バラと友に

春に咲きほこるバラを見て自分も癒され、道行く人にも喜んでもらえるのは 素晴らしいものです。

教会バザー

        2016年2月28日(日)




   日曜日の朝は教会へ行くのが習慣になる


   通常10時20分から礼拝が始まる


   今日は礼拝後バザーが催されるため9時半より開始


   朝いつものように過ごしていて途中で気づき


   慌てて支度30分も遅れてしまう


   教会へ着いた時は牧師さんの説教が始まっていた


   新約聖書 ヨハネによる福音書 6:60-71


     「永遠の命の言葉」

   
   "Lord, there is no one else that we can go to!


           Your words give eternal life."


        「主よ、私達は誰の所へ行きましょうか。


    あなたは永遠の命の言葉を持っておられます。」


   この頃一般の多くの弟子が離れていきイエスが12弟子に


   「あなた方も離れて行きたいか」と問うたとき


   ペテロが応えたのが上記の言葉


   そして12弟子の1人が裏切ることをほのめかす


   それがユダです


   神の御言葉も、堅い御言葉、奥義の御言葉は


   学ぶことも悟ることも難しくまたその御言葉を


   消化させるにも多くの時間がかかるとのことです


   聖書を読んでも理解できないことが多く


   毎回牧師さんの説教を聞くことにより少しづつ


   身についてきているように思う

DSCN0188.jpg


    礼拝後バザーが催された

DSCN0190.jpg 
 
    親子連れが多い

DSCN0191.jpg    
DSCN0189.jpg 

   定番の焼きそば

DSCN0195.jpg 

    室内では日用品や服も販売している


    毎年開催しているようで静かな教会が祭りへ変わる


 
  
   シューベルト 弦楽四重奏曲第13番「ロザムンデ」より


        第2楽章です

   
 
スポンサーサイト
 [ 2016/02/28 21:32 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

アオサギが佇む

        2016年2月27日



     
     仕事で川を隔てた福岡県に良く行く


     いつも利用する駐車場に隣接するため池に


     鳥たちが休んでいる先日UPしたのと同じ鳥かな?


DSCN0162.jpg 

    アオサギが行儀よく佇んでいる

DSCN0163.jpg 

   更にズームすると嘴の先に羽毛が見える


   羽繕いをした証拠だろう

DSCN0164.jpg 

    コサギが太い枝に止まっていた


    夕方に撮ったため全体が薄暗い


    この場所は鳥達のねぐらなのかな




  チャイコフスキー バレエ「白鳥の湖」より


    第2幕  「オデットのソロ・コーダ・情景」です
 [ 2016/02/27 20:47 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

先週の庭仕事

        2016年2月26日(金)




    今朝もかなり冷える バケツの水が凍っている


    出勤途中に見た休耕田の水たまりも氷ついている


    昼からは日射しが降り注ぎ寒さも和らぐ


   DSCN0094.jpg


   先週の日曜日に植えたプリムラ・マラコイデス


DSCN0095.jpg

 
      芽吹いた水仙の球根を植える 

DSCN0096.jpg


     スパニッシュ・ビューティの周りに


     1ヵ月以上前に買ったビオラをやっと植える



 DSCN0100.jpg
  


DSCN0101.jpg




DSCN0102.jpg  



    自己流の剪定だけは済ませる


    植え替えもしなくてはいけないが


    遅すぎるのではと危惧している







     ショパン 「ノクターン 第2番」です



 [ 2016/02/26 20:24 ]  未分類 | TB(0) | コメント(0)

梅一輪咲く

        2016年2月25日(木)




    寒さがぶり返したのか出勤時にみぞれ模様


    雪にはならないだろうがさむ~い


    我が街中津市が毎年花木の無料提供をしている


    3年前に枝垂れ梅を頂き鉢植えにしている

DSCN0149.jpg


   一輪目が花開いた

DSCN0151.jpg 

DSCN0152.jpg 

    花壇のアネモネの蕾が膨らんできた

DSCN0153.jpg


   ヒヤシンスも間もなく花開くだろう


   


     モーツアルト「春への憧れ」です


       おいでよ春よ木には緑を

   
       川辺には可愛いスミレの花を


    再び春の花咲く日みんなで楽しく遊びましょう


         以下略 (訳 神山友昭)

 [ 2016/02/25 20:24 ]  未分類 | TB(0) | コメント(0)

再び満月

        2016年2月24日(水)





    昨夜は満月で月の出から1時間程の写真をUP


   10時頃外に出てみると中天に煌々と輝く満月


DSCN0148.jpg


    銀色に輝く光が地上まで届き


    あたり一面幻想の世界を醸し出している

  


      ドビッシー 「月の光」オーケストラ版です
 [ 2016/02/24 19:47 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

月に寄する歌

        2016年2月23日(火)




    昨日の雨が朝方まで残る


    予報では一日曇り 今夜は満月で撮影を楽しみに


    していたので無理かなと半ばあきらめていた


    昼過ぎから段々雲もとれてきてやがて陽も射す


    これは期待が持てると6時半ごろ海岸へ行く


    まだ月は出てない しばらく待っていると月の出

DSCN0111.jpg 

    月の出直後は赤く輝いている


    雲がたなびいていてぼんやりしている

    DSCN0112.jpg 

    だいぶ登ってきた

DSCN0142.jpg 

DSCN0143.jpg 

DSCN0116.jpg 

DSCN0131.jpg


   三脚を使用してないためシャーターを押すとき少し振れ


   月が中心からずれてしまうこともある


   新しいカメラに慣れるにはまだまだ時間を要す

     



   ドボルザーク 歌劇「ルサルカ」より


      「月に寄する歌」です

 [ 2016/02/23 21:18 ]  未分類 | TB(0) | コメント(0)

牧師さんの説教とバラの植え替え

        2016年2月21日(日)




     午前中いつものように教会へ行く


     今日の説教は


     新約聖書 ヨハネによる福音書 9:1-12


     「生まれつきの盲人をいやす」


     弟子達が生まれつきの盲人を見てイエスに


     「この人が生まれつき目が見えないのは、誰が


      罪を犯したからですか。本人ですか、それとも


      両親ですか。」と尋ねる


             "Neither this man nor his parents sinned, 


                    but that the works of God should


                              be revealed in him"


         「本人が罪を犯したからでも、両親が罪を犯したから


    でもない。神のみ業がこの人に現れるためである」


    先祖の悪行などにより因果応報で我々の身に


    悪い事などが起こるなどと巷で言われることがある


    障害を持った故に因果応報に苦しむ人にイエスは


    過去に目を向けるのでなく未来へ目を向けるよう諭す


   英語で障害者をspecial talented personとも言うそうだ


   特別な才能を持った光り輝く人達でこの世の光とのこと


   盲目のピアニスト辻井伸行は最たるものだ


   唾で土をこねてその人の目に塗って癒してあげる


   聖書にはこのような奇跡が数多くある


   奇跡についてはよく理解出来ないことばかりだ


   
   昼から庭作業をする



DSCN0032.jpg 

   注文していたバラが先日届く

DSCN0076.jpg

  
    HT   ニューウエーブ


    1株持っているのだが生育悪く新たに入手

DSCN0077.jpg


   ER    グラハム・トーマス


   3年前初めて購入したERがグラハム・トーマス


   地植えにした翌年原因が分からず枯れてしまった


   送料を含め他店より半額程度だった


   今日やっと植え替えをする

DSCN0090.jpg 

   配合して土作り 

 DSCN0089.jpg


    根腐れ防止剤のハイフレッシュをまぶし

DSCN0092.jpg 

     ニューウエーブ

DSCN0093.jpg


   グラハム・トーマス

   冷たい風の吹く中で植え替を終える


   その後も他の作業を続ける そのことは次回へ


     


 
    ベートーヴェン 「メヌエット」です

 [ 2016/02/21 21:05 ]  未分類 | TB(0) | コメント(4)

新しいカメラの接写は?

        2016年2月20日(土)




    予報通り未明より夕方まで雨となる


    予定していた鉢植えのバラの剪定作業が出来ず


    70鉢程全然手をつけていないので


    植え替えは出来ない恐れがあり雨が恨めしくなる


    
    車で45分位かかる行橋市の園芸店へ行く


    昨年グリーンピースの種を蒔いたが


    4~5個だけ発芽し育つ 歯抜け状態になった箇所に


    苗を植えたく店へ行くが置いてなかった


DSCN0075.jpg 

    時間をかけて来たので他の苗を買う


    チサ 2苗100円 水仙6苗200円


     プリムラ・マラコイデス3苗150円

DSCN0081.jpg


   カメラをクローズアップに切り替えて撮る


DSCN0079.jpg 

    ヒヤシンスも接写で撮る

DSCN0085.jpg 

   沈丁花から甘い香りが漂っている

DSCN0082.jpg 

    一部花が開き香りを放つ


   新しいカメラで接写をしたが鳥や月と違い


   今までのカメラとそれほどの違いはないようだ


   これからはバラや花の接写が増えるだろうから


   慣れたらもっと鮮明になるかも・・・と期待する


   


     ドルドラ 「思い出」です


 [ 2016/02/20 20:25 ]  未分類 | TB(0) | コメント(4)

楽しいカメラ遊び

        2016年2月19日(金)





    カメラ遊びが続いています


    庭の小枝に半分にカットしたミカンを刺しておくと


DSCN0039.jpg 

    メジロがやって来る


   新しいカメラだと羽毛までよく写っている


DSCN0041.jpg 
DSCN0048.jpg


    嘴から出た舌も見える

DSCN0045.jpg


   これだけ綺麗に撮れたら大満足

  
     
       
  
     フォーレ 「夢のあとに」です

 
   
 [ 2016/02/19 20:55 ]  未分類 | TB(0) | コメント(4)

鳥の試し撮り

        2016年2月18日(木)




    新しいカメラが届いてから色々試し撮りをする


    一日目に花を二日目に月を撮り今日は鳥を狙う


    小鳥は動きが速いのでゆったりした鳥は?


    恰好の標的が見つかる

DSCN0064.jpg


   よく利用する駐車場の隣のため池にサギを見つける


   70~80m位離れた所にいる


   この距離だと今までのカメラでは無理だ

DSCN0071.jpg


    コサギのようだ

DSCN0063.jpg


   チュウサギだと思う

DSCN0058.jpg

  
    アオサギ

DSCN0052.jpg


    盛んに羽繕いしている

DSCN0050.jpg 

    マガモのオス

DSCN0070.jpg 

     マガモのメス?

 
DSCN0060.jpg 

      DSCN0068.jpg


    コガモ ピンボケになってしまう


    まだ試し撮りの段階でピンボケも多いが


    慣れてきたらもっと綺麗に撮れるだろう


    一眼レフには負けるだろうが光学60倍の効果に


    満足度85% しばらくはカメラ遊びです

     



  ルロイ・アンダーソン 「忘れられし夢」です



 [ 2016/02/18 20:27 ]  未分類 | TB(0) | コメント(8)

月を撮る

        2016年2月17日(水)




    仕事を終え帰宅して夜空を見上げると


    雲も無く月が輝いている


    今まで使っていたカメラと新しいカメラで撮る


P2170011.jpg
 
    
    OLYMPUS SP-620UZの画像


    光学21倍だとこれが限界

DSCN0031.jpg 

   Nikon COOLPIX P610の画像


    光学60倍の偉力に驚愕する


   月のクレータまで撮れるとカタログに書かれていたが


   此処まで綺麗に撮れるとは心底ビックリした


   手振れも無く評判通りだ


   今月は23日が満月のようだ 期待が高まる


   そして鳥の撮影が益々楽しみになってきた  





   ベートーヴェン 「ピアノソナタ第14番 月光」より


        第1楽章です


 [ 2016/02/17 20:02 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

カメラが届き 試し撮り

        2016年2月16日(火)




    先日の4月頃のポカポカ陽気と打って変わり  


    昨日は頻繁に雪が降り今朝はうっすらと雪化粧


    今日も時折雪が降り手がかじかむほど寒かった


 
    ブログを始めた当初から使用しているコンデジが


    OLYMPUS SP-620UZ   1600万画素 光学21倍


    バラなどを接写する際ピントがなかなか合わない


    鳥を撮る時も鮮明な画像が少ない
 

    他の方々のブログを見て写真の素晴らしさに感心し


    もっと性能の良いカメラが欲しくなる


    ある方に利用しているカメラを聞いてみると


    高額なので手が出ない ネットで調べ


    Nikon一眼レフD5300を候補にし 店で実物を確認


    接写や望遠を試してみると ン?機能が今一?


    マクロレンズや望遠レンズが必要のようだ


    鳥の撮影には望遠レンズに交換する煩わしさや


    シャタ―チャンスを逃すなどのレビューを読むと


    考えが変わり1台でマクロから望遠まで賄える


    Nikon COOLPIX P610 店で確認しアマゾンで購入


    昨日届く


P2158356.jpg  


     1605万画素 光学60倍 


    画素数が2000万位あると申し分ないのだが


    試し撮りをする

DSCN0001[1] 

    最初にクリスマスローズを撮る

DSCN0002[1]    

 
     ピントが合ってないな~

DSCN0004[1] 

     沈丁花の蕾
   
DSCN0005[1]
    

DSCN0006[1] 
  
   ご近所の白梅を撮る

DSCN0007[1]    


DSCN0008[1]         


    プリムラ・ジュリアン

DSCN0009[1]


     つるバラの新芽を撮る

 
     今までのカメラと画素数がほぼ同じなので


     画像は代り映えしないな~


     今度は鳥を撮り光学60倍の効果を試す

   
  

     バッハ 「フルートソナタ第2番」より


        第2楽章「シチリアーノ」です

 [ 2016/02/16 20:42 ]  未分類 | TB(0) | コメント(8)

人はパンだけで生きるものではない

        2016年2月14日(日)




     今朝は最低気温12℃で起床も楽


     4月上旬位の陽気だとか 東日本や中国地方で


     春一番が吹いたとのこと 


     我が街でも風が吹いていたが春一番ではないのか?



     いつものように教会へ行く 今日の説教は


     新約聖書 マタイによる福音書4:1-11


      「誘惑を受ける」


     イエスが荒れ野で40日間断食をし空腹を覚えた時


     誘惑する者が「神の子ならこれらの石がパンに


     なるように命じたらどうだ」と言う


     "Man shall not live by bread alone,


                  but by every word that proceeds


                 from the mouth of God"


         「人はパンだけで生きるものではない


     神の口から出る一つ一つの言葉で生きる」

 
     このようにイエスは答える


     これは旧約聖書 申命記8:3からの引用


     人間は体だけでなく目には見えない心が存在する


     肉体はパン(食べ物)で生きるのだが


     心(魂)は神の言葉すなわち聖書に記された


     神の口から出た一つ一つの言葉によって


     生きるということだそうです


     とても有名な聖句で説教を聞いて


     少しは理解が深まったように思う

P2108336.jpg

 
P2108337.jpg      



P2108339.jpg 



    先日道端に咲いていた紅梅を撮る






   パガニーニ 「バイオリン協奏曲第1番」より


       第3楽章です
 [ 2016/02/14 18:34 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

一休み

        2016年2月12日(金)





    朝よりどんよりとした曇り空


    時折雨も落ちる 南風が吹き暖かい


    午前中仕事で隣町の福岡県吉冨町へ


    川岸の道路を走っていると


P2128349.jpg 

     アオサギが1本足で休んでいる

P2128354.jpg


    時々足を替えるのだろう

 P2128353.jpg

  
    カモメも数羽休憩

P2128350.jpg    

   このカモメは眠そうで目がとろ~ん

P2128352.jpg
    

     こちらは欠伸をしていた

P2128344.jpg 
P2128345.jpg 

   青のりを干している 磯の香りが漂う


   ここは河口近くで潮が引くと石に生えているノリを


   毎日採っているとおばちゃんが教えてくれた


   今日は曇り空で時折雨も降りうまく乾かないとのこと





    パガニーニ 「バイオリン協奏曲第1番」より


        第2楽章です

 [ 2016/02/12 19:58 ]  未分類 | TB(0) | コメント(0)

ツルバラの誘引作業

       2016年2月11日(木)




    今日は「建国記念日」で休み


    朝より好天気で3月下旬頃の暖かさになる


    午前中用事と買い物を済ませ昼より庭作業


    残っていたツルバラの作業


P2118341.jpg


    玄関横のプチ花壇 1時間ぐらいの日照


    ERのゴールデン・セレブレーション


    ツルバラ仕立てにしたのだが生育悪く


P2118342.jpg


    短く剪定する 雑草取りをして寒肥を施す

P2118343.jpg


    スパニッシュ・ビューティ


    雑草取りをして寒肥を投入

 
    カクテル コンパッション ダブル・ディライト


    ピエール・ド・ロンサール 


    剪定誘引 寒肥遣りを終える


    これで全てのツルバラの作業終了


    後は鉢植えを残すだけとなった


    予報によると日曜日は雨 外れてくれると良いのだが

 



     ラロ 「スペイン交響曲」より


        第1楽章です

 [ 2016/02/11 20:33 ]  未分類 | TB(0) | コメント(0)

枯れ葉腐葉土作り

        2016年2月9日(火)




     日曜日昼から庭仕事をした

  
     予定していたツルバラの剪定誘引を後回しにして


     枯れ葉の腐葉土作りをする


 P1168211.jpg


    毎年隣町の宇佐市の公園で枯れ葉を採取

 P1168215.jpg


    放線菌の塊である通称ハンペンも採取


    枯れ葉の分解を早めるようだ


    通常枯れ葉の下にカブトムシの幼虫が潜んでいる

 
    しかし毎年見つかる場所数か所を捜してもいない


    幼虫はミミズ同様に土作りに欠かせないのに残念だ

  
    枯れ葉を45ℓのゴミ袋に入れ4袋集める


P2078330.jpg 

   先ず枯れ葉を入れ

P2078331.jpg

  
    米ぬかを一握りまぶす

P2078329.jpg    


   去年作った枯れ葉腐葉土が少し残っていたのを利用する

   
     潜んでいるミミズも入れる

P2078332.jpg


    腐葉土を適量まぶしてえひめAIを入れた水を撒く


    バケツの底は穴を開けて雨水が溜まらないようにする


    この作業をバケツ一杯になるまで繰り返す


     P2078333.jpg
 

     枯れ葉を入れる度に足で踏み固める 

P2078334.jpg


     所々にハンペンも入れる 

P2078335.jpg


    3袋の枯れ葉を入れ満杯

  
    枯れ葉が飛び散らないように腐葉土で覆う


    後はほったからしにする


    11月頃には立派な土が出来るだろう
  
  

 
   ベルリオーズ 「ファーストの劫罰」より


        「ハンガリー行進曲」です

 [ 2016/02/09 20:43 ]  未分類 | TB(0) | コメント(0)

聖餐式に思う

        2016年2月7日(日)





    日曜日に教会へ通い始め6ヵ月が経った


    月の第1日曜日には聖餐式を行う


    聖餐式とは「最後の晩餐」でイエスが弟子たちへ


    パンは私の体である 杯に満たしたぶどう酒は


    私の血であると告げたことに由来する


    洗礼を受けてないものは本来参加出来ない


    「ふさわしくないままで主のパンを食べたり


    その杯を飲んだりする者は、主の体と血に対して


    罪を犯すことになります」


     (コリントの信徒への手紙一11:27)


    式の冒頭にそのようなことを言われると


    違和感を覚える その為パンと杯を受け取らなかった


    イエス自身はそのようなことは言ってないと思うのだが


    あまねく全ての人を受け入れる教会自ら


    拒絶し差別している


    意を決して教会へ通い始めた者にとって


    足を遠のかせる原因になるだろう


    聖餐式に初めて参加しパンと杯を頂いた時は


    感動したものだが参加を重ねるごとに違和感が出る


    何か異物が喉に引っかかったごとく


    スッキリしないまま去る


    来月の聖餐式の日は休むことにする


    昼から庭作業をする

P2068302.jpg


    作業をしていると人懐っこいジョウビタキが来る

P2068299.jpg


   メジロもやって来る


    


 
     モーツアルト 「レクイエム」より


       「怒りの日」です

 [ 2016/02/07 21:48 ]  未分類 | TB(0) | コメント(6)

花壇の雑草取り

        2016年2月6日(土)




    久しぶりに土曜日が休みになる


    昨晩は夜更かしをして今朝は朝寝坊を楽しむ


    午前中用事や買い物を済ませ


    昼より庭作業を行う


    残りのツルバラの剪定誘引は明日に回し


    気になっていた花壇の雑草取りをする

P2068305.jpg 
P2068307.jpg 

   2箇所の雑草取りだけでもかなりの時間がかかる


   P2068300.jpg 

   先日の寒波で傷んでしまったアルストロメリア

P2068304.jpg 

    カットした 新しい芽が出てくるだろう

P2068308.jpg 

P2068309.jpg 

   米ぬかを撒く 微生物の餌になるようだ

P2068310.jpg 

P2068311.jpg 

   米ぬかの上に馬糞堆肥を撒き散水する


   以前は牛ふん堆肥を利用していたが


   塩分があるとのことで馬糞に替えた


   残渣や道具の片づけを済ませると夕方


   冷たい風の中での作業で体が冷える


   部屋に入りストーブの前で暖を取る


   明日は雨か雪との予報で庭作業が出来るかな?



   


        ケテルビー 「月の光に」です

 [ 2016/02/06 21:07 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

春の息吹

        2016年2月5日(金)





      どんよりとした曇り空の一日


      先日の過去最強の寒波襲来後


      方々で春の息吹を感じるようになった


    P2048275.jpg


   ご近所の庭の梅が咲きだした

P2048277.jpg


   毎年沢山の実をつける

P2048278.jpg


    庭のツルバラ パレードの新芽


P2048279.jpg  


   枝先の芽 成長が少し早い


   この時期赤く膨らんだ新芽を見ると嬉しくなる


   綺麗な花を咲かせてくれるだろうと期待が高まる




 
   ルロイ・アンダーソン


     「The First Day of Spring」です

  
 [ 2016/02/05 22:11 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

陽だまりにタンポポ

           2016年2月4日(木)




    今日は立春とのことで寒さも一段落


    車のフロントガラスに陽を浴びると


    ポカポカと心地良く鼻歌もでる


    陽だまりに


P2048282.jpg


   タンポポの花が咲いている


P2048287.jpg


    総包片が折れているので西洋タンポポのようだ


    最近では日本タンポポは殆ど見かけない


P2048286.jpg


    綿帽子もチラホラ

P2048283.jpg


    綿毛が風に吹かれ丸坊主


   今日はポカポカ陽気だったが土曜日から


   また厳しい寒さになるようだ



 


    ビゼー 「アルルの女」第2組曲より


        「メヌエット」です

  
 [ 2016/02/04 19:55 ]  未分類 | TB(0) | コメント(4)

アンジェラの剪定誘引終了

        2016年2月3日(水)




    先週の日曜日 昼から庭仕事をした


    一番の大物アンジェラの剪定誘引が半分残っていた


    庭木に絡ませていてシュートとシュートの間に入り


    作業をするが時折服にトゲがひっかかり悪戦苦闘


P1318262.jpg 

    左右3~4m位に伸び写真に納まらず

P1318274.jpg 

    スパニッシュ・ビューティ


   こちらは日当たりが悪くあまり成長してない


   夕方になり2株の剪定誘引で作業終了


   奥の方にツルバラを6株植えているが


   一日30分程の日照で全然大きくならず


   花も数輪しか咲かず  悲しい・・・


   何とかなるだろうと思ったが考えが甘かった






   モーツアルト 歌劇「イドメネオ」序曲です

 [ 2016/02/03 20:42 ]  未分類 | TB(0) | コメント(0)
プロフィール

Author:花咲かじい
大分県在住 
休日は好きなクラシックを流しながら
庭仕事をしています。
バラと野菜作りがストレス発散になっています。

カテゴリ
訪問数
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR