭作業で衝撃が一つ


    最近バラの手入れがおろそかになっていて


    貴重なバラが葉を全て落とし枝にシワが出来ている

DSCN1779.jpg


          ER グラハム・トーマスの調子が悪い

DSCN1780.jpg


    鉢から出してみると根が枯れている


      ヤツの仕業か? 土を調べると

DSCN1781.jpg


    居た~ コガネムシの幼虫だ

 
    バラの根をかじり枯らしてしまう憎き害虫だ

 
    即 抹殺する

DSCN1783.jpg


   多分復活は無理だろうが一縷の望みをかけて


   メネデールを加えた水に浸す

   
   3年前ERのバラで初購入したのがグラハム・トーマス


   地植えしたのだが1年で枯れた 原因が分からないまま


   今春に再度入手したのだが又しても失敗


   栽培方法が悪いのだろうが当分はこのバラとは縁切りだ


    

       ドボルザーク 「ユーモレスク」です

 [ 2016/11/07 20:17 ]  未分類 | TB(0) | コメント(12)

球根の植え付け

 
       2016年11月6日(日)



   今日も抜けるような青空で最高気温が20℃


   教会では永眠者記念日礼拝を行う


   遺族の方も多数出席されている


   説教は新約聖書 ヨハネによる福音書12:20-33


 "Most assuredly, I say to you,unless a grain of wheat

          falls into tha ground and dies, it remains alone;

                  but  if it dies, it produces much grain."

      「はっきり言っておく。一粒の麦は地に落ちて

      死ななければ、一粒のままである

        だが死ねば多くの実を結ぶ」

 
   以前にもこの聖句の説教を受けた

   「死ねば多くの実を結ぶ」・・・理解しがたい箇所だが

    当時の人は種が死んで発芽すると考えていたようだ

    それは十字架の死と復活を表しているとのことです


    昼より庭仕事をする

DSCN1713.jpg

   だいぶ前に買った球根

DSCN1772.jpg   
 
  教会へ行く前に水を含ませたキッチンタオルに置いていた

   
  ラナンキュラス(左)とアネモネの種が程よく膨らんだ

DSCN1776.jpg
  
DSCN1778.jpg


  チューリップの球根70個を植え付ける


  花壇が5ヵ所あり毎年300個近く植え付けるのだが


  今年は準備しておらず買い足して植える予定

DSCN1774.jpg


  ラナンキュラスの球根を植える まるでバナナのようだ

DSCN1775.jpg

  アネモネの球根も植え付ける 


  夕方になり曇りはじめ何やら雨模様で退散する

 


  
  ラヴェル 「亡き王女のためのパバーヌ」

 [ 2016/11/06 21:02 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

花壇に肥料を投入


       2016年11月5日(土)



   今日も秋晴れの爽やかな一日


   風も無く絶好の庭作業日和だ 午前中やぶ用を済ませ


   昼から庭作業に取り組む

 DSCN1758.jpg
 
DSCN1759.jpg

  3日に雑草取りと竹を除去した花壇

DSCN1760.jpg

   有機石灰を撒き

DSCN1761.jpg


   米ぬか もみ殻くんたん  鶏ふん 馬糞を撒く


   スコップと移植ごてで耕す


   バラの枝を高さ50cm~1m位で誘引しているため


   スコップが殆ど使えず後は移植ごてを使用


   その為2ヵ所の花壇を終わったのが夕方になる

DSCN1764.jpg
  
   終了した花壇 変化なし?

DSCN1763.jpg


   2枚目写真の花壇にはドクダミがはびこっており


   地下茎を除去 全部は取りきれず又発芽するだろう


   明日昼から庭作業の続きをする



   ショパン 「ワルツ第7番」です

 [ 2016/11/05 19:08 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

黒竹を掘り出す

 
        2016年11月4日(金)




    朝の最低気温が7℃になり寒さが増してきた


    それでも日中は爽やかな秋晴れで


    陽ざしに包まれると気持ちもホッコリとなる


    昨日の祝日は庭作業に精を出す


    日射しはあるものの風が冷たく吹き付ける



    花壇の隅に黒竹が生えており地下茎を四方に伸ばし


    至る所から芽が出てあっという間に大きくなる


    特に花壇ではバラや他の花を凌駕しており


    伐採していたが油断するとすぐに新しい芽がでる


    背丈50cm位の所で切ると竹が枯れるとのことで


    試してみる 半年ぐらい放置しておくと枯れた

DSCN1754.jpg
    
   こちらは数十本固まっており4~5ヵ月前に
 
   葉に除草剤かけておいた その後枯れて落葉

DSCN1755.jpg


   悪戦苦闘すること約1時間除去する


   北風が吹き寒い中だったが汗が噴き出た

DSCN1756.jpg


   根まで枯れていた これで竹が生えることはないだろう


   その後夕方まで庭作業を続けた





   アルビノーニ 「オーボエ協奏曲」より


       第2楽章です

 [ 2016/11/04 19:14 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

菊花展に立ち寄る

 
       2016年11月2日(火)



   11月に入り朝夕冷え込むようになった


   昨日しまっていたストーブを出し


   今朝起床して直ぐに点火する


   昼間は日射しが降り注ぎ車内にいると温室にいるような


   暖かさになり ついウトウトとなる


   会社の近くの薦神社(こもじんじゃ)で恒例の菊花展


   3年ぶりに立ち寄ってみた

DSCN1735.jpg


DSCN1741.jpg


DSCN1746.jpg

  相当数の鉢が展示されている

DSCN1739.jpg

DSCN1744.jpg

DSCN1742.jpg

DSCN1743.jpg

DSCN1745.jpg


   菊栽培の事は良く分からないが手間暇をかけ


   大事に育てた結果がこのような見事な花になったのだ


  

    ヴィヴァルディ 「四季」より「秋」です

 [ 2016/11/02 21:48 ]  未分類 | TB(0) | コメント(4)

今日は11月下旬の寒さ


      2016年11月1日(火)



   今日から11月ですか 早いですね


   年々月日の過ぎ去るのが早く感じます


   当地の最高気温17℃だが北風が吹き体感温度は


   もっと低く感じられる 木枯らし1号のようだ


   予報では明日は最低気温が10℃ 霜注意報がでる


   しまっていたストーブを出す 
  

   今年の冬は平年並みかそれとも寒くなるのか?

PB010205.jpg

PB010207.jpg

  久しぶりに夕焼けを見た 明日は良い天気のようだ
   


  ジョルダーニ「カロ・ミオ・ベン いとしい人よ」です

 [ 2016/11/01 19:02 ]  未分類 | TB(0) | コメント(4)
プロフィール

Author:花咲かじい
大分県在住 
休日は好きなクラシックを流しながら
庭仕事をしています。
バラと野菜作りがストレス発散になっています。

カテゴリ
訪問数
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR