バラと友に

春に咲きほこるバラを見て自分も癒され、道行く人にも喜んでもらえるのは 素晴らしいものです。

小さな文字が見えるようになる


      2017年11月20日(月)



   白内障の手術後は頻繁に通院して診察を受ける


   今日の視力検査で手術前裸眼で右0.7→1.0


   左0.4→0.9になっている


   手術前に先生から「遠くが見えた方が良いかそれとも


   近くが見えた方が良いかと」聞かれ


  「花を接写で撮るので近くが見えた方がいいです」と答え


  挿入するレンズを決める


  少し近眼を残し遠くも見えるようにと決定する


  眼帯が取れたので自分で運転して通院する


  今までは車のインスルメントのボタンなどの文字が


  小さくて見えなかったがハッキリ見えるようになる


  ナビの文字や地図記号もしっかりと見える


  手術の効果に驚愕している

DSCN3846.jpg

   土曜日の診察後いつも利用する激安店で購入


   ガーデンシクラメンが1苗100円

   
    他店だと298円で販売している

DSCN3847.jpg

   バラの裸苗が1株298円 これも激安

   
   日曜日に鉢植えにするつもりが北風が吹き寒く中止


   休みに天気が回復していたら植えることにしよう



 
  グルック 歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」より


       「メロディー」です

スポンサーサイト
 [ 2017/11/20 20:49 ]  未分類 | TB(0) | コメント(4)

昨日左目の白内障の手術をしました

 
      2017年11月17日(金)



   昨日左目の白内障の手術をしました


   先週右目の手術を終えた後鮮明に見えたのに驚愕し


   今回の手術も待ち遠しくなっていた


   前回と同じ11時に受付し診察を受けてから


   瞳孔を開く点眼薬など3種類を4回に分けてさす


   頭には毛髪が邪魔にならないようナイトキャップ


   麻酔薬をさしてから手術室へ


   リクライニングチェアに座ってから倒される


   右腕に血圧計 鎖骨の左右と左わき腹に心電図のコード


   左目の所をくりぬいた布で顔全体を覆い


   胸から足元までは薄手の毛布をかぶせられる


   瞼を閉じて目の周りの消毒をする

 
   瞬きが出来ないように器具を使って瞼を開く


   ライトが点灯されまぶしい光が射す


   消毒液がたっぷりさされた後結膜の横を3mm切り


   水晶体の前にある膜を破り結膜を切った所から


   器具を入れ超音波で白内障を砕いて吸引


   この最中に前回でも見えた中央に青い円があり


   ピンク色したオーロラのようなものが囲んでいる


   この幻想的な光景がまた見えて感激?


  折りたたまれた人口のレンズを入れて適切に広げる


  この時は透明な水面にわずかなさざ波の様に見える


  そして左目に眼帯をし 今回も20分位で終了


  先週終えた右目だけで見ると距離感がかなり違う


  食事中も目の前のおかずを箸でつかむのも変な感じだ


  手術前の左目だけではこれほどの違和感はなかったのだが


  人間本来備わった目の機能は凄いなと感心する


  今朝診察で眼帯が取れる 両目で見ると病院内が鮮明だ


  右目の術後はびっくりした 両目の終了後ある程度


  予想していたので左程驚きはしなかったが


  TVの画面がクッキリハッキリ見える


  詳しいことは分からないが手術後に全く痛みが無いのは


  白内障の手術だけではないだろうか


  難点は4日ほど洗顔洗髪が出来ないことだ


  生活するのに目が見えることの大事さを痛感する


DSCN3835.jpg

    ナエマ ボーリング状態でかなり傷んでいる


     開花は無理かな ダマスクの香りは素晴らしい

DSCN3836.jpg

   ナエマの蕾 このままで終わりかな

DSCN3837.jpg

DSCN3838.jpg

    ガートルード・ジェキル


   こちらもダマスクの良い香り



    グリーグ 組曲「ペールギュント」より


        「朝」です

 [ 2017/11/17 18:56 ]  未分類 | TB(0) | コメント(16)

先日入手したバラの名前判明する

 
      2017年11月15日(水)



   今冬一番の寒気到来で北海道では雪が降ってるようだ


   こちら九州も北風が吹き最高気温は17℃とのことだが


   体感的にはもっと低く感じる


   明日の予報は最低気温5℃ 最高気温が13℃とか


   左目の白内障の手術を受けることになっており


   予報より寒くならないで欲しい


   もうそろそろバラも終わりに近づいているようだ

DSCN3832.jpg

   ERのガートルード・ジェキルが咲く


   今回は花姿が綺麗だ鼻を近づけるとダマスクの良い香り

DSCN3823.jpg

DSCN3824.jpg

   ERのゴールデン・セレブレーション

    数は少ないが絶え間なく咲いてくれる

    シトラスの香りも良し

DSCN3825.jpg

   ORのコント・ドゥ・シャンボール

   こちらもダマスクの香りが強く匂う


   そして先日激安店で購入したバラ

DSCN3821.jpg
   
    タグにはローズチュチュと記されており


    検索したが見当たらず間違えているようだ


    今日たまたまバラ園芸ランキングでとある方の


    ブログを覗いていたらチュチュモーブが載っており


    チュチュとあるからこれかも知れないと検索する


    幸いにも1輪咲いたので比べてみる

DSCN3770.jpg

    検索すると「バラの家」の写真と同じようだ

               ヤフーの画像も沢山あり確認し間違いないと確信する


     チュチュモーブ Tutu Mauve

     1963年 仏 デルバール HT 四季咲き

     マゼンタがかった藤色 大輪 中香(ティー)

     モーブとは藤色とのこと

    因みにバラの家では大苗3980円


    入手した大苗は少し貧弱だが480円


    デルバールのバラが480円で買えるとは超ラッキー


    最初の写真のガートルード・ジェキルもこの店で入手


    確か780円だった検索してERと分かり大喜びした


    時々ブランドローズが売られており

 
    また掘り出し物があると良いのだが


    ご存知の方も多いと思いますがチュチュは

    バレリーナの衣装でそれに合わせた曲を



    チャイコフスキー バレエ「白鳥の湖」より


     第2幕「大きな白鳥の踊り」です

 [ 2017/11/15 19:36 ]  未分類 | TB(0) | コメント(4)

やっと球根の植え付け


      2017年11月13日(月)



   今日も良い天気に恵まれる


   遅れていたチューリップなどの球根を植えつける

DSCN3828.jpg

    チューリップの球根100個と水仙の球根3個

DSCN3829.jpg

   先日準備したメインとサブ花壇に植える

DSCN3822.jpg

   先月入手したラナンキュラスとアネモネ


   植え付ける前に水を含ませる


   ショックなのはラナンキュラスがカビだらけ


   これだと育たないだろうとHCへ行く


   探し回ったが既に在庫切れ


   カビまみれの球根もすべて植えたが発芽しないだろうな

DSCN3830.jpg

  クレマチスが1輪咲いている春に比べ色が薄い

DSCN3803.jpg

DSCN3804.jpg
 
   ベコニアは元気良く咲いている

   植えて3~4年になる バラの傍に植えているため

   肥料が十分に効いているのだろう



  フィンジ 「弦楽合奏のためのロマンス」です

 [ 2017/11/13 19:54 ]  未分類 | TB(0) | コメント(2)

久しぶりの日曜礼拝

 

     2017年11月12日(日)


   
   日曜日に2週続きの台風と先週は第1週目で


   聖餐式があるだろうと日曜礼拝を休む


   今日は久しぶりに教会へ行く


   礼拝堂に聖餐式の準備がされている


   引き返そうとしたら受付の人に止められたことと


   折角来たこともあり参加する


   説教は新約聖書 ヤコブの手紙2:14-26


   " My friends, what good is it to say you have faith,

          when you don't do anyhing to show that you really

          do have faith? "

   「私の兄弟達、自分は信仰を持っていると言う者が

   いても、行いが伴わなければ何の役に立つでしょうか」

         ヤコブの手紙2:14


   15節に兄弟姉妹が着る物も無く食べ物に困ってる時

 「安心して行きなさい温まりなさい満福するまで食べなさい」

  と言うだけで体に必要な物を何一つ与えないなら

  何の役に立つでしょう 信仰もこれと同じです

  行いが伴わないなら信仰はそれだけでは死んだものです


  聖書に「あなたの隣人を愛しなさい」というのがあるが

  知識として知っているだけでは何の意味がないとのこと


  フランスに人口4千人ルーシャンボン村というのがあり

  戦時中ナチスから逃れた難民6千人以上を受け入れ

  食料や宿を与え子供達には教育まで施したそうです

  「なぜあなた方は危険をおかしてまでユダヤ人を

  かくまうのか?」と聞かれ

  「なぜそのような事を聞くのか?人が困っている時

   助けるのが当然で聖書の教えに従っただけ」と答えた

   村人たちは献身的にお世話したようでそれにより

   生き延びたユダヤ人は一生忘れることなく感謝の念を

   持ち続けたことだろう


   日常生活で頭では分かっていても行動に移せないことが

   多々ある 今日の説教で実践の大事さを再認識する


   礼拝後行橋市の激安の園芸店へ行く

DSCN3821.jpg

   バラが大苗で480円 ローズチュチュ

   値段とチュチュ(バレエの衣装)の名に惹かれ入手

   検索したが見当たらず どんなバラなんだろう

DSCN3817.jpg

   プリムラマラコイデス(60円)3苗

DSCN3818.jpg

DSCN3819.jpg

  カツオ菜(55円)4苗 こちらは直ぐに植えた

  花壇の雑草取りを夕方まで行う

  いつものことだが雑草取りは腰が痛くなる

  ギックリ腰に3回もなっているのでだましだまし行う




  
  バッハ 「マタイ受難曲」より


 第25曲「我が神の御心のままに常に成らせ給え」です

    " 神の意志がいつも行なわれますように

     神の御心こそ最良のもの

     神を心から信じる人を

     神はいつでも助けて下さる

     神は苦しみから助けて下さる 優しい神

     そしてほどほどに懲らしめて下さる

     神を頼りとし神の上にしっかり建てる人を

     神はお見捨てになることは無い "

                   (国井健宏氏訳)

 [ 2017/11/12 20:54 ]  未分類 | TB(0) | コメント(4)
プロフィール

Author:花咲かじい
大分県在住 
休日は好きなクラシックを流しながら
庭仕事をしています。
バラと野菜作りがストレス発散になっています。

カテゴリ
訪問数
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR