バラと友に

春に咲きほこるバラを見て自分も癒され、道行く人にも喜んでもらえるのは 素晴らしいものです。

2度も不思議な夢を見る

 
     2017年7月16日(日)



   今日も全国の至る所で30℃以上になってるようだ


   当地も33~34℃の予報でうだるような暑さ


   午前中教会へ行く 説教は


   新約聖書 テモトへの手紙一 2:1-8

    
     「祈りに関する教え」

   " I ask you to pray for everyone . Ask God to help

                and bless them all, and tell God how thankful 

                          you are for each of them. "

       
          「願いと祈りと執り成しと感謝とを

     すべての人々のためにささげなさい」2-1


  我々はややもすると同じ考え同じ習慣で仲間を作る


  傾向にありそれに反する者は受け入れ難い


  神社仏閣などで祈る時も個人中心が多いように思われる


  自分の為だけの祈りは平和や平安に結びつかず


  全ての人のために祈ることが大切とのことです


  嫌いな人や苦手な人のために祈るのは難しいことだ


  そのことに関して若干似たような夢を昨日の未明にみた


  ある方が私に対して「他の人を傷つけたり揶揄している」と


  すごい剣幕でまくしたてる


 「私は傷つけたり貶めるようなことはしてない


 私はキリスト教徒でありむしろ他人の幸福を願っている」


 目覚めてからまだ洗礼も受けてないのになぜこのような


 夢を見たか不思議に思いまた眠りにつくと


 今度は違う夢を見った


 「ウィーンの静物画家」のKenwanさんに聖画の依頼をすると


  なぜかキリストのお面をかぶり構図を練る 二人が合体し


  キリストの顔になり私は身震いする  更にKenwanさんが


  ガラスのようなもの叩いているのでどうしたのと聞くと


  「絶品の黒の顔料が見つかった」と大喜び


   それがいつの間にかまたキリストの顔になっている


   私は感涙に震えている


  家に入り奥さんと娘さんの姿を見て目が覚める


  立て続けにこのような夢を見るとは不思議だ


  学生時代にフロイトの「夢判断」を貪り読んだことがあり


  夢とは昼間の願望が夢として現れるとのことで


  1年以上教会へ通いいつの日か洗礼は受けるつもり


  その思いが夢として現れたのだろうか

DSCN3425.jpg
  
DSCN3424.jpg

  アブラハム・ダービー

 本来はカップ咲きだがだいぶ乱れている

DSCN3428.jpg  

  コーネリアがひっそりと咲いていた




 チャイコフスキー組曲第4番「モーツアルトティアーナ」より


     第3曲「祈り」です


  モーツアルトのアヴェ・ヴェルム・コルプスが原曲で


   リストのピアノ編曲から発展したものです

スポンサーサイト
 [ 2017/07/16 15:27 ]  未分類 | TB(0) | コメント(7)

白いカサブランカも咲く

 
      2017年7月15日(土)



   今日も猛烈な暑さで日射しを浴びると痛いほどだ


   記録的な豪雨が止んでから一週間猛暑続きだが


   梅雨明けの宣言はまだ出てないようだ
  DSCN3429.jpg

  白いカサブランカが咲き始めた

DSCN3431.jpg

DSCN3433.jpg

   3ヵ所に1株づつ植えている

DSCN3432.jpg

   カマキリがいた ピンボケ~

DSCN3434.jpg

  イエローカサブランカ「コンカドール」


    最後の一輪 甘い香りを届けてくれた




  メンデルスゾーン「真夏の夜の夢」より


       「ノクターン」です

 [ 2017/07/15 20:42 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

赤いバラがうまく撮れない


      2017年7月13日(木)



  今日の最高気温は34℃でジリジリと陽射しが照り付け


  車での移動や家でもクーラー全開で凌ぐ


  夕方帰宅すると真っ先に庭の見回りをする


  暑さでバラ達がぐったりしており水やりを行う


  ついでにキュウリなどの野菜にも水をやる


  庭には花が皆無状態で雑草のみがはびこる

DSCN3423.jpg

DSCN3422.jpg

   ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール


   私のカメラ(Nikon Coolpix P610)では


    赤いバラはボケてしまい鮮明には撮れない


    最初はカメラのせいだと思っていたが検索してみると


    全般的に赤はボケる傾向の様だそんな中でも


    バラで小さな庭づくりのポンコツさんの写真の


    素晴らしさに感動する 特に赤いバラの花弁も


    鮮明に移り使用しているカメラに興味が湧く


    厚かましくも初回のコメントで利用している


    カメラの機種を伺うとご丁寧に教えて頂いた


    直ぐに検索すると残念なことに新品の販売は無く


    中古品のみなので思案中・・・


    それに数ヵ月前から候補に挙がっている機種もあるが


    今のカメラは昨年購入したのでもう少し我慢して


    使おうかなどと考えが纏まらない



   コダーイ 組曲「ハーリ・ヤーノシュ」より

  
       第5曲「間奏曲」です
    
 [ 2017/07/13 20:24 ]  未分類 | TB(0) | コメント(8)

山間部では豪雨の爪痕が残る

     2017年7月11日(火)



   今日の最高気温は34℃で蒸し暑く


   少し動くだけで汗びっしょりになる


   仕事で山間部の耶馬渓へ行く ここは先日の豪雨で


   3地区の住民9000人に避難指示が出た


   5年前には川が氾濫して甚大な被害にみまわれた所


   川沿いの道路を走りながら川面を見ると普段の状態だ


   耶馬渓に入り2~3分後に全面通行止めになっている


   まだ豪雨の傷跡が残っているのだ


   目的地はその手前からから左折して行く場所だったので


   影響なくたどり着く 

 
   水を含んだ山肌は土砂崩れの危険性があるとのことで


   これ以上の被害が出ないことを願う



   庭に咲いていたバラたち

DSCN3415.jpg

DSCN3416.jpg

   シャンテ・ロゼ・ミサト 2番花


   今年鉢植えから地植えにしたのだが日当たりが悪く


   あまり思わしくない

DSCN3417.jpg

    ゴールデン・セレブレーション


   次々と咲いてくるが花は小さく形も乱れている

DSCN3418.jpg

   ステンレススチール 2番花


   1番花はニューウェーブの花色によく似ていた

DSCN3420.jpg

     エル 2番花

  夕方帰宅すると一部のバラがグッタリしており


  全部の鉢に水やりをする やぶ蚊が纏わりつき


  数か所刺されながらなんとか終わる 汗びっしょり


  

     ヴィヴァルディ 「四季」より


      「夏」 第3楽章です

 [ 2017/07/11 20:06 ]  未分類 | TB(0) | コメント(0)

久しぶりに教会へ行く


      2017年7月9日(日)



   やっと昨日雨が止む それと共に温度も上昇し


   30℃になり蒸し暑さもピーク


   今朝は1ヵ月ぶりに教会へ行く


   説教は新約聖書 使徒言行録4:32-37


   " The group of followes all felt the same way

           about everything. None of them claimed that

           their possessions were their own, and they shared

           everything they had with each other."


           「信じた人々の群れは心も思いも一つにし、


    一人として持ち物を自分のものだと言う者はなく


    全てを共有していた」 4-33


    この箇所は初代教会の姿を描いておりお互いに


    助け合いの精神で繋がっていたようです

  
    今回福岡・大分で未曽有の大災害があり


    身一つで非難された方も多いことでしょう


    こういう時こそ互助の精神が必要でしょう


    
    3時過ぎから庭作業をする


    先日台風に備え倉庫に取り込んでいたバラ鉢を


    もとへ戻す 花壇の雑草取りもするが

    
     蒸し暑く汗がタラタラと滴り落ちる

DSCN3409.jpg

  つるバラのジュリア 2番花 小ぶりになる

DSCN3412.jpg

  レオナルドダヴィンチは3番花 花弁が傷んでいる

DSCN3413.jpg

    メアリー・ローズ 

    行橋市の激安店で2ヵ月ほど前に入手

    鉢増しし蕾も数輪できたがバラゾウムシの被害にあい

    1輪だけ咲く 本来の姿ではないのだろう

DSCN3414.jpg  

   カサブランカは豪雨に耐えて花盛り


   今の時期我が家ではほとんど花が無くなった

  
   他の花も植えないと寂しい風景が埋まらないな・・・




    モーツアルト「レクイエム」より

       「涙の日」です

    " 悲嘆の日なるかな 人土より蘇りて

     犯せし罪をさばかるべければ 

     ああ天主よ これを赦し給え

     慈悲深き主イエスよ

     彼らに安楽を与え給え  アーメン "

 [ 2017/07/09 21:17 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)
プロフィール

Author:花咲かじい
大分県在住 
休日は好きなクラシックを流しながら
庭仕事をしています。
バラと野菜作りがストレス発散になっています。

カテゴリ
訪問数
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR